nttコミュニケーションズ の検索結果

NTTコミュニケーションズ・太平洋工業・岐阜大 AI活用し故障予知実験

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、太平洋工業、および岐阜大学は、太平洋工業の工場内で収集した製造機械の動作音や振動データをAIを用いて解析し、検知した動作音や振動の変化から製造機械の故障を予知する実証実験を2017年12月18日から開始した。 同実験では、NTTコムが太平洋工業の工場内に取り付けた集音マイクを通じて製造機械の動作音データをクラウド上に蓄積。その後、NTT研究所の「ノイズキャンセル技術」、および同グループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用した「音の特徴解析技術」と「正常音とのずれを検知するモデル」を用いて、収集した動作音が正常かどうかを判別するシステムの開発を…


NTTコミュニケーションズ 新プラットフォーム発売 簡単操作でIoT設定

NTTコミュニケーションズは、エンド・ツー・エンドで企業のIoT導入を実現する「IoT Platform」サービスのラインアップとして、「Things Cloud」の提供を開始した。初期料金は無料で、基本料金は11万8000円/月額。 同サービスは簡単な操作でクラウド環境と接続が可能な、データ収集のためのプログラムがあらかじめ設定されているエージェント搭載デバイスが接続可能なため、高度なプログラミングスキルは不要。 IoT向けにデータを可視化できる豊富なウィジェットを取りそろえており、収集したIoTデータの表示やアラームなどの設定、外部アプリケーションとの連携などを、直観的なユーザーインターフ…


NTTコミュニケーションズ IoT向けサービス開始 製品の遠隔監視や保守

NTTコミュニケーションズは、セキュアなIoT環境をワンストップで実現する「IoT Platform」サービスのラインアップとして、遠隔での製品管理を実現するクラウドベースのIndustrial IoT向けサービス、「Machine Cloud」を8月29日から提供開始した。 利用されている製品群(工場で稼働する機器や、出荷された産業機器)の稼働状況を収集・分析でき、当該製品の製造・販売・保守を行うユーザーは、故障の予兆検知・遠隔保守のコスト軽減・より利用者に適した製品の提案などが可能となる。 ユーザーは、対象となる機器に通信デバイスを接続し、クラウドに機器の情報を収集・蓄積、Web画面で稼働…


NTTコミュニケーションズ 製造業向けIoTプラットフォームのサービスを開始

NTTコミュニケーションズは、セキュアなIoT環境をワンストップで実現する「IoT Platform」サービスを開始する。第1弾として16日から製造業向けの「IoT Platform Factoryパッケージ」を提供する。 同製品は、IoTの導入に必要なデータ収集・分析アプリケーション、セキュアなネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサ類に接続するデバイスをまとめて提供する。クラウドサービスとして提供し、産業機器やセンサ類から取得したデータを、クラウド基盤に集積して、工場と工場間、工場と本社オフィスの間などでデータの共有・活用を行うことができる。 個別システム構築に比べ導入に必要な…


NTTコミュニケーションズ 「産業向けからIoT推進」 岡敦子理事経営企画部IoT推進室室長

IoTの盛り上がりに合わせ、昨年8月にIoT推進室を発足させた。これまでも、大林組とのウエアラブルセンサを使った建設現場の安全確保の実証実験や、Virtual Engineering Communityとの製造現場とクラウド間の、セキュアな通信の実証実験などの取り組みを行ってきたが、そこで得たノウハウを基にサービス化を目的として組織を立ち上げた。クラウドやネットワーク、カスタマーサービスなど社内の各部門から横断的にメンバーが集まり、専担25人体制でIoTのサービス化を進めている。 現在、産業向けを注力分野として、「データの見える化」を手早くセキュアにできる「IoTトライアルパックConnect…


NTTコミュニケーションズ IoT推進室を新設 パートナー企業との連携促進

NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区内幸町1―1―6、TEL0120―506―506、庄司哲也社長)は1日、企業ユーザーがグローバル・セキュアなIoT環境を容易に活用できるIoTソリューションを強化するための専門組織「IoT推進室」を新設した。IoTソリューションに向けたサービス開発と、アプリケーションプラットフォーム事業者、デバイス事業者などのパートナー企業との連携を進めていく。 同社はIoTソリューションに向けて四つのサービスを提供していく。一つはIoTデバイスから収集したデータの蓄積・可視化・分析等を行うアプリケーションプラットフォーム、二つ目がクラウドやデータセンターに直結したセ…


富士通とファナック、NTTコム、製造業DX実現をサポートする新会社。その狙いとは?

 富士通とファナック、NTTコミュニケーションズは、メーカーや商社、システムインテグレーター、機械・装置を利用するユーザー企業など、製造業・ものづくり業界に関わる企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現を下支えするサービスを提供する新会社「株式会社DUCNET(ディーユーシーネット)」を11月に設立する。代表取締役は富士通 COLMINA事業本部 戦略企画統括部 シニアディレクター 田中隆之氏が就任する。  3社は日本の製造業のDXの現状について、「個社単位での対策やシステム投資には限界があり、「協調領域」において業界全体でユーテリティ化(共通利用化)することが必要」との共通認識を持…


DMG森精機×NTT Com ローカル5Gで共同実験、AGVを遠隔操作

DMG森精機とNTTコミュニケーションズは、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載した自律走行型ロボット(AGV)の遠隔操作などを行う共同実験を5月21日から開始した。 ローカル5Gは、企業や自治体が自らの建物や敷地内で5Gネットワークを構築して利用でき、超高速、多数同時接続が可能、低遅延などの特性を持つ。両社はローカル5Gを活用することで、高精細な位置情報・詳細な稼働情報取得による自動走行の精度向上や安全性向上、エッジコンピューティング側でのデータ処理負荷軽減による車体の軽量化などAGVの高性能化や、生産現場の自動化、DX推進に向けた可用性などを検討する。 実験は、DMG森…


NTTコムとPwC マッチングプラットフォーム開始、設計・調達効率アップ7月から実証実験

NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングは、デジタル設計データを活用して製造業の設計・調達関連業務の効率化を実現するデジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)を7月から共同で実証実験を開始し、2020年度中の商用化を目指す。 同サービスは共創と協調領域を拡大することをコンセプトとし、「設計から調達に係る業務効率を向上」と「さまざまな企業がつながる場を提供し、受発注の関係性を最適にデザイン」に向けた機能を提供する。 メーカー(発注)側には、設計担当者向けに部品発注に必要な仕様・補足情報をクラウド上で一元的に管理する機能や、類似部品解析AIを活用し過去の設計データを類似部品ごと…


速報取材レポート公開!2018 Japan IT Week 秋「第4回 IoT/M2M展【秋】」

2018年10月24日(水)~26日(金)の3日間、幕張メッセで開催中の「2018 Japan IT Week 秋」。 第8回 クラウド コンピューティングEXPO【秋】 第8回 情報セキュリティ EXPO【秋】 第8回 Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】 第8回 モバイル活用展【秋】 第7回 データセンター展【秋】 第7回 ビッグデータ活用展【秋】 第6回 通販ソリューション展【秋】 第4回 IoT/M2M展【秋】 第2回 店舗ITソリューション展【秋】 第2回 AI・業務自動化展【秋】 これら10の専門展で構成され、最新のIT技術・ソリューションが一堂に会す展示会で…