Search Results for 鉄鋼

低温から高温までフルカバー ファイバ式輻射光形光電子センサ 鉄鋼・重工業専用 竹中電子工業が発売

竹中電子工業(京都市山科区四ノ宮奈良野町20―1、TEL075―581―7111、林昇社長)は、受光量と動作しきい値をデジタルで表示し、低温から高温までフルカバーする鉄鋼・重工業専用センサのファイバ式輻射光形光電子センサHMD「FD―A320シリーズ」を発売した。 出力形態がミニパワーリレー出力・フォトモス出力タイプのFD―A320と、ベスタクトリレー出力・フォトモス出力タイプのFD―A320Hがある。どちらも標準価格13万円。 HMD(Hot Metal Detector)は、熱材から放射される赤外線(熱線)の受光により、熱材の有無検出、物体の通過検出、位置検出を行う輻射光検出形の投光器不要…


主要製造業の課題と対策 ものづくり白書2012年版② 高付加価値鋼材の供給が必要 ○鉄鋼業

【現状】 我が国鉄鋼産業は、広範な産業分野に優れた基礎素材の代表である鉄鋼製品を供給する基盤産業である。2010年の粗鋼生産量は、金融危機による厳しい減産と在庫調整を迫られた時期を乗り越え、経済対策の効果などにより自動車産業を中心に国内需要が順調に回復したほか、アジア向けを中心に輸出が高い水準で推移した結果、概ね1・1億トンとピーク時の9割程度まで回復した。しかしながら、国内需要については、公共事業の減少や日系自動車・家電メーカーの海外展開の進展による需要縮小が懸念されており、増加傾向にある輸出についても、急激に進む円高や中国・韓国鉄鋼メーカーの台頭により、厳しい国際競争にさらされている。また…


高い耐久性を実現 竹中電子工業メンテナンスコストを削減鉄鋼・重工業用光電センサ発売

竹中電子工業(京都市山科区四ノ宮奈良野町20―1、TEL075―581―7111、林昇社長)は、熱・振動・粉塵・高湿度環境に強い鉄鋼・重工業用光電センサ、ファイバ式HMD「FD―A300P」、同CMD「FT44A」=写真=を好評発売中である。 鉄鋼・重工業分野の生産ラインは、24時間操業する形態が多く、熱や振動、粉塵、高湿度など悪環境が重なり、使用される光電センサは耐久性や、メンテナンス費用の削減などが課題となっていた。 同社の鉄鋼・重工業用光電センサは、耐熱性、耐振性、耐湿性、防塵・防水性に強く、堅牢性が高い。また修理面では細かい補修パーツで対応でき、高いメンテナンス性と低コストが特徴である…


「主要製造業」の課題と展望」 省エネ技術は世界最高水準 (1)鉄鋼産業

1現状 鉄鋼産業は、広範な産業分野に、粗鋼ベースで年間約1億トンの鉄鋼材料を供給する基盤産業である。2009年前半の鋼材需要は、60年代以来の低い水準にまで落ち込み、鉄鋼各社は厳しい減産と在庫調整を迫られたが、その後、経済対策の効果などにより自動車産業を中心に国内需要が順調に回復したほか、アジア向けを中心に輸出が高い水準で推移しており、後半は年率換算で概ね1億トンレベルの粗鋼生産にまで回復した。 2我が国産業の強みと弱み (1)強み 我が国鉄鋼産業は、自動車向けの高張力鋼板、エネルギー開発に不可欠な継目無鋼管、高速鉄道用の高級レール・車輪などの高級鋼分野で、技術的に高い競争力を有している。さら…


工場新設・増設情報11月第3週

【日本国内】 ▼中部飼料 北海道釧路市に畜産用配合飼料を製造する新工場を建設する。 敷地面積は3万5798平方メートル、建築面積は4300平方メートル、投資額は約60億円、製造能力は月産2万トン 、従業員約20人。 着工は18年5月、稼働開始は19年6月を予定。 ▼日本電産 子会社である日本電産シンポは、日本電産セイミツ本社工場(長野県上田市)内に上田工場を開設。15年から本格発売を開始したロボット用精密制御減速機「FLEXWAVE」の生産拡大を見据え、同生産拠点を京都本社工場と上田工場の2拠点体制とする。 工期を二期に分け、一期はセイミツ本社工場の空スペースの一部を改築、18年4月から精密制…


日本製造業のIoT・データ利活用の実情 収集から活用のステージに突入

機械の稼働率を知る、製造装置の状態を把握する、良品/不良品を管理する、故障時期を予測するなど、さらなる現場効率化にはIoT導入が欠かせない。IoTの導入ステップ、実行サイクルは、①データを集め ②見える化し ③分析し ④活用する の4段階。それぞれに応じた機器・システムを導入し、運用していくことが「IoT化」といわれるものだ。日本ではIoT化が進んでいないといわれるが、実際はどうなのか? ■データ収集をしている企業は40%から60%へ増加 経済産業省の「2017年度ものづくり白書」によると、製造現場で生産プロセスに関する設備の稼働データを収集している企業は、2015年には40%だったものが、2…


【産業用コンピュータ特集 】一気にIoTの主役 エッジ・クラウド処理能力向上

産業用コンピュータへの注目が高まっている。製造業やインフラ設備など停止が許されない環境での採用に加え、IoT時代に中核となるエッジコンピューティングやクラウドコンピューティングの一端を担うことも期待されている。手のひらサイズといった小型化も著しく進んでおり、用途はさらに広がりそうだ。 小型化で組込みニーズに対応 産業用コンピュータ/コントローラの市場規模は、各方面の見方から日本市場で約300億円、グローバル市場で約2300億円と推定されている。ボードタイプやパネルコンピュータ(パネコン)など、分類が難しい部分もあり、実際はさらに大きな市場を形成しているという見方もある。 産業用コンピュータ/コ…


横河ソリューションサービス 最適操業支援サービス開始

成果シェア型品質確保、コスト最小化 横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市)は、成果シェア型のプラント最適操業支援サービス「DDMOnEX」の提供を9月11日から開始した。システム導入価格は1000万円から。2018年度10契約、20年度までに累計で50契約を目指す。 新サービスは、OPC規格で運転中のプラントのデータを取り込み、一定の品質を確保しながら材料、添加剤、水や燃料などの費用を最小化するために必要な制御設定値を算出し、設定するパラメータと操作のタイミングをオペレータへのガイダンスとして伝達。操業開始後には、一定期間の効果を定量的に提示し、必要に応じてモデルの修正(チューニング)を…


17年度設備投資 製造業けん引2ケタ増 インバウンド対応投資広がる

日本政策投資銀行がまとめた「2016・17・18年度 設備投資計画調査」によると、17年度の国内設備投資は製造業がけん引役となり、16年度から11.2%のアップ。6年連続で増加になる見通し。労働力不足に対応するための生産効率化や20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたインバウンド対応の投資が広がっている。 17年度 業界別の設備投資動向 製造業は14.2%増と拡大傾向。食品は乳製品や畜産加工品など加工品の能力増強、化学は自動車や電子・電池向けの部材・素材が増加し、研究開発投資も増加傾向にある。石油は既存プラントの維持補修や流通設備への投資が盛ん。鉄鋼は炉の改修や自動車向けに特殊鋼の設備…


日本製造業のIoT・データ利活用 収集から活用の時代へ

■経営革新への取り組み先導 製造業における第4次産業革命、IoT化、デジタル化の肝は「データ利活用」。データを集め、分析し、活用することで製造業のビジネスを変革し、利益を生み出していくという。IoTへの関心が高まるなか、日本の製造業のデータ利活用に対する意識は、どれほど変化し、どんな課題があるのか? データ収集をしている企業40%から60%へ。活用はこれから 経産省が発行した「ものづくり白書2017」によると、製造現場で生産プロセスに関する設備の稼働データを収集している企業は、2015年には40%だったものが、16年には66%まで上昇。1年間で26%も増加し、工場内でのデータ収集に取り組む企業…