横河ソリュ&NTTコム AIでプラント運転 ソリューション提供開始

横河ソリューションサービスとNTTコミュニケーションズは、化学プラントの運転をAIで支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、稼働中の化学プラント内各種センサから取得した温度や圧力などのプロセスデータをもとに、AIモデルが運転員に手動オペレーションの推奨値をガイダンス表示するもの。推奨値は、蓄積された運転員の操作履歴の中から現状に近い状況で収集された操作履歴などを抽出して自動で再学習し、そこから新たな環境に沿ったルールを導き出し、生産量や外部気温など周辺環境が変化した場合でも環境の変化に適応し、常に最適な手動オペレーションの値となっている。推奨値は根拠も一緒に示すことによって運転員は納得感を持ってオペレーションに向かい、ミスなく行えるようになる。

同ソリューションはアジャイル開発を採用し、現場ニーズを踏まえた機能追加などは、通常は数カ月かかるところを1カ月ほどで迅速な対応が可能になっている。

導入の流れは、プラントに蓄積されたプロセスデータを預かってソリューションとの適合性を確認し、適合した場合は顧客向けのAIモデル構築と、現場での実用性を評価する実地検証を実施。評価結果をもとに最終的に導入可否の判断を下す。

横河ソリューションサービスが、ソリューションの開発・販売、適合性確認、AIモデル構築、実地検証を担当し、NTTコムがソリューションに必要となる技術開発、本ソリューションの開発・保守・運用を担う。

https://www.yokogawa.co.jp/about/yjp/

https://www.ntt.com/index.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG