2020年度製品安全対策優良企業表彰  IoT活用の耐久試験改良に取り組んだパナソニックなど受賞

経済産業省は2020年度の「製品安全対策優良企業表彰」受賞企業を発表した。

経済産業大臣賞は、大企業製造・輸入事業者部門は、パナソニック アプライアンス社ランドリー・クリーナー事業部、中小企業製造・事業部門にマツ六、中小企業小売販売事業者部門に大一電化社が選ばれた。

パナソニックは、サプライヤ管理の強化・徹底と、部品レベルのトレーサビリティ確保、IoTを活用した耐久試験の改良と設計開発への活用が評価され、マツ六は事故防止に向けた製品開発とマニュアル等の安全情報の充実、施工業者と連携した安全施工が認められた。大一電化社は、故障率のデータから仕入先の絞り込み、試験検査機能の強化や第三者機関との連携、情報発信による製品安全文化の醸成が評価されて受賞にいたった。

このほか技術総括・保安審議官賞に大阪ガスマーケティング、鈴文、カイノ電器。優良賞にアシックス、コロナ、新潟精密鋳造。特別賞(審査委員会賞)にニッセンケン品質評価センター、メルカリが選ばれた。

https://www.meti.go.jp/product_safety/ps-award/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG