アズビル「第4次産業革命に貢献」北條 良光 取締役執行役員常務 アドバンスオートメーションカンパニー社長

2017年1月11日

国内経済は雇用や所得環境において緩やかな回復傾向が見られたものの、内需・外需とも長期的な足踏み状態が続いた。円高進行による収益悪化懸念や海外情勢の不透明感などから、製造業を中心として設備投資にも慎重な姿勢が見られる。一方海外では、先行きに不安はあるものの、中国での景気減速の動きに一服感が見られ、米国では個人消費や製造業の景況感が改善、欧州でも緩やかな景気回復の動きが見られる。 このような経済・事業環境の中、アズビルは「人を中心としたオートメーション」の理念のもと、製品・技術・サービスを活用したアズビルならではのソリューションを展開している。昨今は第4次産業革命に代表される新たな潮流への対応とし…