安全対策機器 各社の主力製品 北陽電機セーフティレーザーセンサ「UAM-02LP-T302」状況でによりエリア設定可能

2013年7月24日

北陽電機は、機械安全対策用としてAGV(無人搬送車)の走行など状況によってエリア設定が可能な、エリアシーケンス機能搭載のセーフティレーザーセンサ「UAM―02LP―T302」を発売した。 UAM―02LP―T302は、安全カテゴリ3に対応し、幅90ミリ×高さ97ミリ×奥行き99・8ミリという世界最小のコンパクトサイズを実現。 エリアシーケンス機能は、16パターンの任意のエリア設定が可能で、AGVなどの走行の状態に合わせ、16のエリア設定パターンを自動的に切り換えることができる。エリア設定は、パソコンから専用アプリケーションで簡単に設定でき、出力は防護エリア1点、警報エリア2点を装備。 検知距離…