横河電機/横河ソリューションサービス/横河計測/横河デジタル DXによる革新的なMONODZUKURIの実践 製造業のDXと脱炭素化を支援 【計測展2022 OSAKA出展情報】

横河電機、横河ソリューションサービス、横河計測と、7月に設立された新会社横河デジタルは、「DXによる革新的なMONODZUKURIの実践」をテーマに出展する。小間番号1。

製造業の重要な課題である工場のSmart化、脱炭素、設備管理最適化、安全・安心の確保を支援する代表的なソリューションと、クラウドやAIなどのDXに貢献する技術、計測機器の点検・校正に役立つ製品を展示する。

 見どころは、生産設備のパイプラインにおけるつまりを、ロボットの巡回によって収集した音データからAI解析で予知・予兆診断する取り組み。NEDOとの実証実験の状況を紹介する。

また、さまざまな生産設備やシステムからデータを収集し、デジタル化のデータ統合・活用に貢献する統合情報サーバ(CI Server)、NTTコミュニケーションズとともに今年の4月から提供を開始したAIプラント運転支援ソリューションの展示にも注目したい。

リアル展では再エネを活用した脱炭素経営、DXの社内事例、製造業向けDXに関する3つのテーマで出展者セミナーを実施。オンライン展では、「製造業の経営と現場をつなぎDXを支援する横河デジタル」をテーマにスポンサードセッションを行う。 

(https://www.yokogawa.co.jp/news/events/2022/2022-osaka/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG