Search Results for plm

シーメンス グローバル・プロバイダーを買収 自動車業界向けPLMソフトウェア製品強化

シーメンスは、オランダ・TASS Internationalの全株式を取得して、デジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウェアに事業統合する。 TASS Internationalは、自動運転システム、総合安全システム、先進運転支援システム(ADAS)、タイヤのモデリングを対象に、主に自動車業界にシミュレーション・ソフトウェアと、エンジニアリング/テスト・サービスを提供しているグローバル・プロバイダー。 同社が開発した、自動車メーカーやサプライヤー、政府機関に向けたソフトウェア「PreScan」は、複雑な交通シナリオのシミュレーション、自動運転ソリューションと…


キヤノンITSとPTCジャパン スマートPLMサポートサービス開始

ものづくりでテレワーク可能 キヤノンITソリューションズ(東京都品川区)とPTCジャパン(東京都新宿区)は、クラウドPLMとクラウド型テレワークシステム、導入支援とサポートを行うエンジニアリングサービスを組み合わせた「スマートPLMサポートサービス」を開始する。リモートでも業務できるセキュアな環境を整備してワークスタイル変革に対応。またクラウドPLMとエンジニアリングサービスによって、中堅中小企業のPLM導入、デジタル化の第一歩に最適なソリューションとなっている。 クラウドPLM「PTC PLM Cloud」は、Windchillをベースとし、世界で150万ライセンス以上の導入実績を持つ。遠隔…


シーメンスPLM 新技術活用・推進が大切 デジタル化対応遅れ 存続に影響

シーメンスPLMソフトウエアは6月9日、年次イベント「Siemens PLM Connection Japan2017」を東京ヒルトンお台場で開催した。それに合わせ、グローバルセールス、マーケティング、サービス担当のロバート・ジョーンズエグゼクティブ・バイスプレジデントが来日し、最新のグローバル事業戦略とデジタライゼーションについて解説した。 ジョーンズ氏ははじめにアクセンチュアCEOの「2000年以降、フォーチュン500社の半数以上が消えた主な原因はデジタルにある」との言葉を引用し、デジタル化への対応の遅れが企業の存続に大きく影響することを指摘。失敗する原因として「デジタルを戦略の中心に置い…


シーメンスPLMソフトウェア Parasolidカンファレンス 21日に品川で開催

シーメンスPLMソフトウェアは4月21日、東京・品川のTKP品川カンファレンスセンターANNEXで「Parasolid Innovation Conference Japan 2017」を開催する。参加は無料。 Parasolidは同社のNX、Solid Edgeに搭載されている3Dモデリング・コンポーネントソフトウエア。当日は、リコーICT研究所の佐藤敏明技師長による「インダストリ4.0の時代にやるべきこと」と題して、ビッグデータやAIを活用した最新の取り組み事例についての基調講演のほか、さまざまなCAD/CAM/CAE製品のモデリングエンジンとして使われている同ソフトの最新技術情報の発表や…


シーメンス メンター買収完了 PLMとEDAの融合

シーメンスによるメンター・グラフィックスの買収が完了した。メンター・グラフィックスはEDAソフトウエアの世界的メーカーであり、今後はシーメンスの製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウエアのビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウエアに加わることとなる。 産業用ソフトウエアの世界大手サプライヤーが誕生し、PLMソフトウエアとEDAソフトウエアの融合により、スマート製品の複雑な開発ニーズを満たせるとしている。 シーメンスPLMソフトウエアのTony Hemmelgarnプレジデント兼CEOは、「メンターが提供しているEDAソフトウエア・スイートは当社が目指す顧客基盤の拡大、デジタル・エンタ…


IoT時代の製造業ITソリューション(5)~マネジメントツールとの合流、PLMへ~

マネジメントツールでも1970年代に大きな進展があった。MRP(Material Re quirements Planning=資材所要量計画)が登場し、生産計画や発注量計算などの業務効率化が志向されるようになってきた。在庫管理や部品表などのデータベース群も同時期に整備されるようになり、製造業は各所でITツールを活用しはじめていた。 MRPはBOM(Bill of Materials)に発展した。BOMは、現在の組立型製造業において、もっとも重要で、かつ、最大のシステムとなっている。自動車を例にとると、1台につき3万点から5万点もの部品があり、さらに仕向け地ごとに使用する部品が変更される。その…


IoT・スマートファクトリー 3DCAD、PLMからIoTプラットフォームまで 「工場の見える化」を技術で後押し

「PTC Creo」「PTC Windchill」など各種ソリューションをそろえ、3DCADやPLMの世界トップメーカーとして製品の設計データを作る設計開発工程から生産、サービスまで一連の工程を支えているPTCジャパン。IoTに対してもGEとパートナー契約を結ぶなど積極的に展開している。IoTに対する取り組みについて成田裕次製品事業部執行役員に話を聞いた。 -CADやPLMのイメージが強い御社が、IoTに取り組み始めたのは? 2013年にIoTアプリケーションの開発プラットフォーム「ThingWorx」と、クラウド接続のトッププロバイダ「Axeda」を買収し、IoT市場に参入した。 当初は、製…


PLM白書「日本の製造業における生産計画の実態について」のダウンロード

この度、オートメーション新聞では、株式会社FAナビ(東京都港区芝2―3―12、TEL03―6699―3241、天野眞也社長)と共同で、「日本の製造業における生産計画の実態について」と題したレポートを発行いたしました。  本レポートでは、日本と他先進国との差分が「計画力」にあると仮説を立て、技術者の方々へのアンケート調査等に基づき、現状の問題点と解決の道筋を明らかにしています。オートメーション新聞ウェブ版にログインすると、以下よりレポートをダウンロードいただけます。 PLM白書「日本の製造業における生産計画の実態について」をダウンロードする


新社長に堀田氏 シーメンスPLMソフトウェア

シーメンスPLMソフトウェア(東京都渋谷区代々木2―2―1、TEL03―5354―6700)の新社長に10月1日で堀田邦彦氏が就任した。堀田氏はシーメンスが今年1月に買収したLMSインターナショナルの日本法人、エルエムエス・ジャパンの社長も務めており、また、米シーメンスPLMソフトウェアのバイスプレジデントも兼務する。 社長就任にあたって、堀田氏は「すべてのコンポーネントを意義あるものにする新しいシステムズ・エンジニアリングを確立したい」と語っている。


シーメンスPLMソフトウェアのDMS展示ブース

△日時=6月19日(水)~21日(金)午前10時~午後6時(21日のみ午後5時) △会場=東京ビッグサイト東2ホール(小間番号18―42)。 有識者による無料セミナーや、抽選で〓Pad miniなどの豪華プレゼントも用意している。 抽選でギフトカードが当たる!! シーメンスPLMソフトウェアは「Solid Edge」設計・製造ソリューション展記念キャンペーンを行っている。 アンケートに答えた方から抽選で5名にAmazonギフトカード5000円分が当たる。 応募は(http://sest‐campaign.jp/)まで。応募締切は2013年6月30日(日)。