IoT時代の製造業ITソリューション(5)~マネジメントツールとの合流、PLMへ~

2016年9月28日

マネジメントツールでも1970年代に大きな進展があった。MRP(Material Re quirements Planning=資材所要量計画)が登場し、生産計画や発注量計算などの業務効率化が志向されるようになってきた。在庫管理や部品表などのデータベース群も同時期に整備されるようになり、製造業は各所でITツールを活用しはじめていた。 MRPはBOM(Bill of Materials)に発展した。BOMは、現在の組立型製造業において、もっとも重要で、かつ、最大のシステムとなっている。自動車を例にとると、1台につき3万点から5万点もの部品があり、さらに仕向け地ごとに使用する部品が変更される。その…