キヤノンITSとPTCジャパン スマートPLMサポートサービス開始

ものづくりでテレワーク可能

キヤノンITソリューションズ(東京都品川区)とPTCジャパン(東京都新宿区)は、クラウドPLMとクラウド型テレワークシステム、導入支援とサポートを行うエンジニアリングサービスを組み合わせた「スマートPLMサポートサービス」を開始する。リモートでも業務できるセキュアな環境を整備してワークスタイル変革に対応。またクラウドPLMとエンジニアリングサービスによって、中堅中小企業のPLM導入、デジタル化の第一歩に最適なソリューションとなっている。

クラウドPLM「PTC PLM Cloud」は、Windchillをベースとし、世界で150万ライセンス以上の導入実績を持つ。遠隔・社外間のコラボやデータ共有に特化し、セキュアで高い生産性でテレワークに最適。オンプレ型のPLMに比べてコストを抑えて短期間で導入でき、PLMを初めて使うような中堅中小企業にも適している。

クラウド型テレワークシステム「テレワークサポーター」は、パスワードに加えてPCのカメラを通じた顔認証で本人確認と在席・理席を管理し、なりすましや覗き込み防止機能でセキュアな環境を実現。勤務状況もデータ化して見える化して勤務管理、評価が可能。これら2つのシステムを融合したソリューションとなっている。

またキヤノンITソリューションズはキヤノングループのCADやPLM導入と運用を担ってきた実績があり、そのノウハウを活かした導入支援や運用サポートも実施。独自開発のPLM簡単スターターキットも用意し、複雑な設定作業を簡単な設定だけでクイックスタートを可能としている。

価格は、1年間で1200万円から。クラウドPLM基本ライセンス15ユーザーとテレワークサポーター5ユーザー、導入支援のエンジニアリングサービスが付いている。また同サービスを含めた技術や製品を紹介するセミナーを9月に東京と大阪、名古屋で開催する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG