vps の検索結果

富士通 支援ツール「VPS」新バージョン、生産準備を効率化

富士通は、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)の生産準備業務のデジタル化支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINAデジタル生産準備VPS」シリーズで、製品の組み立てで使用する部品や作業手順、場所、設備や治工具、製造ノウハウといったデータ(工程情報)を紐付けて蓄積・管理するBill of Process(BOP)の作成機能を強化した新バージョンを発売開始する。 「VPS Standard」と「VPS Manufacturing」では、BOPを過去機種モデルから新機種モデルに流用することが可能となり、VPS上での工程順序や工程情報を従来…


富士通 デジタル生産準備VPS、無償提供

富士通は、在宅勤務を行っている製造業企業に対し、生産準備工程の支援ツールである「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA(コルミナ)デジタル生産準備VPS(ブイピーエス)」シリーズを無償提供する。期間は7月31日まで。 同ツールは、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)が開発した、製造業における生産準備業務を支援するツール。 CADで作成した製造製品の3次元モデルデータを活用し、実際の製品がなくても検証作業や組立工程検討、製造ラインのレイアウト検討、各種ドキュメント作成が可能になる。 今回、在宅勤務を推進する製造業企業を対象に、VPSとデータを…


富士通 デジタル生産準備ツール「VPS」、新バージョン発売スタート

工程順・階層構造 ツリーで一覧表示 富士通は、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)のデジタル生産準備ツール「VPS」の新バージョン「V15L21」を、8月5日から販売開始した。 同製品は、製品の設計CAD構成から「VPS」の組み立て構成画面を作成し、目で見て確認しながら作業の手順や工数などを編集できるデジタル生産準備ツール。組立製造業を中心に、これまでに832社、4987ライセンスが採用されている。 新バージョンはBOP活用を重視し、何を、どの部品で、どこで、どのように組み立てるのかといった製造情報を工程ごとに集約し、工程の順番や階層構造を工程ツリー画面として一覧で表示する機能を新たに追加。工程…


富士通 生産準備ツール「VPS」 現場とデータ一体化

富士通は、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)が開発した、製品の組み立て工程検討を3次元モデルで支援するデジタル生産準備ツール「VPS」の新製品の発売を開始した。 同製品は、CADで作成した製品の3次元モデルデータを活用し、製品組み立て時の工程検討、製造ラインのレイアウト検討、製造用ドキュメント作成、生産設備の制御ソフトウェア検証をカバーし、スムーズな量産立ち上げを支援するパッケージソフトウェア。 今回、設計変更や現場カイゼンで変化する組み立て工程とVPSのデータを一体化するため、組み立て動画作成機能と設計変更対応機能を強化。CADを正とした場合の設計に加え、BOMを正とした工程設計の両方に対応…


【アフターコロナの製造業の働き方とDXを考える】富士通、生産準備もリモートワークで

生産準備支援ツール「VPS」無償提供 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、製造業のなかでも特に営業販売や管理などオフィス系業務でリモートワークが広がった。しかしその一方で、製品開発から生産準備、生産、保守といったいわゆる工場生産にまつわる業務は従来どおりのやり方で粛々と行われた。 コロナ禍を経て働き方改革の声が強まり、デジタル技術の活用やリモートワーク推進が加速するなか、工場生産系の業務も変わることができるのか?  富士通とデジタルプロセスは、4月末から生産準備業務のリモート作業を可能にする「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA…


アフターコロナの製造業の働き方改革とDX 富士通、生産準備ツール無償提供

アフターコロナの製造業の働き方とDXを考える 生産準備業務もリモートワークで 富士通、生産準備支援ツール「VPS」無償提供 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け、製造業のなかでも特に営業販売や管理などオフィス系業務でリモートワークが広がった。しかしその一方で、製品開発から生産準備、生産、保守といったいわゆる工場生産にまつわる業務は従来どおりのやり方で粛々と行われた。コロナ禍を経て働き方改革の声が強まり、デジタル技術の活用やリモートワーク推進が加速するなか、工場生産系の業務も変わることができるのか? 富士通とデジタルプロセスは、4月末から生産準備業務のリモート作業を可能にする「FUJITS…


速報取材レポート「日本ものづくりワールド2019」第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)

2019年2月6日(水)〜8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「日本ものづくりワールド2019」。 製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的に開催される総合展示会で、合計7つの展示会で構成されます。 第30回 設計・製造ソリューション展(DMS) 第23回 機械要素技術展(M-Tech) 第27回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR) 第1回 ものづくりAI/IoT展 第1回 次世代3Dプリンタ展 第1回 航空・宇宙機器 開発展(AeroTech) 第1回 工場設備・備品展(FacTex) 今回は国内外2,600社が出展、…


日本航空電子工業 急速充電器用コネクタ開発 CHAdeMO規格準拠

日本航空電子工業は、CHAdeMO(CHAdeMO協議会が標準規格として提案する急速充電器の商標名)仕様に準拠し、高強度、軽量、かつ操作性に優れたV2H(Vehicle to Home)システム用コネクタ「KW02」シリーズを開発。10月から一般販売を開始する。 近年、電気自動車の大容量蓄電能力を活用すべく、停電時などに家庭へ電力を供給するV2H、車両から電力系統に電力を供給するV2G(Vehicle to Grid)などの取り組みが進められている。 この状況を踏まえ、同社では、一般ユーザーが容易かつ安全に大電力を扱うことを可能にするコネクタを開発。外殻に樹脂を採用することにより高強度と軽量化…


IoT時代の 製造業ITソリューション(9)

ソフトウエアベンダーの動き 実際のソフトウエアベンダーの動きをみてみよう。PLM世界市場で、最大のシェアを持つのはダッソー・システムズである(矢野経済研究所調べ)。 同社は、2013年に有力MOM/MESベンダーであるアプリソ社を買収した。現在、アプリソはダッソー・システムズのデジタルファクトリー「DELIMIA」に統合されている。 また、シーメンス(シーメンスPLMソフトウエアが同シェア2位 矢野経済研究所調べ)も有力MOM/MESベンダーのキャムスター社を2014年に買収している。同シェア3位のPTCはIoT基盤ベンダーであるThingWorx社を2014年に買収した。 PTCは2015年…


アマダ、先進工場を提案~アマダイノベーションフェア2015~

アマダは、神奈川県伊勢原市の本社アマダ・ソリューションセンターで、同社のプライベートイベント「AMADA INNOVATION FAIR2015」を開催している。会期は27日(土)までの毎週金・土曜日。期間中に国内外から5000人の来場を予定している。 同フェアは、「V―FACTORY 先進デジタル工場のご提案」をメインコンセプトとし、インダストリー4.0やIoT、次世代ものづくりといった時流に合わせた最新のソリューションと加工技術を紹介。 会場内は4つのエリアに分かれ、メインとなるのが、近未来工場を提案する「V―FACTORY2015エリア」。V―FACTORYのVは、Visual(見える化…