ランキング の検索結果

GPTWジャパン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキング発表! 大規模部門3位にディスコ

調査機関のGreat Place to Work Institute Japan(東京都品川区、GPTWジャパン)は、2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング145社を発表した。 同ランキングは、GPTWジャパンがランキング参加企業(今回480社)のアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社」として発表。アンケートは従業員向けと企業向けの2種類で構成されており、GPTWジャパンと外部有識者からなる委員会が精読し点数をつけ、ランキングを決定している。 アンケート項目と評価基準はグローバル共通。ランキングはエントリー方式で、従業員25人以上の法人が参加…


機械業界の働きやすい企業ランキング発表! 建設機械メーカー大手2社が同率1位、グローバルウェイ調べ

〜1位コマツ、有給の平均取得日数は18日以上〜 年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイ(東京都港区)は、 「機械業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。 本ランキングは、 「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い機械業界(建設機械、 工作機械)に属する企業をまとめたものとなっている。   【機械業界の働きやすい企業ランキング】   1位:小松製作所 ~国内で初めて農耕用トラクターを生産。 日本を代表するグローバル企業~ 油圧…


グローバルウェイ、電気機器業界の働きやすい企業ランキングを発表、1位はパナソニック!

1位パナソニックでは「社外留職」や「社内複業」も 年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイ(東京都港区)は、 「電気機器業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。 本ランキングは、 対象期間中にキャリコネのユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い電気機器業界に属する企業をまとめたものとなっている。   【電気機器業界の働きやすい企業ランキング】   1位:パナソニック ~「経営の神様」松下幸之助が創業~ 1965年、 日本で初めて週休2日制を導…


トライベック・ブランド戦略研究所 BtoBサイトランキングを発表 オムロン、10年連続ナンバーワン

トライベック・ブランド戦略研究所が毎年発表している「BtoBサイトランキング」の2016年版が発表され、1位にオムロンFA制御機器サイト(http://www.fa.omron.co.jp)が輝き、10年連続でナンバーワンとなった。2位は三菱電機のFAサイト(http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/)、3位はキーエンス(http://www.keyence.co.jp/)で、FA制御機器メーカーのWebサイトが上位を占めた。 BtoBの顧客側のウェブサイトの利用は着実に進んでおり、製品・サービスの購入のために最もよく参考にする情報源は各社のウェブサイトとな…


ガートナー、18年の半導体需要上位10社を発表。中国のメーカー4社がランクイン

ガートナーは、2018年の主要電子機器メーカーの半導体需要に関する調査結果を発表した。17年同様、Samsung ElectronicsとAppleが18年も半導体ベンダーにとっての最大の顧客として地位を堅持。両社の半導体需要の合計は、世界全体の17.9%を占める結果となった。 同割合は、前年比で1.6%減少となったが、電子機器メーカー上位10社の半導体需要は、17年の39.4%から18年は40.2%へ増加した。 17年に上位10社にランクインした中国の電子機器メーカーは、Huawei、Lenovo、BBK Electronicsの3社であったが、18年はこれにXiaomiが加わり、4社を占め…


ハノーバーメッセ2019 世界と共創する絶好のチャンスが到来 世界最大・最重要の国際産業見本市

ハノーバメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は13日、東京・ステーションコンファレンス東京でハノーバーメッセ2019に向けたカンファレンスを開催し、ハノーバーメッセ2019の見どころを紹介した。そのカンファレンスの様子をレポートする。 世界最大にして最重要の国際産業見本市・ハノーバーメッセ 2019年4/1〜4/5に開催 6500社出展・22万人来場予定 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。1947年に第1回が開催されて以来、70年以上の歴史を持つ。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術…


速報取材レポート公開:IGAS2018 (国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)

2018年7月26日(木)〜31日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催中の「IGAS2018 (国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」。“Venture into the best!”をコンセプトに、プリプレス、プリメディア、印刷、製本、紙工、ラベル、パッケージング、クロスメディア関連の最新機材・技術・サービスが一堂に集まる展示会です。 開催初日となった昨日は9,287名が来場し、盛り上がりを見せました。本ページでは注目企業を取材してつくったレポート記事をダウンロードいただけます。写真満載で最新の技術やトレンドを紹介していますので、ぜひご覧ください。 ▼「IGAS2018 (国際総合…


自動車部品関連メーカー業績動向、東京商工リサーチ調べ

トヨタ自動車や日産、ホンダなど、大手自動車メーカーを支える自動車部品関連メーカーの業績が好調だ。自動車はエンジンや車体、モーター、ミラー、ランプ、タイヤなど約3万個に及ぶ部品が必要で、それぞれのメーカーは技術革新やコスト力の強化で世界的にも高い競争力を誇っている。 自動車部品関連メーカー4,391社の最新期(2016年10月期-17年9月期)の売上高合計は33兆2,021億8,500万円(前期比1.5%増)で、堅調に推移している。ただ、利益(当期純利益)の合計は1兆1,260億3,300万円(同6.1%減)と減益となった。4,391社のうち、中小企業(4,170社)の利益は、前期比18.3%増…


第44回ジャンボびっくり見本市 2018 4月6日・7日インテックス大阪/13日・14日東京ビッグサイト

今年も発見!未来に花咲く新商材! 「第44回ジャンボびっくり見本市 2018」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、4月6日(金)・7日(土)にインテックス大阪6号館C/Dゾーンで、4月13日(金)・14日(土)に東京ビッグサイト東7ホールで開催される。   ■特設ゾーン:「生産性向上」をテーマに 1975年の初開催から今年で44回目を迎える同見本市は、電設・制御機器業界最大級の展示会の一つとして定着し、毎回大勢の来場者でにぎわいを見せている。昨年は大阪と東京会場合わせて約3万2100人が来場した。 電設資材、照明、工具、電子、制御、情報、通信、セキュリティ、空調、住宅設備な…


アドバンテック 日経「Asia300」情報機器分野 2年連続No.1を達成

アドバンテック(本社:台湾台北市)が、日本経済新聞社が選ぶアジアの主要上場企業ランキング「Asia300」2017年版における情報機器分野で、2年連続1位を達成した。全体順位では36位にランクインし、前年より15位のランクアップとなった。   同新聞社が15年から発表しているアジアの有力企業ランキング「Asia300」は、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インドの上場企業が対象で、国・地域ごとの企業の時価総額、および成長性や知名度などを考慮して選抜されている。   同社のマイク小池社長兼日本地区最高責任者は、今回の評価を受けて、「このよ…