富士経済「2016年注目メカトロニクスパーツ市場実態調査」

2016年12月21日

19年、1兆7403億円に拡大 製造業IoT、自動車が進化 富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)は、コントローラ領域5品目、ドライブ&モータ領域8品目、センサー&ID領域7品目、受配電機器領域6品目の合計26品目の市場動向と、製造業のIoTについて調査・分析し、「2016年注目メカトロニクスパーツ市場実態調査」としてまとめた。そのなかでメカトロニクスパーツの国内市場と日系メーカーの海外販売が19年には1兆7403億円となり、15年の1兆6046億円から8.4%増になるとした。 ■メカトロニクスパーツ市場とIoTプレーヤーの動向 メカトロニクスパーツ市場は2012年以降、14年まで拡大を続けた…