高速データ転送 の検索結果

日本モレックス 新メザニンコネクター発表 小型で高速データ転送可能

日本モレックス(神奈川県大和市)は、ネットワークやテレコミュニケーションなどの高密度で高速なデータ転送が求められる用途において、実装スペースに制約を受けるアプリケーションに適した低背型のメザニンコネクターファミリー「SEARAYおよびSEARAY Slim」を発表した。 新製品は、基板占有面積を削減しつつ、かつ12.5Gbpsの高速データ転送が可能。複数の嵌合高(7.00~17.00ミリメートル)および極数オプション(SEARAY:90~500、SEARAY Slim:40~200)が利用可能で、ロープロファイルのアプリケーションにおいて高速ディファレンシャルおよびシングルエンド性能を提供する…


日本モレックス バックプレーンコネクタ発表 高速データ転送対応

日本モレックス(神奈川県大和市)は、データ転送速度の高速化、優れた信号整合性および高い信号密度を実現するバックプレーンコネクター「Impel Plus」を発表した。 新製品は、超小型のコンプライアントピンを使用し、優れた高周波デジタル信号特性を実現することで、最大40Gbpsだった従来品よりも高速な最大56Gbpsのデジタル信号伝送を達成。高密度に配置したディファレンシャルペアを採用し、コネクターシステム全体における信号整合性の最適化と機械的絶縁を実現する。 スタッガード(互い違い)ヘッダーピンインターフェイスの採用により少ない力で嵌合でき、組立作業におけるオペレーターの負担を軽減。 IEEE…


丸紅情報システムズ 高速データ転送ソリューション「SilverBullet」取り扱い開始

丸紅情報システムズ(東京都渋谷区渋谷3-12-18、TEL03-5778-8888、伊吹洋二社長)は、Skeed(東京都目黒区目黒1-6-17、TEL03-5487-1032、明石昌也CEO)と高速データ転送ソリューション「SilverBullet」の販売代理店契約を締結。製造業などへオンプレミスでのシステム販売および、クラウドサービスの提供を開始する。 SilverBulletは、回線帯域を効率よく使用することで高速かつ安全にデータを転送するソフトウエア。海外との長距離かつ低品質な回線上における大容量データ送受信で効果を発揮する。 TCPを利用したHTTP・FTP・CIFS・NFSなど標準的…


東芝 「FA3100SS model 1000」 高速データ転送を実現

東芝は、産業用コンピュータとして、ラックマウントタイプ、デスクトップタイプ、スリムタイプ、UPS機能内蔵タイプをはじめ、エントリーモデルなど用途に応じて選べる業界トップレベルのラインアップを誇る。 また、保守サービスもきめ細かなネットワーク体制と多様な内容でユーザーの満足度向上を図っている。 このほど販売を開始したデスクトップタイプの新モデル「FA3100SS model 1000」は、CPUに第3世代インテル Core i7 3615QEプロセッサ(2・3GHZ)を搭載し、処理性能を同社従来機種比約4倍に向上。また、Mobile Intel HM76 ExpressチップセットとECC機能付…


横河計測 ミックスドシグナルオシロスコープ、多チャネルで効率アップ

横河計測は、周波数帯域350MHz、500MHzのミックスドシグナルオシロスコープ「DLM5000」を開発、8月31日から販売開始した。 新製品は、「DLM4000」シリーズの後継機種で、基本性能や操作性がさらに向上。4チャネルモデルと8チャネルモデルをラインアップし、アナログ入力8チャネルとロジック入力16ビット(オプションでロジック入力32ビット)の同時測定が可能。 各モデルとも、アナログ入力で全チャネル同時測定した場合、最高サンプリングレートは従来製品2倍の2.5ギガサンプリング/秒に向上。さらに2021年春までには、同シリーズ2台を接続して高精度な同期測定が行えるオプション機能を発売す…


