Search Results for 安全対策

安全対策機器 国内、輸出とも堅調に推移 労災防止 ICTに期待大

センサ/AI/ビッグデータ/インターネット 作業者への配慮設備投資も奏功一石二鳥の成果 労働災害が依然年間11万件以上起こり、減少を見せていない。このうち製造業での労働災害は、約22%を占め、この率も横ばいで推移している。事故防止に向けて、法的な規制や安全対策機器の普及などが進み減少傾向にはあるものの、まだゼロには至っていない現状だ。熟練作業者の減少、外国人や非正規労働者の増加などで労働災害が発生しやすい環境が生まれつつある中で、一層の作業安全に向けた取り組みが求められる。ICT(情報制御技術)を駆使した新たな事故防止への取り組みも始まっており、今後の成果が期待されている。 国内における労働災…


重要性増す安全対策機器 「セーフティアセッサ認定制度」海外でも取得者増

労働災害の発生が増加している。経済活動が活発化していることもあり、建設業では労働者の不足に伴う無理な作業や初心者の増加、製造業では稼働時間の増加に伴う就業時間の延長などが背景にある。7月1日から1週間、全国安全週間が全国で展開される。また厚生労働省では今年12月末まで「転倒災害プロジェクト2015」を展開し、転倒災害の特設サイトを開設して周知啓発活動に取り組んでおり、その効果の出ることが期待されている。 国内における製造業の労働災害死傷者数(死亡.休業4日以上)は、厚生労働省の統計によると、2014年(1~12月)は11万9535人で、13年比1378人(1.2%)増えた。このうち死亡者は10…


普及進む安全対策機器 製造業の労働災害防止効果に期待 14年度の市場規模が過去最高の見通し

製造業の労働災害が依然として起こっている。生産活動の活発化で機械などの稼働が増加していることに加え、熟練作業者の減少なども背景にある。法制面での整備も進み、安全対策機器の普及も進展していることから、その効果が期待されている。 国内における製造業の労働災害死傷者数(死亡・休業4日以上)は、厚生労働省の統計(速報)によると、2014年(1~12月)は2万4910人で、このうち死亡者は171人であった。 全産業での14年の労働災害死傷者は10万6674人。 ■食料品製造業で増加 製造業の死傷事故の発生状況は、機械への「はさまれ・巻き込まれ」と「切れ・こすれ」が約40%を占める。これは、経験が十分でな…


機械安全対策機器 さらに市場拡大 ロボット活用、各方面に広がる

製造業の労働災害が依然、高い水準で発生している。熟練作業者の減少、消費税増税前の増産体制などが背景にあるとみられる。法律面からも安全対策への整備が進んでおり、安全関連機器の出荷は増加している。ロボットの活用が各方面で広がっていることから、安全対策機器の市場はさらに拡大が期待されている。 国内における製造業の労働災害死傷者数(死亡・休業4日以上)は、厚生労働省の統計(確定)によると、2013年(1~12月)は2万7077人であった。12年は2万8291人であったから、1214人(4・3%)減少した。全産業での13年の労働災害死傷者は11万8157人(前年比1419人減、1・2%減)で、製造業の死…


機械安全対策機器 グローバル規模で市場広がる

製造現場での労働災害は減少傾向にあるものの、依然年間2万5000人以上の死傷事故が起きている。安全対策につながる機器の設置や法規制などが行われているものの、ゼロには至っていない。一方で「労働安全衛生規則」での産業用ロボット80W規制に伴う安全柵設置について見直しが進み、また今後の高齢化社会などを見据えた介護ロボットなどの普及に向けて、生活支援ロボットの国際規格も制定されるなど、取り巻く環境に変化が出ている。機械安全対策機器関連市場は国内外で拡大しており、先行きへの期待が高まっている。 国内における製造業の労働災害死傷者数(死亡・休業4日以上)は、厚生労働省の統計(速報)によると、2013年(1…


大阪自動電 安全対策中心に事業拡大 与田清代表取締役社長

当社はここ数年、安全対策への取り組みを強化するとともに、国際規格の認証取得など顧客のグローバル展開に対応してきたことで、業績は順調に推移している。今期も当初の計画通りに推移しており、今後も安全対策を中心に事業を拡大していきたい。 フットスイッチに関しては、医療機器分野や、ゼネコンを中心にインフラ関連で需要が拡大している。海外向けも日系企業向けを中心に引き合いが増加している。設備投資を行う際に安全対策が重要なテーマとなっている。また、製造現場では自動化の進展とともに、人件費の高騰を背景に人員の削減が進んでおり、安全対策への必要性が増している。 一方、当社の医療機器用フットスイッチは、保護等級IE…


制御機器・システム各社 「鉄道運輸市場」と注視安全対策設備投資に期待 目玉はホーム柵関連需要

制御機器・システム各社は、鉄道輸送関連市場を注視している。鉄道車両の生産は減少傾向にあるものの、鉄道各社が安全対策に積極的に取り組んでいるため、制御機器・システムの需要増加につながってくると見込んでいる。とくに、設置が進むホーム柵では、幅広い制御機器が採用されており、今後も需要拡大が確実視されている。また、太陽光発電設備の設置、電力の貯蔵、電力量監視システムの導入にも、制御機器・システム市場として拡大の期待がもたれている。 鉄道車両には、押しボタンスイッチ、多方向操作スイッチ、切り替えスイッチ、表示灯、端子台、コネクタ、検出スイッチ、監視システム、制御システムなどが採用されてきた。この車両の生…


SCF紙上出展各社計測展 イーエーオー・ジャパン 照光式押しボスタンスイッチフラットパネルシリーズ 操作面をフラット構造に イートン・エレクトリック・ジャパン 電子モータスタータ「EMS」 3千万回の長寿命を実現 エヌエー 耐高温型フロートスイッチ 独自設計で200℃仕様でも使える 大阪自動電機 フットスイッチやテープスイッチなど安全対策機器 優れた防水性能、耐荷重誇る キムラ電機 貫通形端子台TS-1813/1814形高電圧ヒューズ台F-05H/06H形 PV向け機器用に最適 WashiON共立機器 HKT形高耐圧端子台 太陽光発電に最適な1000V コグネックス ビジョンシステム「In-SightEZ700シリーズ」 オートインワン構造採用 ジェルシステム 遠隔監視制御システムJ-RM/REMOTE 低価格で多拠点を自動計測

イーエーオー・ジャパンは、スイスに本社を置くスイッチのグローバル企業。照光式押しボタンを中心に、キースイッチ、セレクタースイッチ、キーパッドなど豊富なラインアップを誇るが、中でも好評を得ているのがフラットパネルシリーズ。 照光式スイッチで長い歴史を誇る同社が、他社に先駆けて開発したシリーズで、パネル表面の高さを低く抑えることで、操作面をフラットな構造にしている。デザインも高級感あふれる感じから使用機器とマッチングし、ユーザーから好評を得ている。 また、フラット構造によって塵などの付着を防止でき、クリーンな環境を確保、ひっかかりなどによる誤操作の防止にもつながる。 構造もIP67、NEMA4と高…


機械安全関連機器市場拡大基調 製造業事故防止への対応進む 3年連続で過去最高額を更新国際な安全対策が進展 10月から食品加工機械の安全対策強化 12年度市場規模は5.7%増の247億円人材育成投資求められる

労働災害の死傷者数が依然増加傾向にある。建設業など陸上貨物運送業などと並んで製造業での事故も多い。製造業では作業現場の安全に向けて、色々な面から環境整備が続けられ、事故防止に向けた対応が進んでいる。今年10月からは食品加工用機械の改正「労働安全衛生規則」(安衛則)が施行され、食品加工用機械による事故の防止対策が一歩前進する。国際的にも安全対策向上に向けた施策が進んでおり、機械安全関連機器の市場も拡大基調を維持している。国内における製造業の労働災害死傷者数(死亡・休業4日以上)は、厚生労働省の統計によると、2011年が2万8457人であったが、12年は前年比166人(0・6%)少ない2万8291…


安全対策機器 各社の主力製品 JASMAS実践的な6つの一般講座、2つのテーマ別講座を実施安全技術の向上で災害撲滅

JASMAS(機械安全ソサエティ=ジャスマス、事務局長中村英夫日本大学教授)は2010年1月、「機械安全・製品安全技術の進歩発展と、これらの普及促進を図り、わが国の産業の安全技術の向上による災害の撲滅への貢献によって、産業界の一層の繁栄を図ること」を目的に設立。 会には使用者(ユーザー)、機械・装置メーカー、認証機関、コンサルタント、大学、公的機関などの技術者・研究者が参加しており、安全にかかわる技術者間のネットワークでユーザーの安全を全員でサポートするなど、幅広い活動を展開。 現在、実践的な6つの一般講座(機械安全の基礎、電気安全の構築、安全装置の組込事例と注意事項、ISO13849に基づく…