工場新設 の検索結果

工場新設・増設情報 11月第3週 三菱重工業、プレミアムウォーター、協和キリン、王子HD、太平洋セメント

【国内】 ▶︎三菱重工業 長崎造船所(長崎市)の敷地内にある旧推進器工場(船舶用プロペラ工場)の跡地に、航空エンジン部品の製造を手掛ける新工場を建設した。航空エンジン事業を手掛ける三菱重工航空エンジン(MHIAEL)の長崎工場として、11月から稼働を開始し、段階的に生産規模を拡大していく。 新工場では主に短・中距離旅客機用のエンジン部品を製造し、コロナ禍からの回復後は再成長が期待される航空エンジン事業の新拠点として拡充していく予定。   ▶︎プレミアムウォーターホールディングス 宅配水出荷数量の増加と、既存顧客の居住地域を鑑みた物流戦略の効率化を図るため、子会社にて岐阜県本巣郡に新た…


工場新設・増設情報 11月第2週 キオクシア、エイチワン、住友重機械、トプコン、東洋合成工業、愛知電機

【国内】 ▶︎キオクシア 三重県の四日市工場に第7製造棟(Y7棟)を建設する。米国ウエスタンデジタル社と製造棟の運営で協力し、Y7棟における共同投資を今後進めていく。 近年の技術革新による膨大なデジタルデータの作成や蓄積、活用の加速に加え、クラウドサービス、5G、IoT、AI、自動運転などの普及により、今後もフラッシュメモリ市場は中長期的な拡大が見込まれている。Y7棟は、最先端フラッシュメモリ製品を生産することでこうした需要拡大に対応する。市場動向を見ながら生産を最適化するため、2期に分けて建設を行い、今回は第1期分を建設する。 着工は2021年春、竣工は22年春を予定。   ▶︎ト…


工場新設・増設情報 10月第4週 明電舎、グローバル電子、KOA、EIZO、ホクト、村田製作所

【国内】 ▶︎明電舎 100%子会社の甲府明電舎内に建設を進めていた電気自動車用モータの新工場が完成し、10月19日に稼働式を行った。拡大するEV市場に対応することを目的に、車載用モータ生産の中核工場として、生産ラインの増強によりさらなる事業規模拡大を目指すとしている。 延床面積は約3500㎡、生産能力は最大年間生産台数17万台。   ▶︎グローバル電子 石川県金沢市の金沢テクノパーク内の新工場が竣工し、製造子会社であるグローバルマイクロニクスの金沢工場として、10月から本格稼働を開始。金沢新工場では、精密測定回路基板のほか、新製品である介護向けセンサや農業IoTシステム向けセンサな…


工場新設・増設情報 10月第3週 ロック・フィールド、荏原製作所、昭和電線など

【国内】 ▶︎ロック・フィールド 環境配慮型ファクトリーの進化と、将来の事業計画拡大に向けた生産能力の向上を目的に、新たに建設していた静岡ファクトリー第4棟(静岡県磐田市)が竣工した。新棟はサラダを中心とした総菜工場となり、生産能力は現状比1.5倍の予定。 延床面積は7965平方メートル(地上2階)、投資額は約40億円。   ▶︎クライム・ワークス 2020年3月から長崎県大村市のオフィスパーク大村内に建設していた長崎テクニカルセンターが完成し、10月14日に竣工式を行った。同センターでは、自動車、医療、産業機器などの開発試作部品および量産品の製造を行う。 用地面積は約5575平方メ…


工場新設・増設情報 10月第1週 大和ハウス工業、参天製薬、味の素、クラレ、カネカ

【国内】 ▶︎大和ハウス工業 横浜市戸塚区のブリヂストン旧横浜工場跡地に、ロボットの活用を想定した次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」を新設する。 DPL横浜戸塚は、柏尾川の桜が見渡せる敷地内の屋外デッキや、カフェテリアを地域住民に開放し、施設内のコンビニも利用できるなど、マルチテナント型物流施設とする予定。 敷地面積は約5万6373平方メートル、延床面積は約12万6156平方メートル(地上4階建て)。着工は2020年10月1日、竣工は22年6月を予定。   ▶︎参天製薬 滋賀プロダクトサプライセンター敷地内(滋賀県犬上郡)に、医療用点眼薬製造のための第3棟を新設する。 アジアを中心と…


工場新設・増設情報 9月第5週 テクノフレックス、シミックCMO、横浜ゴム、ポリプラスチックス

【国内】 ▶︎テクノフレックス 生産効率の向上と製品対応力の強化によるマーケット獲得を目的に、伸縮管継手(継手事業)の主力工場である新潟工場(新潟県村上市)を拡張する。既存工場の隣接地に工場を増設し、既存の工場と一体化することで、工場規模の拡大と設備の充実を図るとしている。 増設する工場の敷地面積は約3300平方メートル、延床面積は約1800平方メートル、総投資額は約5億4000万円(別途用地取得費約9000万円)。着工は2020年11月、完成は21年6月を予定。   ▶︎シミックCMO 静岡事業所(静岡県島田市)に医薬品の連続生産設備を導入する。 連続生産は、通常の医薬品製造時(バ…


工場新設・増設情報 9月第3週 日鉄ドラム、スター精密、ROKI、古河AS、日本食研

【国内】 ▶︎日鉄ドラム 山口県柳井市にある日立製作所が保有する遊休地を購入し、新工場を建設する。日鉄ドラムグループにおける中四国地域の製造拠点・山陽ドラム缶工場(日鉄ドラム100%子会社)が老朽更新時期を迎えていることから、新工場の建設を決定。新工場は同社の第5工場で、日鉄ドラム「柳井工場」となる。 面積は約2万平方メートル、試運転完了は2022年6月、生産開始は同年9月を予定。   ▶︎スター精密 菊川工場(静岡県菊川市)敷地内に建設を進めていた機械事業部「ソリューションセンター」がこのほど完成した。1階は同社の製品を常設するショールームやNCスクール専用室、評価試験室、測定室を…


工場新設・増設情報 9月第2週 シャープ、積水化学、キリンビール 、明治など

▶︎シャープ ジャパンディスプレイ白山工場(石川県白山市)を取得することを発表した。シャープは先端技術を生かした高付加価値な応用商品を作り続けることでディスプレイ事業の拡大を行っているが、今回この一環として、次世代ディスプレイの将来展開など、さまざまな観点から検討した結果、白山工場を取得する。 敷地面積は14万3051平方メートル、取得価格は約412億2300万円。   ▶︎積水化学工業 メディカル事業の国内外主力2工場に総額約60億円を投じ、生産設備を増強する。同社は「検査事業」と「医療事業(医薬・創薬支援・酵素)」の2事業を軸にライフサイエンス分野の拡大に注力しており、今回の増強…


工場新設・増設情報 8月第4週 ブラザー工業、三谷産業、技研製作所、クボタ

【国内】 ▶︎ブラザー工業 同社港工場の隣接地(名古屋市)に新倉庫を建設する。今後、産業領域を中心とする同社のビジネス拡大に伴い、製品や部品の保管需要の増加が予想されることから、新倉庫の建設を決定。新倉庫は、プラットフォームを備えた施設とし、荷物の積み下ろし作業を容易に行うことができ、作業の効率化を実現するとしている。 延床面積は約1万平方メートル(2階建て)、総事業費は約20億円。着工は2021年1月、完成は同年10月を予定。   ▶︎三谷産業 同社のグループ会社で、主に北陸で化学品やLPガス・石油製品などの販売を行う三谷産業イー・シーが、石川県金沢市に化学品の受託加工機能と物流倉…


工場新設・増設情報 8月第3週 ブラザー工業、浜松ホトニクス、東芝、村田製作所など

【国内】 ▶︎ブラザー工業 名古屋市南区の星崎工場に、新工場棟を建設する。同建設は、BCP(事業継続計画)の一環として行われ、既存棟の数棟を解体し、免震機能付きの工場棟を1棟建設する。新工場棟には、星崎工場内の複数の工場棟に分散しているクリーンルームを集約し、効率化にも取り組む。 延床面積は1万2700平方メートル(3階建て)、総事業費は100億円、着工は2020年8月、完成は23年1月を予定。   ▶︎浜松ホトニクス 新貝工場(静岡県浜松市)に建設していた新棟が完成し、8月7日に竣工式を執り行った。10月から稼働を開始する予定。 近年、量産性の高い樹脂モールド光半導体素子や放射線検…