世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ2020」出展企業を募集中

2019年11月13日

2020年4月20日~24日 「ハノーバーメッセ2020」

世界最大級のBtoB向け産業技術の専門展示会「ハノーバーメッセ2020」が、2020年4月20日から24日にかけてドイツ・ハノーバーで開催される。

今回は「Industrial Transformation(インダストリアル トランスフォーメーション)」をメーンテーマに、インダストリー4.0、FA、IIoT、AI、5G、スマートロジスティクスなどの最新トレンドとトピックスを紹介する。パートナーカントリーは急成長を遂げ、東南アジア最大のデジタル経済国を目指すインドネシア。

会場はオートメーション、モーション&ドライブ(自動化・駆動技術)、デジタルエコシステム、エネルギーソリューション、エンジニアードパーツ&ソリューション(高度な技術部品)、フューチャーハブ(未来の新技術)、ロジスティクス(物流)の6つで構成され、70カ国から6000社を上回る出展企業が製品やサービスを展示。

さらに、フォーラムインダストリー4.0など80超の会議とフォーラムが行われる。

4月20日~21日に開催される「グローバルマニュファクチャリングインダストリアライゼーションサミット」では、イノベーションと第四次産業革命技術の導入のグローバル規模での展開と持続可能な産業発展が話し合われる注目のイベントだ。

会期5日間で80カ国から20万人を超える来場者が参加する見込み。現在、日本能率協会ドイツメッセ日本代表部では、現在日本企業の出展を募集している。

▶︎問い合わせ先=ドイツメッセ日本代表部 TEL:03-3434-6447