アズビル IT世界の技術活用を提案 サイバー空間を製造現場へ

2016年11月2日

  アズビルは「計測展 2016 OSAKA」で、「サイバー空間を製造現場へ!」をテーマに、IT世界でのデータ解析技術や機器診断技術を設備管理や製造現場でどのように活用するかの具体策を提案する。 展示は、「エネルギーマネジメントゾーン」、「プロセスオートメーションゾーン」、「ファクトリーオートメーションゾーン」に分かれる。 「エネルギーマネジメントゾーン」では、クラウド版FEMSを活用したエネルギー管理支援サービスによる見える化、各種省エネ化支援を提案。関連製品として「ENEOPT(エネオプト)」を展示する。 「プロセスオートメーションゾーン」では、HART・フィールドバスソリューシ…