見本市 の検索結果

ジャンボびっくり見本市、盛況裡に終了

「第45回ジャンボびっくり見本市 2019」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、大阪(4月12・13日、インテックス大阪)と東京(4月26・27日、東京ビッグサイト青海展示棟)で開催された。 電設資材、照明、工具、電子、制御、情報、通信、セキュリティ、空調、住宅設備など幅広い分野が集結する総合見本市として定着しており、今年も専門メーカー200社が参加した。 また、特設のテーマゾーンでは「超スマート社会」につながる「スマートシティ」「スマートホーム」「スマートビルディング」の3つで提案展示が行われた。 さらに毎回好評を得ているテクニカルセミナーでは、「産業用ロボット導入の正しい進め方~…


「第45回ジャンボびっくり見本市2019」4/12・13インテックス大阪、4/26・27東京ビッグサイトで開催

ここにある! 賢い未来の新情報 専門メーカー200社超が集結 「第45回ジャンボびっくり見本市 2019」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、大阪会場〈4月12日(金)・13日(土)、インテックス大阪6号館C・Dゾーン〉、東京会場〈4月26日(金)・27日(土)、東京ビッグサイト青海展示棟ホールA〉で開催される。入場無料。(写真は前回の様子)   1975年の初開催から今年で45回目を迎える同見本市は、200社以上の電気機器と工具メーカーが出展し、大阪と東京会場合わせて3万5000人超が集う電設業界では国内最大級の見本市。 電設資材、照明、工具、電子、制御、情報、通信、セキ…


4/1開幕!世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ2019 日本からは82社・団体が出展

4月1日から5日までドイツ・ハノーバーで世界最大級の産業見本市ハノーバーメッセ2019が開幕する。世界的にデジタル化やスマート化、自動化需要が高まるなか、世界中からそれに関連した企業・団体、人が集結する。日本からは82社が出展し、日本のデジタル化技術をアピールする。 日本企業は82社が出展。日本パビリオンも規模拡大  今年のテーマは「INTEGRATED INDUSTRY ― INDUSTRIAL INTELLIGENCE」。世界の産業を牽引する展示会として、世界中から6500社・団体が出展し、22万人あまりが来場する見通しとなっている。日本企業の出展は82社・団体となり微増傾向。日本企業の出…


2019年5月に国際見本市、産業用繊維・不織布「テクテキスタイル」縫製製造技術「テックスプロセス」開催

2019年5月14日から17日にかけて、ドイツ・フランクフルト国際見本市会場で、産業用繊維と不織布の国際見本市「テクテキスタイル(techtextil)」と、縫製製造技術の国際見本市「テックスプロセス(texprocess)」が開催される。 両見本市は、2年に1度行われる世界最大級の繊維と不織布、その製造技術の見本市。前回17年にはテクテキスタイルが世界55カ国から1477社の出展、104カ国から3万3670人の来場があり、テックスプロセスは世界35カ国から312社の出展、109カ国から1万3718人の来場実績がある。 特にテックスプロセスではインダストリー4.0に対応した「インパクト4.0」…


ハノーバーメッセ2019 世界と共創する絶好のチャンスが到来 世界最大・最重要の国際産業見本市

ハノーバメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は13日、東京・ステーションコンファレンス東京でハノーバーメッセ2019に向けたカンファレンスを開催し、ハノーバーメッセ2019の見どころを紹介した。そのカンファレンスの様子をレポートする。 世界最大にして最重要の国際産業見本市・ハノーバーメッセ 2019年4/1〜4/5に開催 6500社出展・22万人来場予定 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。1947年に第1回が開催されて以来、70年以上の歴史を持つ。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術…


速報取材レポート「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」今年の見どころをいち早く

2018年11月1日(木)~6日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催中の「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」。最新鋭の工作機械をはじめ、鍛圧機械、特殊鋼工具、超硬工具、研削砥石、歯車、光学測定機器、制御装置などが並ぶ、アジア最大級の工作機械見本市です。 29回目を迎える今回は、国内外約1,000社が出展。150,000人もの来場者数を見込む、2018年注目の展示会です。 DMG森精機、アマダ、牧野フライス製作所、オークマ、ファナックなど注目企業を20社以上掲載した速報取材レポート(東ホールver.)をお届けします!(11/2には西ホールver.を公開予定!) 初日速報取材…


「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」11月1日~6日 東京ビッグサイトで開催、過去最多1085社出展

未来へつなぐ、技術の大樹 世界最大級の工作機械の展示会「JIMTOF2018(第29回日本国際工作機械見本市)」(主催=日本工作機械工業会/東京ビッグサイト)が、11月1日(木)~6日(火)の6日間、東京ビッグサイトの全館を使用して開催される。 過去最大の出展者数となる今回は、15万人を超える来場者数が見込まれている。 開場時間は9時~17時。入場料は、前売り1000円、当日3000円、学生は無料。   最新の機械・工具が集結 1962年から2年に1回開催されている「JIMTOF」は、工作機械をはじめ、あらゆる周辺機器や工具が一堂に会する総合見本市であり、最先端の技術や製品が世界中か…


世界最大の自動車部品見本市「アウトメカニカフランクフルト」9月11~15日開催

自動車部品と用品、サービスの世界最大の見本市である「Automechanika Frankfurt(アウトメカニカフランクフルト、AMF)2018」(主催=メッセフランクフルト)が、9月11日から15日の5日間、ドイツ・フランクフルトで開催される。 同展は2年に一度、東京ビッグサイトの4・5倍の広さを持つ会場で開催される国際見本市で、前回16年には76カ国から4843社が出展し、170カ国から13万3000人が来場した。   出展範囲は、パワートレインやシャシーなど自動車部品、ECUやセンサ、照明、電源などエレクトロニクス製品をはじめ、自動車検査用の計測機器や補修剤など修理・メンテナ…


第44回ジャンボびっくり見本市 2018 4月6日・7日インテックス大阪/13日・14日東京ビッグサイト

今年も発見!未来に花咲く新商材! 「第44回ジャンボびっくり見本市 2018」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、4月6日(金)・7日(土)にインテックス大阪6号館C/Dゾーンで、4月13日(金)・14日(土)に東京ビッグサイト東7ホールで開催される。   ■特設ゾーン:「生産性向上」をテーマに 1975年の初開催から今年で44回目を迎える同見本市は、電設・制御機器業界最大級の展示会の一つとして定着し、毎回大勢の来場者でにぎわいを見せている。昨年は大阪と東京会場合わせて約3万2100人が来場した。 電設資材、照明、工具、電子、制御、情報、通信、セキュリティ、空調、住宅設備な…


【広州国際オートメーションテクノロジー専門見本市リポート】急成長 中国南部の自動化市場

製造強国目指し官民あげて推進 中国南東部における産業オートメーション、自動化に関する専門展示会「SIAF-SPS Industrial Fair Guangzhou(広州国際オートメーションテクノロジー専門見本市、以下SIAF)」と、造形関連の展示会「asiamold」が、3月4日から6日の3日間、中国・広州のチャイナインポート&エクスポートフェアコンプレックスで開催された。中国市場は自動化への関心が非常に高く、前回を超える7万2000人超が来場した。   ■600超える出展者 日本の主要企業も SIAFは、ドイツ・ニュルンベルクで毎年開催されている「SPS IPC Drives」の…