ハノーバーメッセ オンラインツアー実施 6月2日独10社のブース紹介

ドイツメッセ日本代表部は、ロボット革命・産業IoTイニシアティブ(RRI)と共催で、世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2022」(5月30日~6月2日)の日本企業向けにオンラインツアーを実施する。

ハノーバーメッセは3年ぶりにリアル開催の予定であるが、ハノーバーに訪問できない日本企業の担当者向けに、日本語訳付の展示ブース見学をオンラインで行うもの。

ハノーバーメッセに実際に出展しているドイツ企業や団体10社(予定)に展示ブースでインタビューをし、各ドイツ企業の最新の技術やソリューションを紹介。さらに、ハノーバーメッセの重要なテーマであるインダストリー4.0への理解をより深めるために、その推進団体であるPlatform Industrie4.0が、このツアー用の講演(Q&Aと日本語字幕付き)を行う。

オンラインツアーの開催日時は6月2日午後3時~6時30分(日本時間)で、アーカイブ版を1カ月間視聴できる。定員は200人。

聴講料は、1人4万円(税抜)、RRI会員は3万円(同)。
詳細および申し込みは(https://intl-linkage.co.jp/dm/hannover-messe-2022-onlinetour/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG