富士経済 の検索結果

富士経済 画像処理システムの世界市場調査、19年は縮小も20年以降拡大へ

■2019年見込 1兆2,836億円(2018年比5.2%減)  主要処理装置やカメラ、デバイス関連や基板実装関連の検査アプリケーションで米中貿易摩擦の影響大  エリア別には日本は微減にとどまるも中国やその他アジアで影響大 ■2022年予測 1兆5,024億円(2018年比10.9%増)  省人化を目的とした導入、本格的なデジタル化の移行、ディープラーニングの活用などで拡大   総合マーケティングビジネスの富士経済(東京都中央区)は、2019年は米中貿易摩擦の影響により縮小するものの、今後は省人化ニーズが高まり導入する業種や用途が広がり拡大が予想される画像処理システムの世界市場を調査…


富士経済予測 スマート工場関連市場、2025年 7兆円規模に

IoT、AI活用進む 富士経済は、スマート工場を構築するシステム・製品の世界市場について、2025年のスマート工場関連市場は6兆9543億円となり、18年比3.0倍になると予測。さらにものづくり向けAIはユーザー理解が深まって使える技術として導入が増加し、3080億円まで伸びるだろうと見込んでいる。 同社はスマート工場について、多品種少量、変種変量生産に対応する知能化された柔軟性が高い工場と定義。工場のスマート化により、これまでハードウエアを中心に構築されてきたFAシステムが、ITとハードウエアを組み合わせたシステムへと変化し、IoTデータを活用することで安定した歩留まりや生産能力を維持する2…


富士経済、中国の産業用ロボット市場 18年後半は鈍化も25年は2.7倍の9838億円に

富士経済は、「急成長する中国新興ロボット関連プレーヤーの最新動向調査」をまとめ、中国の産業用ロボットの市場調査結果を発表した。 グローバル市場において、産業ロボットの最大の需要地となっている中国市場は、2018年後半から設備投資の抑制などの影響により伸びが鈍化。18年の市場は3705億円となったが、19年後半は設備投資の回復による伸びが期待され、25年の市場は18年比2.7倍の9838億円と予測している。 中国の産業ロボット市場は、主に自動車の製造に使用される溶接・塗装系が市場をけん引してきたが、人手不足や人件費の高騰を背景に、近年は組立・搬送系が伸びている。 19年は米中貿易摩擦の影響緩和が…


富士経済「産業用ロボット世界市場調査」25年には3兆円規模へ 自動化ニーズ増 市場拡大に期待

アジアで進む協働ロボット導入 富士経済は産業用ロボットの世界市場調査をまとめた。世界の産業用ロボット市場は2025年に3兆3140億円まで達し、17年に比べて3.1倍の市場規模になると予測。協働ロボットは、中国やアジアが伸び、17年の12.1倍となる5900億円まで拡大すると見込んでいる。   ■17年の産業用ロボット世界市場 17年の産業用ロボット市場は、労働力不足や人件費高騰を背景に自動化ニーズが加速。16年比23.7%増の1兆821億円となった。 組立・搬送系ではEMSやスマートフォン、自動車関連を中心に小型ロボットが拡大。協働ロボットは自動車やエレクトロニクス関連の大手企業を…


富士経済 加飾・装飾フィルム関連市場調査 自動車向け、需要拡大も

高付加・単価品も伸び顕著 富士経済(東京都中央区)は、加飾・装飾フィルム関連市場を調査し、結果を「16年加飾装飾フィルム関連市場の現状と将来展望」としてまとめた。加飾フィルムは20年に11億5610万ドルに拡大し、ウインドウフィルムも9億2400万ドルになると予測している。 加飾フィルムは単価下落が見られ、これにより用途幅の広がりが見込まれ、市場は拡大すると予想。 OMD(TOM)フィルムは日本では自動車内装向けで新たな参入メーカーが増加し、採用車種・部位も広がってるほか、今後大手メーカーの採用が増加すると予想。中国では環境対策として塗料使用規制が厳しくなるため、キーボードや家電製品向けで需要…


富士経済「メカトロニクスパーツ市場調査」需要増加で大幅拡大

富士経済は「2017年注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査」をまとめた。17年は、自動車の電装化やスマートフォン向け設備の更新・拡充、有機ELの生産設備の拡充、半導体需要の増加などにより、前年比10.6%増の1兆8271億円と見込む。 18年以降は伸び幅が緩やかになるが、20年にかけて市場拡大は続く。コントローラは、PLCやプログラマブル表示器、工作機械で使われるCNC装置の需要が増え、20年の市場は16年比30.8%増と予測。モータ&アクチュエータもACサーボモータ/ドライバが好調で、17年は前年比10%以上の伸びが見込まれる。ID&センサは、各品目が堅調に伸び、20年は16年比24.7%…


富士経済レポート FA向け画像システム 20年、6854億円に拡大 カメラや観測・測定牽引

富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)は、画像処理システムの2020年世界市場予測レポートを発表した。FA向け画像処理システムは、20年には15年の21%増となる6854億円になると予測している。レポートでは、FA向けの単体機器12品目と検査用機器5品目、観察・測定関連機器5品目、都市アプリケーション向け10品目の世界市場の現状を調査した。 FA向け画像処理システムは、人件費の高騰や品質安定の向上などを背景とした製造システムの自動化の流れを受けて需要が世界的に増加。15年は中国の景気減速の影響で設備投資の抑制があったが、通年ではスマートフォン関連の設備投資拡大を受けた製造装置向けや、自動車関連…


富士経済「2016年注目メカトロニクスパーツ市場実態調査」

19年、1兆7403億円に拡大 製造業IoT、自動車が進化 富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)は、コントローラ領域5品目、ドライブ&モータ領域8品目、センサー&ID領域7品目、受配電機器領域6品目の合計26品目の市場動向と、製造業のIoTについて調査・分析し、「2016年注目メカトロニクスパーツ市場実態調査」としてまとめた。そのなかでメカトロニクスパーツの国内市場と日系メーカーの海外販売が19年には1兆7403億円となり、15年の1兆6046億円から8.4%増になるとした。 ■メカトロニクスパーツ市場とIoTプレーヤーの動向 メカトロニクスパーツ市場は2012年以降、14年まで拡大を続けた…


XTIA 光コム3次元レーザー測定、複雑形状のワーク 全数・全自動検査を実現

いまスマートファクトリー構築に向けて製造装置やロボットを使った製造と搬送の自動化が活発だが、次の段階へ進むには検査の自動化、全数検査は避けることができない。しかし全数検査は対象となるワークと認識する要素が複雑で多彩になるほどタクトタイムがかかって導入効果を出すのが難しくなる。 XTIA(クティア、旧社名:光コム)は、外観検査や寸法検査を高速で全自動検査ができる3次元レーザー測定技術を開発。既存の3次元レーザー測定技術では不可能だった自動車のエンジンブロックなど複雑形状のワークのインライン全数検査を実現。主要自動車メーカーに採用されるなど注目を集めている技術だ。   既存レーザーとは違…


XTIA(光コム)、同軸計測で複雑形状の全数・全自動検査を実現。3次元レーザー測定の限界突破

 いまスマートファクトリー構築に向けて製造装置やロボットを使った製造と搬送の自動化が活発だが、次の段階へ進むには検査の自動化、全数検査は避けることができない。しかし全数検査は対象となるワークと認識する要素が複雑で多彩になるほどタクトタイムがかかって導入効果を出すのが難しくなる。 そんななかXTIA(クティア、旧社名:光コム)は、外観検査や寸法検査を高速で全自動検査ができる3次元レーザー測定技術を開発。既存の3次元レーザー測定技術では不可能だった自動車のエンジンブロックなど複雑形状のワークのインライン全数検査を実現。主要自動車メーカーに採用されるなど注目を集めている技術だ。 ■ノーベル賞受賞技術…