キャプテンインダストリーズ、高さ2500mm安全柵追加

キャプテンインダストリーズは、一人でも楽に組み立てられるアクセレント社の安全柵「X-ガード」に、パネル高さ2500mmを追加し、全8バリエーションに拡充して1月12日から国内販売を開始した。

X-ガードは、急なレイアウト変更や大型荷物の柵内搬入時などに、2カ所の部品で簡単に取り付け・外しができるモジュラー式の安全柵。ねじを使用せず、軽くて扱いやすいパネルとポストの間にブラケットがジョイントされている構造のため、一枚ごとの設置手順で、一人でも自由にレイアウトや施工が可能。

2500mmの標準パネルは、メッシュ、プラスチック、スチールの3種類。コーナー部の省スペース化が図れるカービングパネルも利用可能。鉄角パイプ使用により縦・横バランスが均一し、高い姿勢も安定。ポストが少なく、メッシュの表面凹凸が無いため引っ掛かりを防ぎ、ポスト脚にはフットカバーが備わっている。

カラーは標準色の黄色と黒の他、用途に応じてRAL規格色から選定可能。

同社では販売網をいかし、工作機械・ロボット・自動車メーカーなどの企業をターゲットに、年間1000システムの販売を目指すとしている。

安全柵「X-ガード」に、パネル高さ2500mmを追加

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG