アズビル グラフィカル調節計「形C7G」

2019年6月26日

診断情報算出機能を搭載

アズビルはデジタル調節計として、グラフィカル調節計「形C7G」の販売に注力している。C7Gは、最大4ループのPID制御機能を実装しており、上位システム連携したIoTへの対応、イーサネット通信、高速データロギングやデータ加工機能を搭載しており、スマート工場化に向けて製造装置プロセスデータを確実に記録し、効率よく提供することが可能になる。

また、表示部にQVGA(画素数320×240ピクセル)液晶を採用し、表示情報量を飛躍的に拡大するとともに、操作部にタッチパネルを採用し、直観的な操作ができる。しかも、操作、表示部を本体部から分離できることから、取り付けの自由度も大きく向上する。

さらに、生産性、歩留まりを向上させるうえで重要な装置の故障を未然に防止して予防保全が容易に実現できる同社独自のヘルスインデックス機能を搭載している。この機能は調節計本来の制御演算機能が扱う制御出力などを利用し、モデルリファレンスにより、制御ループの健全性を数値化し診断する。

https://www.compoclub.com/