富士通 支援ツール「VPS」新バージョン、生産準備を効率化

富士通は、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)の生産準備業務のデジタル化支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINAデジタル生産準備VPS」シリーズで、製品の組み立てで使用する部品や作業手順、場所、設備や治工具、製造ノウハウといったデータ(工程情報)を紐付けて蓄積・管理するBill of Process(BOP)の作成機能を強化した新バージョンを発売開始する。

「VPS Standard」と「VPS Manufacturing」では、BOPを過去機種モデルから新機種モデルに流用することが可能となり、VPS上での工程順序や工程情報を従来比2分の1の時間で作成できる。

QC工程図や工程FMEA表に必要な情報を表形式で入力できる機能、設計の変更情報を反映する設計変更対応機能等を強化した。

「VPS GP4」では、製造ラインのレイアウト検討を行う際に、設備を製造ライン上に自動配置する機能を搭載。レイアウト作成時間が従来比20%削減し、検討の前倒しと短期化が図れるようになる。また、生産性検討を行う際、工程間の中間仕掛品を含む作業手順を検討する機能を強化している。

工程情報の流用によるBOP作成の効率化イメージ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG