THK、OMINIedge、FIELD systemと連携開始 LMガイド、ボールねじと装置全体の同時モニタリングが可能に

 THKは、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の機能を強化・拡大し、ファナックが提供する製造業向けオープンプラットフォーム「FIELD system」との連携を、2021年4月から開始する。

 同サービスは、LMガイドやボールねじなど機械要素部品の状態を通信網を使って数値化し、予兆検知を実現するIoTシステム。LMガイドやボールねじは高精度位置決めが求められる工作機械や産業用ロボットのキーパーツとなっており、精度の要として直動部品の状態の見える化や予兆検知へのニーズが高い。

 今回、FIELD systemと連携し、第一弾としてOMNIedge搭載部品のモニタリング機能を提供する。FIELD systemの専用ハードウェア FIELD BASE Proには同サービスのアンプ30台が接続可能で、最大90個(30アンプ×3センサ)の機械要素部品と装置を同時にモニタリングが可能。また、FIELD BASE Proには、500社以上のパートナーが開発したアプリケーションが搭載されるため、装置同士がつながり、複数の機器が共同して製造現場の最適化が可能になる。

 今後は、次の段階としてFIELD systemの独自アプリケーション開発を行っていくほか、別の産業プラットフォームとの連携も進めていく。

https://www.thk.com/?q=jp/node/21571

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG