ハノーバーメッセ の検索結果

4月1日から「ハノーバーメッセ2019」日本企業82社出展、Japanパビリオンも拡大

4月1日から5日までドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級の産業見本市ハノーバー・メッセ2019について、日本能率協会ドイツメッセ日本代表部が開催前の発表会を行い、日本の取り組みを紹介した。 今年のテーマは「INTEGRATED INDUSTRY-INDUSTRIAL INTELLIGENCE」。世界の産業を牽引する展示会として、世界中から6500社・団体が出展し、22万人あまりが来場する見通し。日本企業の出展は82社・団体となった。 今年も昨年に引き続き、ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)による「Japanパビリオン」を設置し、日本の産業向けデジタル技術を世界にアピールしていく。 …


4/1開幕!世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ2019 日本からは82社・団体が出展

4月1日から5日までドイツ・ハノーバーで世界最大級の産業見本市ハノーバーメッセ2019が開幕する。世界的にデジタル化やスマート化、自動化需要が高まるなか、世界中からそれに関連した企業・団体、人が集結する。日本からは82社が出展し、日本のデジタル化技術をアピールする。 日本企業は82社が出展。日本パビリオンも規模拡大  今年のテーマは「INTEGRATED INDUSTRY ― INDUSTRIAL INTELLIGENCE」。世界の産業を牽引する展示会として、世界中から6500社・団体が出展し、22万人あまりが来場する見通しとなっている。日本企業の出展は82社・団体となり微増傾向。日本企業の出…


「ハノーバーメッセ2019」インダストリー4.0の進展提案

「統合化」「産業の知能化」推進 ハノーバーメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は11月13日、19年4月1日から5日にかけてドイツ・ハノーバーで行われる「ハノーバーメッセ2019」の見どころを紹介した。 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術、製品がここから発表され、毎年、世界中から6500社以上が出展、22万人以上が来場する。製造業をはじめ産業に携わる人間にとって欠かせない一大イベントとして世界中で認識されている。 19年のテーマは「Integrat…


ハノーバーメッセ2019 世界と共創する絶好のチャンスが到来 世界最大・最重要の国際産業見本市

ハノーバメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は13日、東京・ステーションコンファレンス東京でハノーバーメッセ2019に向けたカンファレンスを開催し、ハノーバーメッセ2019の見どころを紹介した。そのカンファレンスの様子をレポートする。 世界最大にして最重要の国際産業見本市・ハノーバーメッセ 2019年4/1〜4/5に開催 6500社出展・22万人来場予定 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。1947年に第1回が開催されて以来、70年以上の歴史を持つ。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術…


フエニックス・コンタクト、初コラボ漫画「フエニックス・コンタクトに男泣き!ハノーバーメッセ編」を公開

フエニックス・コンタクトは、漫画家の見ル野栄司(みるの えいじ)氏との初のコラボレーション漫画を、ホームページにて公開しました。フエニックス・コンタクト日本法人設立30年を機に企画制作されたものです。 日経xTECHの関連記事も併せてお読みください。 ▲見ル野 栄司氏   本企画では、日本の製造現場を多数描く人気漫画家の見ル野 栄司氏が、フエニックス・コンタクト本社ドイツ工場と世界最大級の産業見本市であるハノーバーメッセを初訪問。 同氏のフィルターを通して、ドイツ「インダストリー4.0」推進企業でもある、フエニックス・コンタクト社のモノづくりの現場や価値観が描かれています。日独の労働…


【レポート】ハノーバーメッセ 2018 世界のデジタル技術を体感

5600社出展、21万人来場 4月23日から27日の5日間、ドイツ北部のハノーバーで世界最大級の国際産業見本市ハノーバーメッセが行われた。その様子をレポートする。   ■ハノーバーメッセとは? ハノーバーメッセは、毎年4月下旬にドイツ・ハノーバーで行われる世界最大級の国際産業見本市。1947年にドイツの戦後復興事業としてスタートし、昨年70周年を迎えた。 産業見本市の名の通り、出展対象は産業全域に広がる。FAやPA、モーションなどオートメーション技術、デジタルファクトリー、電力・エネルギー、産業用部品、産業向けサービスなど。同時開催でロジスティクス関連のCeMATも行われている。 会…


ハノーバーメッセ閉幕 世界各国から21万人

4月23日から27日、ドイツ・ハノーバーで世界最大級の産業展示会ハノーバーメッセが行われ、5日間で約21万人が来場した。「Integrated Industry~Connect&Collaborate~(産業の統合~つながりと協調~)」をテーマとし、インダストリー4.0、人と機械の協働の展示が多く見られた。 年に一度の産業の祭典として、世界中から最先端の製品と技術が集まり、それを求めて多くの人が来場した。 今年の出展社は5000を超え、その60%がドイツ国外からで、75カ国に及んだ。日本からは、日本能率協会ドイツメッセ日本代表部と各社合同ブースとなるジャパンパビリオンのほか、制御機器のエリアに…


ハノーバーメッセ 2018 4月23日からドイツで開催 ジャパンパビリオン設置

最新の産業技術・製品が一堂に会する世界最大のBtoB専門展示会「ハノーバーメッセ 2018」が、4月23日~27日、ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される。日本からも日系企業を含む82社(セマット出展6社含む)が出展し、世界へアピールする。今回は日本能率協会とロボット革命イニシアティブ協議会が共同で「ジャパンパビリオン」を設け、6社が出展する。 インダストリー4.0を打ち出したドイツが誇る同展は、最新の技術・ソリューションが一堂に会する場として、長い歴史を誇る。今回も世界約70カ国から約5000社が出展を予定している。 今回のメーンテーマは「Integrated Industry-Con…


ハノーバーメッセUSA 2018年9月、シカゴで 3千社20万人の巨大展示会へ

ドイツメッセは、BtoB向け産業技術展示会「ハノーバーメッセ」を、2018年9月にアメリカのシカゴで「ハノーバーメッセUSA」として開催すると発表した。 ハノーバーメッセUSAは、2018年9月10日から15日までアメリカ・シカゴのマコーミック・プレイスで開催される。全米最大の製造業向け展示会のIMTSと同時開催でハノーバーメッセUSAに550社、IMTSには2400社以上が参加する見込み。来場者は両展示会合わせて21万人以上と予想される。


コニカミノルタ デジタル化ソリューション ハノーバーメッセでPR

コニカミノルタは、ICT、IoTをベースに新たなものづくりのソリューション「デジタルマニュファクチュアリング」の社内実践をグローバルで進めている。先日ドイツで行われたハノーバーメッセに出展、「Integrated Industry ーCreating Valueー(産業システムの統合化ー価値の創造)」をテーマに、サプライチェーンを一気通貫で、製造プロセスにおける業務の革新的な効率化と、品質向上の実現を提案した。 出展したのは、データの収集、分析、共有のエッジIoTプラットフォーム「Workplace Hub」と、同社の光学、画像処理などのコア技術を生かしたデバイスを組み合わせ、製造現場、サプラ…