【ジャンボびっくり見本市 出展製品紹介】大崎電気工業 電子式普通電力量計「コンパクト EMシリーズ(ニューモデル)」

通信機能で使い易さ向上

大崎電気工業は、電子式普通電力量計「コンパクトEMシリーズ」に、新機能を搭載したニューモデルの販売を開始した。

ニューモデルでは、無通電状態でもDISPLAYボタンを押して指針値を表示させることが可能になっており、停電時や電力量計の取り付け前後でも指針値を確認でき、使い易さが向上した。

また、赤外線通信機器(オプション)を使用することで、計器の情報(指針値や製造番号、電圧・電流値など)を通電時・無通電時のどちらのタイミングでも取得が可能。

しかも、液晶の数字表示桁数を、小数点以下第2位まで増やしたことで、計量値の変化を従来に比べ早く判別できるようになり、現場での負荷を用いた計量値の目視チェックが短時間で行える。

また、通信機能付の製品では、順方向に加え、逆方向電流の双方向計量が可能になり、1台で消費側と発電側の両方を計量できるほか、電力使用量を1分単位できめ細かな計測ができるようになり、レンタルオフィスの従量課金制や製造業のDXにも貢献する。

さらに、赤外線通信と周辺機器の組み合わせ使用で、計器情報の取得や配線状態判別などが可能になり、誤結線防止システムとしての役割も果たす。

https://www.osaki.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG