三菱電機 省エネ支援アプリケーション、要因をAI自動診断

三菱電機は、生産現場向け省エネ支援アプリケーション「EcoAdviser(エコアドバイザー)」シリーズの新製品、「省エネ分析・診断アプリケーション」を10月26日から発売した。

新製品は、生産現場のエネルギーロスを把握するために人手による継続的なデータ分析を不要とし、収集データを ①設備立ち上げから生産開始までの時間 ②生産終了から設備停止までの時間 ③設備の非稼働率 ④付帯設備の運転時間 ⑤エネルギー原単位の5つの視点で定量的に自動で分析することが可能。

エネルギーロスの発生要因を、同社のAI技術「Maisart」が自動で診断し、要因として相関が高い項目をランキング表示することによって、対策が必要な要因を明確化することができる。要因診断結果の有効性を学習し、次回以降の診断に反映して現場の実態に即したエネルギーロス発生要因の診断が行える。また、省エネ対策前後の期間の指定で、削減した電力量・料金の算出が可能。

7種類の分析グラフや画像を自由に配置できるダッシュボード機能によって、多角的な分析が行える。

ダッシュボード機能による分析画面の例

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG