磁石 の検索結果

日立産機システム 積層型鉄心構造の永久磁石形同期モーターを発売 IE4レベルをクリア

日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、TEL03―4345―6072、青木優和社長)は、レアアースを用いない産業用の超高効率永久磁石型同期モーター「アモルファスPMモーター」を2015年1月から販売を開始する。 新製品はモーターの心臓部である鉄心にアモルファス金属を使用し、鉄心の損失を低減する「積層型鉄心構造」を採用するとともに、ダブルロータ型アキシャルギャップモーター構造を適用することで、IECのモーターのエネルギー効率ガイドラインであるIE4レベルをクリアし、より高効率で省エネに貢献する。 また、誘導モーターと取り付けサイズ互換で、容量も3・7kW~11kWのシリーズをそろえて、誘…


ハネウェルジャパンが回路保護器「GCPシリーズ」電磁石式で遮断

ハネウェルジャパン(東京都港区海岸1―16―1、TEL03―6730―7209)は、回路保護器「GCPシリーズ」の販売を開始した。 新製品は、過電流時には電磁石方式で遮断し、回路保護では熱動式(バイメタル)で行うために効果的な制御ができる。 また、外形寸法は1極当たりの横幅が17・5ミリと薄型設計となっており、複数個設置した時に省スペース化に繋がる。 さらに、端子部は結線部が露出しない保護構造で、一体型の端子カバー装着で感電などに対する安全性がさらに高くなる。取り付け・取り外しはDINレールで簡単に行え、補助接点機能の使用時は、ブザー、またはランプを連結して動作のチェックができる。 そのほか、…


光電・近接センサ各社の主力 磁石の中心を正確に検知

磁気センサ・磁気応用製品の研究開発型メーカーであるマコメ研究所は、リニアスケール、磁気近接スイッチ、リニア変位センサ、無人搬送車用センサ、傾斜計などを製造販売しているが、独自の高感度・高信頼の磁気検出素子「可飽和コイル」により悪環境下でも正確な動作と長期間の安定した信頼性を確保しており、メンテナンスフリーを要望するユーザーから高い評価を得ている。 磁気近接スイッチを利用した停止センサ・ポジショニングセンサは、3ch出力のSW―2507F、4ch出力のPS―4482がある。独自の工夫により磁石の中心を正確に検知できる画期的な製品である。 SW―2507Fは、磁石を検知すると有効範囲であることを示…


脱ネオジム磁石を実現安川がEV駆動用モーター

安川電機は、脱ネオジム磁石を実現したEV駆動用モーター=写真=を開発した。9月からサンプル提供を始める。 新開発のモーターは、ネオジム磁石を使用せず入手が容易で安価なフェライト磁石を用いたIPM構造になっており、磁石・コアの形状や配置を最適化することでトルク特性の向上を図るとともに、課題の耐低温減磁性も改善した。 また、ステータの巻線に平角線を適用することで、巻線の高密度化を実現して占積率を約30%向上しながら製造の自動化を容易にできるようにした。さらに、同社独自の巻線切替モーターを適用することでロータの磁気回路を最適化し、従来のネオジム磁石を用いたモーターと同等の外形寸法を実現している。 外…


レアアース磁石再利用へ助成経産省

経済産業省は、「希少金属代替材料開発プロジェクト」の一環として、レアアース磁石を再利用するための技術開発・実証を行う企業を決定し、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の交付事業として助成を行う。 レアアース磁石の原料となるレアアースの供給が、現在は特定の資源国に依存していることから、現在実現していない使用済みの磁石を回収し、レアアースを抽出、再利用する仕組みを確立するのが狙い。 今回の助成で、特にネオジム磁石の回収、および磁石からのレアアースの抽出を効率化する技術開発をもとに、使用済みレアアース磁石のリサイクルシステムを構築することで、レアアースの安定供給へのリスク低減を図る。 決定…


日東工業 理科教育サポート、夏休み子ども教室開く

日東工業は、このほど愛知県瀬戸市の瀬戸市立図書館で開催された「夏休み子ども理科教室」に、同社がイベントで企画したオリジナル探知機を提供、実験に活用してもらった。 探知機は、磁石、LED電球、アルミテープなどを用いて製作されたもので、磁石に反応したらLEDが光る仕組み。これにより、磁石に反応するものとしないものがあることや、磁石の原理について学んでもらった。 同社では、「理科は苦手な子が多いが、実際に工作をすることで、小学校で学習する理科の内容でも面白いことがたくさんあるということを知ってもらいたい」との思いで、今後も子どもたちの理科教育をサポートしていく。


三菱電機 センサレスPMモータ、IE5達成小型化・省エネ実現

三菱電機は、4月17日から19日まで幕張メッセで行われたテクノフロンティア・モータ制御技術展に、センサレス(エンコーダレス)で高精度な位置決めと速度制御ができる新型のPMモータ(磁石モータ)「EM-Aシリーズ」を出品。 小型化と国際高効率規格IE5も達成し、国内・海外向け装置での利用にメリットを生む画期的な製品で、一部のラインアップを4月から発売する予定だ。   輸出向けに最適 同製品は、独自開発の突極形コアを採用し、回転位置に応じてインダクタンスが変化する特性を持つ。その変化を把握して、同社が特許を持つセンサレス制御と組み合わせて高精度な速度や位置決め制御を実現。速度制御はサーボモ…


電磁開閉器市場 活況続く、社会インフラ整備・都市再開発で需要増

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、都市再開発などの社会インフラ、工場設備のリニューアルなどの需要が牽引役となり繁忙が継続している。また、BCP(事業継続計画)やIoT、5Gといった情報化投資もデータセンターの増設などとなって追い風になっている。 今後はDC給電市場の拡大を期待する声もあり、新たな展開として注目される。製品は小型・薄型化、低消費電力化、省工数などをポイントにした開発が継続し、海外市場への対応も進んでいる。   IoT・5G 高まる期待 電気回路の開閉制御を行う役割を果たす電磁開閉器は、電磁石で接点を開閉する電磁接触器(コンタクタ)と、電動機の過負荷保護を行うため…


B&R リニア超高速搬送システム「ACOPOStrak」/「SuperTrak」

独立制御シャトルで高速搬送 B&Rはスマート工場EXPOで、リニアモータを用いた超高速搬送システム「ACOPOStrak・SuperTrak」のデモを中心に、同社のコンセプトである「Perfection in Automation」を構成するラインアップの全容を展示する。小間番号はW27-11。 リニアモータを用いたフレキシブルな産業用コンベヤ・システム「ACOPOStrak(アコポストラック)」と「SuperTrak(スーパートラック)」は、永久磁石を動力源とし、トラック(ロングステータ・モータ・トラック)上に設置した搬送シャトルを動作させる機構で、ソフトウェアによってそれぞれのシャトルを独…


【市場・技術展望2019】「電磁開閉器」300億円間近

国内堅調・海外に期待 電磁開閉器は、電磁石を操作して電気回路のオンオフを行うもので、スタートと停止、正逆逆転運転などのモータの制御や、モータの自動運転時の過負荷状態での焼損保護用として工場内の各装置、ビルや空調機器、荷役機械、工作機械などで使われる。また照明の制御や電熱のオンオフなどにも使われている。 日本電機工業会(JEMA)によると、17年度の出荷額は、前年の11.1%増の295億円。国内が212億円、輸出が82億円だった。それに対し、18年度上期の出荷額は146億円。前年に比べて2.3%減。国内出荷が105億円、輸出が41億円となっている。