lmガイド の検索結果

THK「LMガイドアクチュエータ」 左右ねじ仕様を採用

THKは、駆動部のボールねじ軸に左右ねじを採用したLMガイドアクチュエータ「KR-RL形」を2月9日から受注開始する。 同製品は、LMガイド、ボールねじのコンポーネント製品をモジュール化し、コンパクト・高剛性・高精度をKR形から継承している。ボールねじ軸には、左右対称に同時駆動できる左右ねじを採用し、1つのモータで把持し開閉の動作を実現する。主に電子部品業界や自動車部品業界をターゲットとし、FA自動化工程の全自動ワイヤストリッパ(ケーブル端末の皮剥ぎ)の刃物移動部をはじめ、ロボットの電動グリッパ、ねじ締め機、ディスペンサ等での用途に最適となっている。


THK、OMINIedge、FIELD systemと連携開始 LMガイド、ボールねじと装置全体の同時モニタリングが可能に

 THKは、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の機能を強化・拡大し、ファナックが提供する製造業向けオープンプラットフォーム「FIELD system」との連携を、2021年4月から開始する。  同サービスは、LMガイドやボールねじなど機械要素部品の状態を通信網を使って数値化し、予兆検知を実現するIoTシステム。LMガイドやボールねじは高精度位置決めが求められる工作機械や産業用ロボットのキーパーツとなっており、精度の要として直動部品の状態の見える化や予兆検知へのニーズが高い。  今回、FIELD systemと連携し、第一弾としてOMNIedge搭載部品のモニタリング機…


THKとドコモ、シスコ、CTC LMガイドの状態監視サービス開始

THKとNTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は12月18日から、THKの直動製品「LMガイド」の状態監視を通じて異常や故障を早期発見し、装置の保全業務を効率化につなげる製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の正式受注を開始する。 同サービスは、LMガイドに取り付けたセンサから取得したデータを、シスコのエッジコンピューティングルータ、NTTドコモのLTE回線を通じてTHKのクラウドにアップし、状態を数値化して解析して予兆検知ができるサービス。WEB上でのモニタリングに加え、しきい値を超えた場合は発報も可能。装置の状態を数値化することで作業員…


THK、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」の海外対応を開始

THKは、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」のサービス範囲拡充の一環として、2月3日からグローバルSIMの対応を開始した。   オムニエッジは、通信網を使って機械要素部品の状態を数値化し、予兆検知を実現するシステム。第一弾としてLMガイド向けサービス、第二弾はボールねじへの対応、第三弾は現在、回転部品の無償トライアルを実施している。   海外にも工場を構える企業が多い中、コロナ禍で実際に海外へ出向いての現場確認が困難なことから、日本にいながら海外工場をモニタリングして設備保全が可能となるグローバルSIMの対応を開始した。   国内工場と海外工場を同一画面でモニタリング…


THK「ユーティリティスライド」優れた高負荷容量と耐久性

物流、鉄道分野 ターゲット THKは、物流、鉄道分野に向けた新製品として、高負荷容量、耐久性に優れたユーティリティスライド「ATG」を発売する=写真。 同製品は、アウタ/インナレールが前後に伸縮するテレスコピックタイプのスライドレールです。高負荷容量、耐久性に優れ、2条のボール列が安定したスムーズな動きを実現し、スライドレールならではの取付けの容易さも備えている。 従来のスライドレールはATMや自動販売機をはじめ、各種事務機器のスライド部で普及が進む一方、高負荷容量、耐久性の向上へのニーズが高いことから、スライドレールとLMガイド双方の利点を有する同製品のような中間的なユーティリティ・グレード…


THK「オムニエッジ」第2弾 ボールねじの異常可視化、パッケージ型で簡単導入

THKは、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の第二弾として、ボールねじのサービスを提供開始した。 OMNIedgeは、機械要素部品にセンサを取り付け、閉域ネットワークを介して収集したデータを独自のアルゴリズムにより数値化、解析し、状態診断や予兆検知を実現するシステム。2020年1月に第一弾として、LMガイドに対応するサービスの正式販売を開始している。 今回、ボールねじにセンサを装着し、収集したデータを数値化、状態を可視化する独自技術を確立し、ボールねじの異音や異常振動を数値化して検知することが可能となった。これまで、現場作業員の経験と感覚による確認や判断に頼っていた装…


THK アクチュエータ 受注開始、アルミ材で43%の軽量化

THKは、軽量アクチュエータ「ALK形20/45番」をラインアップに追加、受注を開始した=写真。 新製品は、ボディにアルミ材を採用することで、平均43%の軽量化を実現。装置の総重量の軽量化に貢献する。LMガイドの案内機構、ボールねじ、サポートユニットなどを集約したコンパクトな構造となっており、モジュール化によって部品点数・設計工数・組み付け工数の削減が可能。 また、各社モータが取り付けられるよう中間フランジを用意しているため、使い慣れた制御で使用できる。 LMガイドとボールねじは鋼材で構成されており、使用条件に合わせた走行寿命が算出可能。カラーは、装置に合わせたバリエーションを選択でき、主要構…


THK星野常務執行役員に聞く、未来の製造現場は人とヒトがつくる

THK ロボットへの取り組み 世にある機械や装置はすべて部品の集合体。今から50年後の未来、社会生活のあらゆる場所でロボットが働く時代になった時、そこで使われている部品とは一体どんなものだろうか? THK IMT事業部は、ロボットをはじめ新規領域へのビジネスを開拓し、未来に求められる部品を検証。それを次の製品開発へ還元することで部品メーカーとしての基盤強化に取り組んでいる。常務執行役員 産業機器統括本部IMT事業部 星野京延事業部長に話を聞いた。   モジュール化ビジネスで新規分野開拓 —— IMT事業部について教えて下さい 当社はLMガイドやボールねじ等を製造・販売する部品メーカー…


THK 「OmniTHK」開始、マイクロソフト、NSWと連携

THKは、WEBで提供している最適な製品選定や見積もり作成ができる顧客とのコミュニケーションプラットフォームサービス「OmniTHK」について、日本システムウエアと日本マイクロソフトと連携すると発表した。同サービスをMicrosoft Azure上で構築・提供するほか、サービス拡張に向けた技術検証支援やサービス拡販、共同マーケティングなどを共同で行っていく。 同サービスは、THKとエンドユーザー、販売代理店間を連携するコミュニケーション基盤として7月から全面提供を開始している。同社の顧客がこれまで困っていた課題に対してWEBで解決策を提供することで、デジタルによる新たな関係性の構築を目指す。 …


THK、NTTドコモ、シスコシステムズ 予兆検知サービス開始へ。トライアル企業50社募集

THKとNTTドコモ、シスコシステムズは、簡単で安全、グローバルで運用できる予兆検知アプリケーション「OMNI edge(オムニエッジ)」を開発し、2019年春に製造業のユーザー企業を対象に商用化を進める。それに先立ち、試験導入する無償トライアル企業50社を募集している。 同アプリケーションは、LMガイドやボールねじなど同社の製品にセンサを取り付けてデータを収集できる「THK SENSING SYSTEM」に、ネットワークとデータ蓄積・解析基盤をセットにしたシステム。機器から得たデータを、NTTドコモのモバイル回線を通じてデータセンターに送り、そこでデータ分析をして機器の予兆検知を可能にする。…