Check !!

4月17日〜21日、世界最大級の産業見本市 ハノーバーメッセ開催

4月17日から21日にかけてドイツ・ハノーバーで、世界最大級のBtoB産業見本市「ハノーバーメッセ2023」が開催される。
ハノーバーメッセは、ドイツメッセ主催の産業見本市で、ドイツ北部のハノーバー(ハノーファー)で毎年4月に行われている。コロナ禍前の2019年にはヨーロッパを中心に世界中から6500社が出展し、22万人以上の来場を記録し、特にインダストリー4.0やデジタル化を中心とする産業分野では最も注目を集める世界最大級の産業見本市なっている。
ハノーバーメッセ2023は、コロナ禍が落ち着いて初めてから初めての開催で、世界50カ国から4000社以上が出展する予定。テーマを「Industrial Transformation -Making the Difference(インダストリアル・トランスフォーメーション 変化をもたらす)」とし、デジタル化とエネルギー管理によって資源を節約し、炭素排出量の削減など環境対策に主眼を置いた形となっている。
パートナーカントリーはインドネシア。ASEANからは初めての選出で、インドネシア版インダストリー4.0であるインドネシア4.0の実現と連携による経済発展の加速をテーマとし、産業振興と製造拠点としての海外からの投資呼び込みを狙っている。

https://www.hannovermesse.de/en/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG