シーメンス、日産自動車の新型EV生産ラインをデジタル化

シーメンスは、日産自動車の栃木工場で生産する新型クロスオーバーEV「アリア」の生産ラインの立ち上げについて、PLMなど従来のIT領域に加え、現場のPLCやネットワーク、デジタルプラットフォームを含めたOT領域に拡大し支援を行った。

両社はこれまで主にPLMなどソフトウェア分野で協力し、設計と生産に活用してきたが、日産は新たなEVの生産・組立ラインの標準化を目指すにあたってその適用範囲を製造領域に拡大。ハードウェアとしてシーメンスのPLC「Simatic S7-1500」と「ET200SP分散型 I/Oモジュール」を使い、産業用ネットワークPROFINETで接続。さらにTIAポータルで機器を統合管理。これにより計画作成から統合的な設計・エンジニアリング、オペレーションまでデジタル化を実現している。

https://press.siemens.com/jp/ja/pressrelease/pr-20220830?ste_sid=276e15f3367320c5f1186cdd96128d0d

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG