横河ソリューション、NTTコム AⅠプラント運転支援ソリューション 実証成功 年度内実用化へ

横河ソリューションサービスとNTTコミュニケーションズは、自動制御が困難なため手動オペレーションが不可欠なプラント運転をAIにより支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を、JNC石油化学市原製造所に導入し、実証実験に成功した。

このソリューションは、プラントに蓄積されたプロセスデータと現場の運転員の知見をもとに、手動オペレーションを模倣学習でモデル化。稼働中のプロセスデータにそのモデルを適用することで、AIが運転員に手動オペレーションの推奨値をガイダンス表示するとともに、その根拠を提示するもの。

横河が提供するプラント制御改善コンサルティングのノウハウと、NTTが提供するAI開発ツール「Node―AI」により作成されたAIモデル、「アトリビューションマップ作成技術」による要因可視化を組み合わせ実現した。

本実験は、運転員による手動オペレーションが不可欠なプラント運転において、運転中のプロセスデータからAIが提示した推奨値を運転員にガイダンス表示し、手動オペレーションに反映することで、さまざまな経験年数の運転員への支援に対する本ソリューションの実用性を評価するもの。

両社は、本実験の結果をもとに本ソリューションのさらなる改善に取り組み、2021年度中に商用化を予定。また、化学プラント以外の業界への展開も検討していく。

https://www.yokogawa.co.jp/about/yjp/

https://www.ntt.com/index.html

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る