グラフィカル調節計 の検索結果

アズビル グラフィカル調節計「形C7G」

診断情報算出機能を搭載 アズビルはデジタル調節計として、グラフィカル調節計「形C7G」の販売に注力している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システム連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能になる。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」

診断情報算出機能を搭載 アズビルはデジタル調節計として、グラフィカル調節計「形C7G」の販売に注力している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システム連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能になる。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」診断情報算出機能を搭載

アズビルはデジタル調節計として、グラフィカル調節計「形C7G」の販売に注力している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システムと連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能になる。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。 さらに、生産性…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」診断情報算出機能を搭載

アズビルはデジタル調節計として、グラフィカル調節計「形C7G」の販売に注力している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システムと連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能になる。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。 さらに、生産性…


アズビル グラフィカル調節計 工業デザイン特別賞を受賞

アズビルの「グラフィカル調節計形C7G」が、第47回機械工業デザイン賞(主催=日刊工業新聞社)の審査委員会特別賞を受賞した。 受賞した「グラフィカル調節計形C7G」は、フィードバック制御を行うPIDコントローラとしての機能は踏襲しつつ、制御状態の健全性を数値化する「ヘルスインデックス」という診断パラメータ算出機能を搭載。同グループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」を具現化すべく、装置内の調節計の設置の制約を、表示部と制御部を分離することで解決した。 また、制御性能の高さや高品質であることを表現するため、直線的で潔い造形にまとめて精緻な印象を与えるデザインに仕上げており、表示部は…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」 診断情報算出機能を搭載

アズビルは、デジタル調節計の新製品としてグラフィカル調節計「形C7G」を販売している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システムとの連携したIoTへの対応へ、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。 さらに、生産性…


アズビル  グラフィカル調節計「形C7G」 診断情報算出機能を搭載

アズビルは、デジタル調節計の新製品としてグラフィカル調節計「形C7G」を販売している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システムとの連携したIoTへの対応へ、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。 さらに、生産性…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」 診断情報算出機能を搭載

アズビルは、デジタル調節計の新製品としてグラフィカル調節計「形C7G」を4月1日から発売した。 C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システムとの連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能。 また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。 しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。さらに…


アズビル グラフィカル調節計「形C7G」 予防保全を容易に実現

アズビルは、デジタル調節計の新製品として、製造装置の予防保全に貢献する診断パラメータ、ヘルスインデックスの算出機能を搭載したグラフィカル調節計「形C7G」を4月から新発売した。 新搭載のヘルスインデックスは、同社独自の演算機能で、調節計本来の制御演算機能が扱う制御出力などを利用し、モデルレファレンス(基準値を参照すること)により、制御ループの健全性を数値化した診断パラメータで、生産設備や製造装置の故障予知や検知として利用できる。これにより、生産性、歩留まりを向上させるうえで重要な装置の故障を未然に防止する予防保全が容易に実現できる。また、上位システムと連携したIoTへの対応へ、イーサネット通信…


アズビル 「グラフィカル調節計形C7G」を販売開始 制御ループの健全性を数値化し予防保全に貢献

アズビルは、デジタル調節計の新製品として、製造装置の予防保全に貢献する診断パラメータ、ヘルスインデックスの算出機能を搭載した「グラフィカル調節計形C7G」を4月1日から販売開始した。価格は13万5000円~。初年度3000台、3年後1万2000台の販売を計画している。 今回搭載したヘルスインデックスは、同社独自の演算機能で、調節計本来の制御演算機能が扱う制御出力などを利用し、モデルレファレンス(基準値を参照すること)により、制御ループの健全性を数値化した診断パラメータで、生産設備や製造装置の故障予知や検知として利用できる。これにより、生産性、歩留まりを向上させる上で重要な装置の故障を未然に防止…