ハネウェルジャパンが回路保護器「GCPシリーズ」電磁石式で遮断

ハネウェルジャパン(東京都港区海岸1―16―1、TEL03―6730―7209)は、回路保護器「GCPシリーズ」の販売を開始した。

新製品は、過電流時には電磁石方式で遮断し、回路保護では熱動式(バイメタル)で行うために効果的な制御ができる。

また、外形寸法は1極当たりの横幅が17・5ミリと薄型設計となっており、複数個設置した時に省スペース化に繋がる。

さらに、端子部は結線部が露出しない保護構造で、一体型の端子カバー装着で感電などに対する安全性がさらに高くなる。取り付け・取り外しはDINレールで簡単に行え、補助接点機能の使用時は、ブザー、またはランプを連結して動作のチェックができる。

そのほか、AC、DC兼用で、AC250V、DC60V(1極)/DC120V(2極)以下の回路で使用できる、ON、OFF状態が遠くからでも容易に識別でき、トリップハンドルは、軽い接触による誤動作を防止する設計を採用、UL/CE/TUVの認証を取得、などの特徴を持つ。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る