高速度カメラ の検索結果

フォトロン 100万画素16000fps、小型軽量密閉ボディの高速度カメラ

フォトロン(東京都千代田区)は、高性能でコンパクトな高速度カメラ「FASTCAM Nova Sシリーズ」に、最上位モデルとなる「S16」を追加し、4月7日から発売した。 FASTCAM Nova S16は、100万画素(1024×1024画素)で1万6000コマ/秒、最高撮影速度は110万コマ/秒の高速撮影が可能。従来機種のS12と比較して、筐体サイズはそのままで撮影性能が約25%向上している。 サイズはW120.0×H120.0×D217.2mm、3.3kgと片手で持ち運べる小型軽量の密閉筐体で、最大30Gの耐衝撃性能を備えている。 同社の高速CMOSセンサーを新たに改良し、これまでは撮影が…


フォトロン、100万画素で1万6000fps、ハイエンド・コンパクト高速度カメラ『FASTCAM Nova S16』新発売

フォトロン(東京都千代田区)は、100万画素解像度(1024×1024画素)で16,000コマ/秒、最高撮影速度110万コマ/秒の高速撮影が可能な小型軽量の高速度カメラ『FASTCAM Nova S16』を4月7日に発売する。   製品化の背景 民間企業の研究開発部門や大学・官公庁の最先端の研究開発テーマにおいて、高速度カメラに要求される撮影速度と解像度の性能は年々向上している。 同社では、このようなニーズに応えるべく、高い撮影性能でコンパクトな筐体を実現した高速度カメラ「FASTCAM Nova Sシリーズ」に、最上位モデルとなるS16を開発。従来機種のS12と比較して筐…


フォトロン 手のひらサイズの高速度カメラ発売

高解像度、耐衝撃 フォトロン(東京都千代田区)は、手のひらサイズの筐体に、多数の機能を搭載した万能型の高速度カメラ「FASTCAM Mini CX100」を発売した。 新製品は、268万画素で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能をもつ新高速イメージセンサを搭載したハイスピードカメラ。自動車衝突安全試験の利用に適しており、近年の安全基準強化に伴い、多様な機能を搭載している。 軽量なコンパクトサイズで、耐衝撃性能は150G。設置に便利なカメラ固定用プレートと着脱可能なハンドルが標準装備されている。 1920×1080ピクセルで、1000コマ/秒の撮影が可能となり、暗部でも鮮明な撮影ができる。…


フォトロン、FULL HD解像度で1000コマ/秒! Wi-Fi機能付き手のひらサイズの高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高10,000コマ/秒の撮影性能を持ち、手のひらサイズの筐体の中に多数の機能を搭載した万能型の高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM Mini CX100」を発売いたします。 製品名:FASTCAM Mini CX100 発売日:2019年4月3日   製品化の背景 自動車衝突安全試験では多くの高速度カメラが使用されています。しかし、近年の安全基準強化に伴い、試験内容は多岐にわたり、高速度カメラにも多様な機能が求められるようになってきました。当社では、このようなニーズに応えるべく、手…


フォトロン、最大6ヘッド同時接続可能、自動車衝突安全試験用高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能を持つ超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能な高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM MH6」を、3月5日に発売した。 製品化の背景 自動車の衝突安全試験において、乗員保護や歩行者保護などの安全基準が強化される中、カーテンエアバッグやセンターエアバッグの研究開発が重要視されている。 衝突安全試験では、カーテンエアバッグの展開時に車室内からダミー人形の挙動を鮮明に撮影する必要があるが、高解像度のカメラは筐体が大きいため設置が困難であり、小型のカメラは解像度が低くて鮮…


フォトロン 100万画素で1万2800fps、軽量小型の高速度カメラ

フォトロン(東京都千代田区)は、ハイエンド性能でコンパクトサイズの高速度カメラ「FASTCAM Novaシリーズ」3種類を、11月19日から発売した。 最先端の研究開発分野では、高速度カメラに要求される解像度と撮影速度が年々向上しているが、ハイエンド機種は筐体が大きく重いというのが一般的で、機材の設置場所が限られたり、セッティングが困難、また、データ転送に時間がかかるという課題を抱えている。 「FASTCAM Nova S12」は、新アーキテクチャの採用により、100万画素で毎秒1万2800コマ、最高で毎秒100万コマの撮影が可能。同等サイズの従来品と比べてフルフレームレートは6倍以上、最高撮…


横河計測、統合計測ソフトウェア 複数機器と同期可

横河計測は、複数の異なる測定器の制御、計測、データ収集、レポート作成を行える統合計測ソフトウェアプラットフォーム「IS8000」シリーズを発売開始した。 同製品は、これまで測定器ごとに用意されていたソフトウェアを統合し、統合計測、同期計測環境を実現する。同社製の測定器の操作やデータ収集だけでなく、他社製の高速度カメラやRAMモニターなどの機器にも接続可能となり、各機器の測定を同期させ、データの時間相関を維持することで、複数の機器を用いた同期統合計測が可能になる。 モーター、インバータ開発などで行われるパワーアナライザによる電力測定と、高速データロガーによる多チャンネルアナログ信号測定の同期を可…


シナノケンシ「100周年に向け経営改革」金子 元昭 代表取締役社長

当社は2018年に迎える創業100周年に向けて「企業体質強化」と「ブランド認知向上」のために経営・ビジネス改革を進めており、16年も着実に前進できたと感じている。特に新分野開拓と収益力向上は大きなテーマで、新分野では参入障壁が高いと言われる自動車業界や医療分野にも採用が広がり収益力向上に貢献した。 マルチナショナルではなく、真の意味でのグローバル化も引き続き推進する。本社から一方通行の情報伝達ではなく、年に一度は部署ごとに一堂に集まりミーティングを行っており、情報をしっかり共有している。そのためには英語教育も重要で、引き続き推進していく。 製品単体ではなく制御や通信といった技術も活用し、安心・…


シナノケンシ 「ブランド認知を徹底」 金子元昭代表取締役社長

昨年は「産業向けシステム機器」に注力した。特に1台から購入できる標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」と、高速度カメラ・データロガー・モニターがオールインワンの「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」が顧客に受け入れられた。 特にプレクスモーションは、20%近く売り上げが伸びた。モータ単体ではなく制御を交えた提案を行い、昨年7月には「サーボドライバとステッピングモータのセット(CSB-BZシリーズ)」を発売した。同シリーズはベクトル制御技術を活用し、「起動・停止時の高トルク」「低振動・低騒音」「低発熱による省エネ」を実現している。その結果、採用のハードルが特に高いと言われ…


シナノケンシ 「ブランド認知度を向上」 金子元昭代表取締役社長

2014年度は米国の景気回復や、自動車業界、一般機械業界向け出荷が好調な上、円安による後押しもあり、期初予想を超える成果を残すことができそうだ。今年は特に「産業システム機器」に期待しており、1台から購入できる標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」、高速度カメラ・データロガー・モニターがオールインワンの「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の2ブランドの認知度アップと、そのためのプロモーション活動に注力する。 私達の強みは、モータ単体だけではなく、駆動回路・制御・通信・画像認識などの幅広い技術を用いたソリューションサービスにあると考えている。製品としてではなく、お客様に役…