NTTコムとオムロン、製造業DXに向けて共創 ITとOTの融合、企業間データ連携を提供

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とオムロンは、製造業DXに向けた共創を開始する。NTTコムの得意とするIT領域の技術と、オムロンが専門とするOTの技術を連携したソリューション開発を進め、グローバルへ展開する。

製造現場の脱炭素化は、自社工場だけでなくサプライチェーン全体を考慮する必要があるが、製造現場のCO2排出量等のデータは各社のOT・製造現場が保有しており、全体最適には各社が連携してIT領域でデータを共有して取り組む必要がある。しかしデータ主権の保護などが障害となり、企業間データ連携は進んでいない。

それに対し両者は、2021年度からGaia-Xへの対応に関する企業間データ連携のトライアルに共同で取り組んでおり、今回その取り組みを拡大。日本におけるOT領域のデータを、IT領域でデータ主権を保護しながら企業間で共有・活用できるソリューション開発を進める。

具体的には、NTTコムのデータ利活用プラットフォーム「SDPF」やNTTコムとNTTデータのデータ連携プラットフォームを活用してCatena-Xなどとの相互接続を実現するほか、IT領域にあるプラットフォームとOT領域のデータを安全に接続するための相互接続検証、生産性とエネルギー効率を両立したものづくり現場構築ソリューションをワンストップで提供していく。これによりものづくり企業は、日本で安心安全な企業間データ連携の仕組みを使え、さらにGaia-Xなどグローバルのデータ連携プラットフォームにもスムーズに接続でき、生産性・エネルギー効率の高い製造現場を実現できるようになる。

https://www.ntt.com/index.html

https://www.omron.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG