日本モレックス バックプレーンコネクタ発表 高速データ転送対応

2018年4月4日

日本モレックス(神奈川県大和市)は、データ転送速度の高速化、優れた信号整合性および高い信号密度を実現するバックプレーンコネクター「Impel Plus」を発表した。 新製品は、超小型のコンプライアントピンを使用し、優れた高周波デジタル信号特性を実現することで、最大40Gbpsだった従来品よりも高速な最大56Gbpsのデジタル信号伝送を達成。高密度に配置したディファレンシャルペアを採用し、コネクターシステム全体における信号整合性の最適化と機械的絶縁を実現する。 スタッガード(互い違い)ヘッダーピンインターフェイスの採用により少ない力で嵌合でき、組立作業におけるオペレーターの負担を軽減。 IEEE…