ハノーバーメッセ2020開催延期。7月13〜17日へ

世界最大級の産業見本市であるハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE)を主催するドイツメッセは、4月20日から開催予定だったハノーバーメッセ2020の会期を7月13日から17日に延期すると発表した。

 ドイツメッセは、ハノーバー地域保健局、ハノーバーメッセ出展者協議会、パートナー協会VDMA(ドイツエンジニアリング連合)およびZVEI(ドイツ電気電子製造業者協会)と協議の結果、ハノーバーメッセ2020を2020年7月に延期することを決定した。

 ハノーバー地域保健局は、ロバート・コッホ研究所が感染防止に向けて示した方法、例えば全入口に発熱測定ステーションを設け、危険地域の人や彼らに接触した人が入らないようにするといったことを求めていたが、来場者は世界中から訪れることや、展示会場の規模が大きく物理的に無理なこと、さらには参加者は出展者と訪問者に限らず、ブース装飾やケータリング、警備など多岐にわたり、それらからの評価・合意が必要なことから、
全参加者と公衆の健康確保を最優先事項として実施が難しいと判断し、延期を決定した。

 新たな日程は7月13日から17日まで。会場はドイツ・ハノーバー市のハノーバーメッセで変更はない。 

以下は関係者コメント
Deutsche Messe AG 取締役会会長 Jochen Köckler 博士
「今年の前半にコロナウイルスによって引き起こされた世界的な経済的課題を考慮して、新しい日付は大きな機会を提供します。したがって、世界で最も重要な産業見本市は、初期段階で世界経済に重要な刺激を与えることができます。」

VDMA 最高経営責任者 Thilo Brodtmann 氏
「VDMAは、Deutsche Messe AGの決定をサポートしています。コロナウイルスによって引き起こされる現在の課題に関しては、ハノーバーメッセを7月まで延期することが最善の選択肢です。今後数カ月で状況は落ち着き、機械工学業界はビジネス状況の復活から恩恵を受けると考えています。」

ZVEI取締役会会長 Wolfgang Weber 氏
「ドイツメッセAGによるHANNOVER MESSEの延期に関する今日の決定は適切なタイミングで行われます。国際的に重要な産業見本市として、そのUSPは世界中の人々の集まりです。これは、健康上のリスクがない場合にのみ発生します。さらに、電気産業にとって、この夏、Industry 4.0、電化、およびエネルギー効率向上のための製品を公開することが重要です。」

参考:ハノーバーメッセ2020公式サイト

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る