安全柵 の検索結果

キャプテンインダストリーズ 安全柵用ドアシステム、スペースなくてもドア設置

キャプテンインダストリーズは、スペースがなくて設置できなかった安全柵の出入り・搬入ドア・開口部について、ヒンジ・ドアとスライド・ドアを合体させて解決した安全柵用ドアシステム「コンバインド ヒンジ/スライド・ドア」を開発した。自動車メーカー、産業機械、ロボット、食品、梱包、物流などの企業向けに販売していく。 同製品は、本体パネル部にスライドレールを付加して戸袋スペースがない狭い場所にスライド・ドアを、支柱部に180度回転するヒンジを付加することで通路の邪魔になるために設置できなかった場所にもドア設置を可能とすると同時に、ドア開口部を180度開くことで搬出入などに便利な最大4メートルの開口を確保で…


安川電機 人協働ロボット「MOTOMAN-HC10 ハンドキャリータイプ」安全柵なしで人間と協働し作業

安川電機は国際ロボット展に、「スマートファクトリを実現するi3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」で、同時開催のSCFと共通テーマによる、コンセプトを具現化したデモを行う。 展示は、最新コントローラとICTテクノロジーを駆使した統合制御ロボットシステムや変種・工程変動生産に対応した人協働ロボットシステムをはじめ、用途・分野ごとに幅広くそろった製品群を披露する。 また、要素技術・関連機器として、人工知能(AI)、振動・センサ・制御系、ロボットシミュレーション&ビジョンシステム(IRV)なども展示。 このうち、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10 ハンドキャリータイプ」…


SUS アルミ製安全柵に新モデル

SUS(静岡市駿河区)は、主に製造現場で安全を確保するために利用される安全柵「AZ」シリーズの新モデル「AZ2(エーゼットツー)」の受注を、6月1日から開始した。価格は高さ2150ミリが1万1470円~、1800ミリが1万880円~、1170ミリが8180円~。 「AZ」シリーズは、アルミフレームを用いた軽量かつ高強度な安全柵で、JIS規格やISO規格を基本に開発。アルミ製なので錆びにくく、美観に優れている。また、パネル状に面組みした状態で出荷するため、現場での設置はつなぎ合わせるのみという、施工の簡易性が特長となっている。 今回発売した「AZ2」は、断面形状を見直した新設計のアルミフレームを…


安川電機 協働ロボット「MOTOMAN-HC10」を開発 安全柵の設置不要

安川電機は、安全柵なしで使える協働ロボット「MOTOMAN-HC10」を開発した。これによりロボットの適用領域を拡大し、設備のさらなる自動化と生産性向上に貢献する。 同製品は、人と接触した際に人に与える力を制限する機能を持ち、安全柵の設置が不要。生産設備の自由度が増し、今までロボットの導入を見送っていた現場や、ロボットの設置が困難とされていた工程などでもロボットを使った自動化の可能性が広がる。 またティーチングも簡単で、プログラミングペンダントを使った従来のティーチングに加えて、ロボットを直接手で掴んで操作する「ダイレクトティーチング」機能を装備。直感的な操作でロボットへの動作指示ができ、ロボ…


岡村製作所 「プロフェンス」で安全柵事業に参入 製造現場での事故防止へ

産業用ロボットのさらなる普及が期待されるなか、オフィス家具大手の岡村製作所は、安全柵「プロフェンス」を発表。ロボットや加工機械をはじめ、製造現場での事故防止のための安全柵事業に乗り出した。 同社はオフィス家具事業で有名だが、一方で自動倉庫やコンベヤ、天井搬送装置などを開発・製造する物流システム機器の総合メーカーでもある。今回は、工場や倉庫向けの製品の一つとして新たに安全柵を開発したもの。 その狙いについて「これまで安全柵は、アルミフレームを組み合わせるタイプや都度設計のカスタム品が多かった。産業用ロボットが普及するなかで、標準品としてスチール製の安全柵に取り組んでいる企業は少ない。従来は一品も…


【産業用ロボットの今】安全柵設置不要のユニバーサルロボット~グリーネプランニング~

いま、日本では協調型ロボットが話題になっているが、欧米ではすでに当たり前のように現場に導入されている。デンマークのユニバーサルロボット社のアーム型ロボット「URシリーズ」は、BMWなどでも採用され、世界の最先端を走る協調型ロボットだ。日本の総代理店を務めるグリーネプランニング(横浜市西区高島2―10―13、TEL045―453―0188)のラース・アンダーソン代表に話を聞いた。 -ユニバーサルロボットとはどんなロボットか? ユニバーサルロボットは、安全制御機能を搭載し、100V電源につなぐだけで使えるアーム型の6軸制御ロボットだ。安全柵がいらず、人の隣に置いて協調作業ができる。世界で最も進んで…


[インタビュー] 三菱電機 名古屋製作所、人とロボットの共存進める

三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志氏に聞く   自動車・電機業界 微妙な力加減を「自動化」 三品業界 作業工程の“一員”として スマートファクトリーは自動化によって工場が進化した理想の姿。それはロボットだけでは実現できず、さまざまな技術の組み合わせで初めて成立する。 三菱電機は2003年から「e-F@ctory」を提唱し、FA機器とロボットの両方を手掛けてスマートファクトリー化を提案してきた。 三菱電機名古屋製作所ロボット製造部ロボットテクニカルセンター長 荒井高志氏に話を聞いた。   シーケンサとの連携性 —— 最近のロボット市…


クフウシヤとファブエース 協働ロボットでTIG溶接を実現

「Co-TIGWelders」 多品種少量の板金溶接を自動化・ロボット化 ユニバーサルロボットの協働ロボット「URシリーズ」の最大の特長は「シンブルでカンタンな操作性」。ロボットが手元に届いて設置したら、誰でもすぐに動かすことができる直感的な操作性が高く評価されている。そのためロボットの専門家でなくても簡単にティーチングができ、しかも短時間でできるため、少量多品種で段取り替えが多い作業工程や、「助っ人」としてさまざまな工程を助けて回るようなケースでは、その運用の柔軟性が威力を発揮する。 そんなURの強みを活かし、数ある溶接技術のなかでもTIG溶接のロボット化を実現したのが、ファブエース(横浜市…


ユニバーサルロボット AGVやAMRにマッチ、DCバッテリ駆動協働ロボ

ユニバーサルロボットは、DCバッテリ駆動の協働ロボット「OEM DC Model UR3e/UR5e/UR10e/UR16e」を、11月26日から提供開始した。 同社の協働ロボットは、小型・軽量で安全柵が不要、またプログラミングが簡単なため、複数の工程で柔軟に活用でき、台車に載せて工程間を移動させる事例が多くある。 新製品は、AGV(無人搬送車)やAMR(自律型モバイルロボット)へのインテグレーション向けに最適化されており、これらのバッテリから直接、電源供給が可能。DCバッテリ駆動のAGVやAMRに搭載することで、距離が長い複数の工程間の搬送も自動化が可能となる。 ティーチペンダントとコントロ…


三菱電機 FAトータルソリューション「e-F@ctory」

人とロボットの共存を提案 三菱電機(南ホールS1-03)は、「人とロボットの『共存』が拓く、スマートファクトリー」をテーマに、協働ロボット、産業用ロボットFRシリーズ、AI技術(MELFA Smart Plus)を組み合わせたスマートファクトリーを展示し、マスカスタマイゼーションに向けたソリューションを展示する。 三菱電機の特長であるオールFA機器メーカーとしての訴求と、新しい技術と新しい社会への対応を提案する。 安全柵で囲ったロボット、セルロボット、センサを活用した柵なしロボット、協働ロボット、RTR社との共同開発による「よける」ロボットなど多彩な設置パターンを展示し、人とロボットの共存の仕…