大崎電気工業【ジャンボびっくり見本市 出展各社の製品紹介】小型電子式電力量計「コンパクトEM」電力量計設置の悩み解決

大崎電気工業の「コンパクトEM」シリーズは、分電盤などの組み込み用途に最適な省施工・省スペースの小型電子式電力量計である。コンパクトEMシリーズの新機能を搭載したニューモデルにはRS‐485通信機能付やパルス発信装置付、カレントループ通信機能付タイプをラインアップしている。

ニューモデルでは施工現場での課題解決をコンセプトに開発している。

現場の人手不足が建設業界で長らく課題となっており、2024年4月からは働き方改革関連法の適用による残業時間規制も実施される。従来の方法では、現場によっては数百台から数千台に及ぶ電力量計に対する試験作業や、その記録作業に多くの時間と労力を費やしていた。目視や手作業に頼っている作業も多く、ヒューマンエラーのリスクも内在している。

ニューモデルの機能である無通電状態での計測値の確認や、赤外線通信機能を用いて計器の製造番号や指針値、定格電圧・電流など竣工時提出する要素を取得することができるという機能は、施工現場での計測値確認の作業性向上や、ヒューマンエラーの防止に寄与し、作業効率を大幅に改善できる。

(https://www.osaki.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG