Check !!

日本モレックス バックプレーンコネクタ発表 高速データ転送対応

日本モレックス(神奈川県大和市)は、データ転送速度の高速化、優れた信号整合性および高い信号密度を実現するバックプレーンコネクター「Impel Plus」を発表した。

新製品は、超小型のコンプライアントピンを使用し、優れた高周波デジタル信号特性を実現することで、最大40Gbpsだった従来品よりも高速な最大56Gbpsのデジタル信号伝送を達成。高密度に配置したディファレンシャルペアを採用し、コネクターシステム全体における信号整合性の最適化と機械的絶縁を実現する。

スタッガード(互い違い)ヘッダーピンインターフェイスの採用により少ない力で嵌合でき、組立作業におけるオペレーターの負担を軽減。

IEEE 10GBASE-KRおよびOptical Internetworking Forum(OIF) Stat Eye Compliant Channel規格に準拠しているほか、多様なハイエンドアーキテクチャに対応し、上位・下位の互換性を備えているため、将来のより高いニーズにも基本設備の交換なく対応できる。

ハブやサーバーなどの通信やネットワーク関連機器をはじめ、患者モニタリングなどの医療機器、航空宇宙や防衛機器といった用途に適している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG