世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ2020」出展企業を募集中

2020年4月20日~24日 「ハノーバーメッセ2020」

世界最大級のBtoB向け産業技術の専門展示会「ハノーバーメッセ2020」が、2020年4月20日から24日にかけてドイツ・ハノーバーで開催される。

今回は「Industrial Transformation(インダストリアル トランスフォーメーション)」をメーンテーマに、インダストリー4.0、FA、IIoT、AI、5G、スマートロジスティクスなどの最新トレンドとトピックスを紹介する。パートナーカントリーは急成長を遂げ、東南アジア最大のデジタル経済国を目指すインドネシア。

会場はオートメーション、モーション&ドライブ(自動化・駆動技術)、デジタルエコシステム、エネルギーソリューション、エンジニアードパーツ&ソリューション(高度な技術部品)、フューチャーハブ(未来の新技術)、ロジスティクス(物流)の6つで構成され、70カ国から6000社を上回る出展企業が製品やサービスを展示。

さらに、フォーラムインダストリー4.0など80超の会議とフォーラムが行われる。

4月20日~21日に開催される「グローバルマニュファクチャリングインダストリアライゼーションサミット」では、イノベーションと第四次産業革命技術の導入のグローバル規模での展開と持続可能な産業発展が話し合われる注目のイベントだ。

会期5日間で80カ国から20万人を超える来場者が参加する見込み。現在、日本能率協会ドイツメッセ日本代表部では、現在日本企業の出展を募集している。

▶︎問い合わせ先=ドイツメッセ日本代表部 TEL:03-3434-6447

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG