キャプテンインダストリーズ 安全柵用ドアシステム、スペースなくてもドア設置

2020年7月29日

キャプテンインダストリーズは、スペースがなくて設置できなかった安全柵の出入り・搬入ドア・開口部について、ヒンジ・ドアとスライド・ドアを合体させて解決した安全柵用ドアシステム「コンバインド ヒンジ/スライド・ドア」を開発した。自動車メーカー、産業機械、ロボット、食品、梱包、物流などの企業向けに販売していく。

同製品は、本体パネル部にスライドレールを付加して戸袋スペースがない狭い場所にスライド・ドアを、支柱部に180度回転するヒンジを付加することで通路の邪魔になるために設置できなかった場所にもドア設置を可能とすると同時に、ドア開口部を180度開くことで搬出入などに便利な最大4メートルの開口を確保できるようになる。 

安全柵はメッシュパネルとプラスチックパネル、シートメタルパネルの3種類で、高さは2000、2300、2750ミリメートル(2750はメッシュパネルのみ)。1000ミリメートル×4枚で1セットで、フルオープン状態で最大4000ミリメートルの間口を確保できる。モジュラー式で簡単かつ安全に組み立てられ、ドアのロック機構は簡易タイプからセーフティスイッチ搭載も可能。

コンバインド ヒンジ/スライド・ドア