Search Results for ロジスティクス

第11回国際物流総合展 ロジスティクスで経営革新 物流の環境、安全、品質、ICTの活用など提案

アジア最大級の物流・ロジスティクス専門展示会「国際物流総合展(LOGIS―TECH TOKYO)2014」(主催=日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会など関連5団体)が、9月9日から12日までの4日間、東京ビッグサイト(東2・3・5・6ホール)で開催された。2年に1回開催される同展には、今回418社1701小間(前回411社1594小間)と、社数、小間数とも前回を上回る規模となった。開場時間は午前10時から午後5時。入場料は1000円(招待状持参者、事前登録者は無料)。また、自動認識総合展の来場者も再登録すると無料で入れる。期間中5万5000人(前回5万2467人)の来場が見込まれた。…


コンテックとロジザードロジスティクス分野で協業ICTソリューション事業展開

コンテック(漆崎栄二郎社長)は、クラウド型WMS(倉庫管理)ソフトウェアサービス提供会社ロジザード(東京都中央区日本橋3―3―6、tel03―5643―6228、金澤茂則社長)と物流倉庫や生産現場のロジスティクス分野で協業した。耐環境WMS専用端末と無線LAN機器を組み入れたICTソリューション事業を展開する。 コンテックは、産業用パソコン、拡張ボード、ネットワーク機器、ソフトウェアなどのコンポーネントの製造販売とシステムインテグレーション事業を展開している。 ロジザードは、クラウドによる物流在庫管理システムのAPSサービスで定評があり、とくに、新シリーズのロジザードゼロは規模や業界を問わず倉…


10月はロジスティクス強調月間

日本ロジスティクスシステム協会は、毎年10月をロジスティクス強調月間として、ロジスティクスの普及促進と地域活性化に取り組んでいる。今年も10月1カ月間展開する。 今年の統一テーマは「サプライチェーン改革におけるロジスティクスの進化」で、プロモーション活動を展開する。 10月23、24日には、「ロジスティクス全国大会」を東京・青山の青山ダイヤモンドホールで開く。今年6月に発表した「ロジスティクスコンセプト2020」の内容に基づいた講演のほか、特別講演として、日本総合研究所理事長で多摩大学学長の寺島実郎氏が「世界経済の現状とロジスティクス戦略の方向性」と題して行うほか、企業の事例発表なども行う。ま…


第10回記念国際物流総合展2012 「ロジスティクスの新たなステージへの挑戦」テーマに 9月11~14日東京ビッグサイト402社が1581小間に出展 物流の「未来」「環境」「安全」提案

アジア最大級の物流・ロジスティクス専門展示会「国際物流総合展(LOGIS―TECH TOKYO)2012」が、9月11日から14日までの4日間、東京ビッグサイト(東2・3・5・6ホール)で開催されている。2年に1回開催される同展には、今回402社1581小間(前回412社1446小間)と、小間数は前回を上回る規模となった。開場時間は午前10時から午後5時。入場料は1000円(招待状持参者、事前登録者は無料)。また、自動認識総合展の来場者も再登録すると無料で入れる。期間中13万人(前回12万467人)の来場が見込まれている。 10回目を迎える今回のテーマは「ロジスティクスの新たなステージへの挑戦…


LOGIS-TECH TOKYO2010国際物流総合展20109月14~17日東京ビッグサイト 「豊かな未来を拓くロジスティクスイノベーション~環境調和とグローバリゼーション」 最新物流機器を一堂に集結アジア最大の物流・ロジスティクス専門展

アジア最大の物流・ロジスティクス専門展示会「国際物流総合展(LOGIS―TECH TOKYO)2010」が、9月14日から17日までの4日間、東京ビッグサイト(東2・3・5・6ホール)で開催されている。2年に1回開催される同展には、412社1441小間(前回406社1991小間)と、社数は前回を上回る規模となった。開場時間は午前10時から午後5時。入場料は1000円(招待状持参者、事前登録者は無料)。また、自動認識総合展の来場者も再登録すると無料で入れる。期間中12万5000人(前回14万576人)の来場が見込まれている。9回目を迎える今回のテーマは、「豊かな未来を拓くロジスティクスイノベーシ…


2017国際ロボット展 11月29日~12月2日 東京ビッグサイト 過去最大の規模

150社・900小間増 会場も6ホールに 2017国際ロボット展(iREX)が、11月29日から12月2日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される。ロボット産業は世界的にも関心が高く、日本でも官民挙げて振興に力が入っている。同展は2年に1度の世界規模のロボット見本市、最先端の技術とアプリケーションが揃い、今秋必見の展示会だ。 同展は2年に1度の開催で、今年で22回目を迎える。テーマは「ロボット革命がはじまった そして人に優しい社会へ」として行われる。今回は612社・団体による2775小間となり、出展者・コマ数ともに過去最大。前回の446社・団体の1882小間から150社・団体、900小間ほど…


アドバンテック 次世代IoTに注力 Linux・Android推進も

アドバンテックは「アドバンテック テクノロジーリーダーシップ プレスカンファレンス ~アドバンテックが狙う次世代のIoT戦略~」を開催。同社の次世代IoT戦略について紹介した。 ケーシー・リウCEOは、「マッキンゼーによると、 スマートファクトリーやインダストリー4.0の分野は2兆米ドルの規模があり、次いでスマートシティ/ヘルスケア、インテリジェントリテール、ロジスティクス、電力の順で大きなIoT市場が展開されており、当社もこれらの分野に注力する。インターネットとパソコンによる第1の波、Googleなど巨大IT企業の第2の波に続き、第3の波が2016年から始まっている。あらゆるモノがインターネ…


第45回東京モーターショー2017 出展者と主催者テーマ展示を発表

日本自動車工業会は、10月27日から11月5日までの10日間(一般公開は10月28日から)、第45回東京モーターショー2017を「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに、東京ビッグサイトで開催すると発表した。 今回は全ての国内メーカー14社15ブランド、海外メーカー13社19ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展。乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、自動車関連サービスを含む総合ショーとして、世界10カ国から150社・団体の出展者が東京ビッグサイトに集結する。乗用車ではボルボ・カー、二輪車ではハーレーダビッドソンが復帰するほか、スウェー…


機構改革

ⅠDEC(4月1日付) 〈セールス・マーケティング統括本部〉 ▽配下組織として製品・市場戦略統括部、国内営業統括部を設置 ▽直轄組織として新規事業開発室、ファインバブル事業部、グローバルセールスサポート、マーケティングコミュニケーション室を設置 ▽製品・市場戦略統括部には次の推進部が属する。バーティカル市場ソリューション推進部、HMIソリューション推進部、安全・防爆ソリューション推進部、盤内機器ソリューション推進部、オートメーションソリューション推進部 ▽国内営業統括部には次の推進部が属する。セールスプロモーションセンター、テック&サポートセンター、電子製品営業部、ソリューション営業部、エリア…


人事異動

ⅠDEC (4月1日付) ▽セールス・マーケティング統括本部長兼製品・市場戦略統括部長(セールス・マーケティング本部長)常務執行役員 セールス・マーケティング担当アルノ・モンディ ▽同統括本部国内営業統括部統括部長 執行役員国内営業担当多田映一 ▽SCM担当兼SCM本部長(生産・SCM統括担当兼生産・SCM統括本部長)執行役員丸山泰治 ▽中国事業推進担当(機器製品事業担当兼機器製品事業部事業統括部長)執行役員河中泰治 ▽人財戦略・CSR担当(人財戦略担当)執行役員人財戦略部長村井俊文 ▽執行役員APEM担当兼APEM SAS プレジデント グレゴリー・サシュニン ▽執行役員生産担当兼生産本部本…