磁石 の検索結果

日立産機システム 積層型鉄心構造の永久磁石形同期モーターを発売 IE4レベルをクリア

日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、TEL03―4345―6072、青木優和社長)は、レアアースを用いない産業用の超高効率永久磁石型同期モーター「アモルファスPMモーター」を2015年1月から販売を開始する。 新製品はモーターの心臓部である鉄心にアモルファス金属を使用し、鉄心の損失を低減する「積層型鉄心構造」を採用するとともに、ダブルロータ型アキシャルギャップモーター構造を適用することで、IECのモーターのエネルギー効率ガイドラインであるIE4レベルをクリアし、より高効率で省エネに貢献する。 また、誘導モーターと取り付けサイズ互換で、容量も3・7kW~11kWのシリーズをそろえて、誘…


ハネウェルジャパンが回路保護器「GCPシリーズ」電磁石式で遮断

ハネウェルジャパン(東京都港区海岸1―16―1、TEL03―6730―7209)は、回路保護器「GCPシリーズ」の販売を開始した。 新製品は、過電流時には電磁石方式で遮断し、回路保護では熱動式(バイメタル)で行うために効果的な制御ができる。 また、外形寸法は1極当たりの横幅が17・5ミリと薄型設計となっており、複数個設置した時に省スペース化に繋がる。 さらに、端子部は結線部が露出しない保護構造で、一体型の端子カバー装着で感電などに対する安全性がさらに高くなる。取り付け・取り外しはDINレールで簡単に行え、補助接点機能の使用時は、ブザー、またはランプを連結して動作のチェックができる。 そのほか、…


光電・近接センサ各社の主力 磁石の中心を正確に検知

磁気センサ・磁気応用製品の研究開発型メーカーであるマコメ研究所は、リニアスケール、磁気近接スイッチ、リニア変位センサ、無人搬送車用センサ、傾斜計などを製造販売しているが、独自の高感度・高信頼の磁気検出素子「可飽和コイル」により悪環境下でも正確な動作と長期間の安定した信頼性を確保しており、メンテナンスフリーを要望するユーザーから高い評価を得ている。 磁気近接スイッチを利用した停止センサ・ポジショニングセンサは、3ch出力のSW―2507F、4ch出力のPS―4482がある。独自の工夫により磁石の中心を正確に検知できる画期的な製品である。 SW―2507Fは、磁石を検知すると有効範囲であることを示…


脱ネオジム磁石を実現安川がEV駆動用モーター

安川電機は、脱ネオジム磁石を実現したEV駆動用モーター=写真=を開発した。9月からサンプル提供を始める。 新開発のモーターは、ネオジム磁石を使用せず入手が容易で安価なフェライト磁石を用いたIPM構造になっており、磁石・コアの形状や配置を最適化することでトルク特性の向上を図るとともに、課題の耐低温減磁性も改善した。 また、ステータの巻線に平角線を適用することで、巻線の高密度化を実現して占積率を約30%向上しながら製造の自動化を容易にできるようにした。さらに、同社独自の巻線切替モーターを適用することでロータの磁気回路を最適化し、従来のネオジム磁石を用いたモーターと同等の外形寸法を実現している。 外…


レアアース磁石再利用へ助成経産省

経済産業省は、「希少金属代替材料開発プロジェクト」の一環として、レアアース磁石を再利用するための技術開発・実証を行う企業を決定し、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の交付事業として助成を行う。 レアアース磁石の原料となるレアアースの供給が、現在は特定の資源国に依存していることから、現在実現していない使用済みの磁石を回収し、レアアースを抽出、再利用する仕組みを確立するのが狙い。 今回の助成で、特にネオジム磁石の回収、および磁石からのレアアースの抽出を効率化する技術開発をもとに、使用済みレアアース磁石のリサイクルシステムを構築することで、レアアースの安定供給へのリスク低減を図る。 決定…


JEMA「電機工業技術功績者表彰」最優秀賞に東芝 ものづくり部門は三菱電機

日本電機工業会(JEMA)は4月12日、2018年度の「電機工業技術功績者表彰」の受賞者を決定した。最優秀賞は「操作性・安全性に優れる冷凍機冷却式超電導磁石の開発と実用化」(東芝・栗山透氏、高橋政彦氏、大谷安見氏)が選ばれた。このほか優秀賞3件、優良賞21件、奨励賞57件と、委員会活動として最優秀賞1件、優秀賞1件、優良賞2件、奨励賞1件が受賞した。 最優秀賞の「操作性・安全性に優れる冷凍機冷却式超電導磁石の開発と実用化」は、取り扱いが難しくて高価な液体ヘリウムを使用せずに、冷凍機によって冷却する超電導電磁石の開発。産業用・医療用の同方式による超電導磁石が開発され、重粒子線がん治療装置のガント…


【電磁開閉器特集】半導体・工作機械向けが好調

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、主力需要先である半導体製造装置、工作機械の好調な生産を受け、販売が大きく伸びている。新市場として電池関連も期待されており、今後は都市再開発やオリンピック・パラリンピック需要が本格化してくることでさらなる伸長が見込まれている。生産も順調に展開されていることで、納期も計画的に進捗しており、大きなトラブルにはなっていないことで、メーカー各社の売り上げも計画どおり進展しており、利益も銀や銅などの素材価格も比較的安定していることからしっかり確保できているところが多い。 今後、ⅠoTに絡んだ情報化投資の拡大も見込まれ、さらなる上昇基調が期待されている。製品は小型・…


B&Rインダストリアルオートメーション 革新的搬送システム「ACOPOStrak」搬送工程を任意で構成

B&Rインダストリアルオートメーションは、スマート工場EXPOでマシン制御、リニア搬送システム、エッジコンピューティングなどのソリューション展示を行う。 次世代の産業用搬送テクノロジーとしては、リニアモータを用いた搬送システム「SuperTrak」と、革新的な搬送システム「ACOPOStrak」を出展している。 このうち、ACOPOStrakは、柔軟性のあるシステムコンポーネントとトラックデザインにより、搬送工程を任意の形状で構成できる革新的なシステム。これにより、市場投入時間の短縮が実現でき、多品種小ロット生産にも容易に適応可能になる。 また、衝突回避機能を備えており、自律的なトラフィックコ…


【FA関連機器2018 市場・技術展望】電磁開閉器 国内・輸出2桁増達成

300億円の大台視野に 電磁開閉器は、電磁石を操作して電気回路のオンオフを行うもので、スタートと停止、正逆逆転運転などのモータの制御や、モータの自動運転時の過負荷状態での焼損保護用として工場内の各装置、ビルや空調機器、荷役機械、工作機械などで使われる。また照明の制御や電熱のオンオフなどにも使われている。 日本電機工業会(JEMA)によると、2016年度の出荷額は、前年の4.9%減の265億円。国内が188億円、輸出が77億円と低調だった。それに対し、17年度上期の出荷額は149億円。前年に比べて14.2%増と大幅伸長。国内出荷が103億円、輸出が45億円となり、いずれも前年の2桁増を達成。過去…


安川電機 超小型サーボモータ発売

安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7(シグマ・セブン)シリーズ」に、装置のさらなる小型化のニーズに応える超小型ACサーボモータ「∑-7mini(SGM7Mモデル)」を新たにラインアップし、12月1日から発売した。価格はオープン。 新製品は、3.3Wで全長56ミリの業界最小クラスのモータサイズながら、最新の最高性能磁石を採用することにより、高トルクを実現している。 また、最高回転速度は7000毎分を実現しており、装置のタクトタイムを短縮。さらに、高分解能20bitエンコーダを搭載し、装置の高精度化に貢献する。 主な用途は、検査装置、計測機器、組立装置、バイオ・メディカル用装置、マウンタ、電子部…