富士通 生産準備ツール「VPS」 現場とデータ一体化

2017年6月7日

富士通は、デジタルプロセス(神奈川県厚木市)が開発した、製品の組み立て工程検討を3次元モデルで支援するデジタル生産準備ツール「VPS」の新製品の発売を開始した。 同製品は、CADで作成した製品の3次元モデルデータを活用し、製品組み立て時の工程検討、製造ラインのレイアウト検討、製造用ドキュメント作成、生産設備の制御ソフトウェア検証をカバーし、スムーズな量産立ち上げを支援するパッケージソフトウェア。 今回、設計変更や現場カイゼンで変化する組み立て工程とVPSのデータを一体化するため、組み立て動画作成機能と設計変更対応機能を強化。CADを正とした場合の設計に加え、BOMを正とした工程設計の両方に対応…