DMG森精機×NTT Com ローカル5Gで共同実験、AGVを遠隔操作

2020年6月3日

DMG森精機とNTTコミュニケーションズは、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載した自律走行型ロボット(AGV)の遠隔操作などを行う共同実験を5月21日から開始した。

ローカル5Gは、企業や自治体が自らの建物や敷地内で5Gネットワークを構築して利用でき、超高速、多数同時接続が可能、低遅延などの特性を持つ。両社はローカル5Gを活用することで、高精細な位置情報・詳細な稼働情報取得による自動走行の精度向上や安全性向上、エッジコンピューティング側でのデータ処理負荷軽減による車体の軽量化などAGVの高性能化や、生産現場の自動化、DX推進に向けた可用性などを検討する。

実験は、DMG森精機の伊賀事業所内にローカル5Gネットワークを構築し、電波伝搬試験、通信品質試験、AGVの遠隔操作試験などを行う。今後は、確認された課題に応じさらなる検証を行い、本格導入に向けた検討を進めるとし、複数のAGVや設備をつなげて工場全体のデジタル監視を行うなど、より高度な製品開発やソリューション提供を目指すとしている。実験期間は2021年4月まで。

DMG森精機が開発中のAGV「WH-AGV5」