【工場新設・設備投資】ホンダ、OKI、コタニなど

▼ホンダ、栃木県真岡市でのエンジン・ミッション部品製造を中止

ホンダは、栃木県真岡市のパワートレインユニット製造部での四輪車のエンジンやミッションの部品の生産を2025年中に終了する。
同製造部は、エンジンバルブの生産からスタートし、クランクシャフトやドライブシャフトなど生産部品を拡大してきたが、海外生産の拡大によるパワーユニット部品の現地調達が進み、日本からの供給量の縮小と駆動系の構造変化に伴う生産品目の減少などで生産体制を見直すこととなり、25年中の生産終了を決めた。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210604.html

▼OKI、2022年5月稼働に向けて埼玉県本庄市のスマート工場建設開始

OKIは、埼玉県本庄市に建設する新工場の建設を開始した。2022年4月竣工、5月稼働開始を予定している。
同工場は、OKIのソリューションコンセプトであるManufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)を実現するスマート工場となる予定。
また、脱炭素に配慮した生産施設として日本初のZEBを目指し、且つ設計・施工主の大成建設が定義する工場のエネルギー評価基準であるネット・ゼロ・エナジーファクトリー(ZEF)の第一号プロジェクトとしても注目されている。
https://www.oki.com/jp/press/2021/06/z21013.html

▼コタニ、兵庫県加西市にHEV・EV向け自動車部品の新工場

自動車部品メーカーのコタニは、兵庫県加西市にHEVやEV向け部品を製造する新工場を建設する。新工場は平屋建てで、延べ床面積は3046平方メートル。2022年夏の稼働開始となり、投資額は約15億円。
http://www.kk-kotani.co.jp/

▼阪和工材、兵庫県小野市に新工場

ステンレスを中心とする専門商社の阪和工材は、兵庫県小野市に新工場を建設する。2023年4月開設予定で、投資額は約50億円。
http://www.hanwa-net.co.jp/index.html

▼シンメイ、島根県雲南市に新工場

食品容器製造メーカーのシンメイは、島根県雲南市に新工場を建設する。投資額は約2億6000万円。耐水・耐油性があり、電子レンジでも使える、紙製の器「おりがみカップ」の増産を行う。
http://www.shinmei-pac.co.jp/index.html

▼アルトリスト、神奈川県相模原市に新工場

食品メーカー向けの製造やマテハン等の自動機を手がけるアルトリストは、神奈川県相模原市に新工場を建設する。敷地面積660平方メートルで、2021年10月を予定している。
https://www.altruist.co.jp/

▼バルサン、福島県白河市に新工場

害虫駆除剤や除菌剤等を製造・販売するバルサンは、福島県白河市に新工場を建設する。建設予定地は白河市大信下新城字堀米10。敷地面積は8万2000平方メートルとなる。
https://varsan.jp/

▼コンビボックス、福島県天栄村に飲料水の新工場

飲料水を製造・販売するコンビボックスは、福島県天栄村に新工場を建設する。敷地面積は2000平方メートルで、10月に稼働開始する予定。
https://convebox.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る