日本モレックス FFC/FPCコネクタ、71極製品を追加

日本モレックスは、薄型・小型化が求められるさまざまな小型製品に適した「Easy-On-FFC/FPC用 0.20mmピッチバックフリップコネクタ504070シリーズ」の多極化展開として、71極製品を追加した=写真。 同シリーズは、極細ピッチ・低背・小型設計が特長のFFC/FPCコネクタで、高信頼性の高速データ転送が可能。嵌合高さは0.95ミリ、奥行きは3.0ミリで、既存の39、51、61極数品に加えて、シリーズ最大極数の71極製品をラインアップ。 搭載しているバックフリップのアクチュエータは、接続保持力の強度と、モバイルデバイスなどの薄型・小型化設計で使いやすくなっている。上面・下面の両方に接…


日本モレックス Premo FlexケーブルジャンパーにFFC/FPCコネクタFD19用登場

日本モレックスは、耐久性と柔軟性に優れた基板接続を実現する「Premo Flexケーブルジャンパー」に、Easy On FFC/FPCコネクタFD19用ケーブルジャンパーを追加した=写真。 Premo Flexケーブルジャンパーは、多様な産業向けにピッチ幅、ケーブル長、厚さの異なる製品をラインアップしており、折り曲げ可能な柔軟性によって、基板スペースを最大限に活用できる。 新製品は、小型設計の0.5ミリピッチで、狭ピッチが必要とされる小型製品に高速データ転送を提供するFD19向けに最適化されたケーブルジャンパー。51~305mmのケーブル長(10種類)のバリエーションで、極数は6~50と幅広く…


日本モレックス、0.5mmピッチのFFC/FPC用ストレート型コネクター

日本モレックス(神奈川県大和市)は、2ピースタイプの0.5mmピッチ「Easy−On FFC/FPC用ストレート型コネクターFV2Rシリーズ」を発表した。 新製品は、狭ピッチが必要とされる小型製品に、高速データ転送を提供するFFC/FPCコネクター。車載ディスプレイをはじめとした自動車用途、監視カメラ、ドローン、タブレットなどに適している。 36極のストレート型プラグとレセプタクルで構成され、プラグ側にFFCを挿入し、基板側レセプタクルと嵌合する。嵌合は、クリック音によって確実な嵌合を確認できるポジティブロックラッチを搭載。また、グランドターミナルを備えることで振動の大きなアプリケーションに適…


日本航空電子工業 microSD用コネクタ発売

日本航空電子工業は、外部記憶媒体を要する小型端末向けに、高速データ転送メモリー規格UHS-Ⅱ対応のmicroSDカード用プッシュ-プッシュタイプコネクタ「ST50シリーズ」を開発し、このほど発売した。 新製品は、奥行き16.3ミリ、幅13.7ミリ、高さ1.35ミリの小型、薄型設計に加え、熱対策として8点のホールドダウンを配置することにより、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどの設計自由度向上に貢献。 また、カード排出量3.0ミリ確保により、良好な操作性を実現している。 UHS-Ⅱ対応のmicroSDカードに加え、UHS-Ⅰ対応microSDカードおよび、既存ノーマル・ハイスピードmicr…


日本モレックス 「NeoPress高速メザニンシステム」を発表 28Gbpsでデータ転送

日本モレックス(神奈川県大和市、梶純一社長)は、プリント回路基板(PCB)の配線用として、28Gbpsの高速データ転送に対応したプレスフィット/コンプライアントピン型メザニンソリューション「NeoPress高速メザニンシステム」を発表した。 同システムは、一つのディファレンシャルペアに対して、二つのシグナルピンと一つのシールドグランドピン、計三つのピンを割り当てるトライアッド構造を採用した千鳥格子状のSMTコネクター。ミラーイメージのインターフェースを備え、嵌合スタック高を9.00ミリ~45.00ミリと低く、プリント基板における配線設計を簡素化できる。 終端処理にプレスフィット/コンプライアン…