知的財産 の検索結果

知財探訪(1)パンダとラーメンと知的財産

「知的財産」という言葉にはなんとなく硬いイメージがあり馴染みにくいところがあるかもしれません。それでも実際には、知的財産は気が付かないうちに私たちの日常生活に溶け込んでいます。この連載では、知的財産の専門家ではありませんけれども、その世界に身を置く立場の筆者が、皆さまに少しだけ知的財産を身近に感じてもらえるような切り口で、特許、商標、意匠などの知的財産にまつわる話を綴ります。 「冒認」防ぐ商標権確立を 身の回りにある製品、例えばスマホや自動車などには、多数の特許技術が組み込まれていますが、普段私たちはそのことを意識することはあまりありません。特許技術がブラックボックス化されているからです。特許…


経産省 第四次産業革命で知的財産保護など検討

【第4次産業革命 制度研究会の報告書まとめる】 経済産業省は、第4次産業革命に向けた横断的制度研究会の報告書をまとめた。第4次産業革命では付加価値の源泉が「データ」に移るなか、企業同士が協調できる領域でデータや知的財産を共有してイノベーションを促進することが重要で、今後企業同士がつながるための「排他的でない」オープンなシステム構築と、その際の産業財産権システム、知的財産保護のあり方を検討していくとした。 同研究会は第4次産業革命への対応に向けて2015年1月から7月まで7回行われ、「競争政策」「データ利活用・保護」「知的財産」の制度のあり方について議論した。特に第4次産業革命では付加価値のもと…


知的財産シンポで講演 日本スペリア社・西村社長

日本スペリア社(大阪府吹田市江坂町1―16―15、TEL06―6380―1121)の西村哲郎社長は、大阪国際会議場で2月22日に開催された知的財産戦略活用シンポジウム「『知財は苦手』じゃすまなくなってきた!」で講演を行った=写真。 このシンポジウムは、長引く円高やグローバル化への対応に苦しむ日本の中小企業に、知財戦略による経営強化に目を向けてもらおうと、特許庁、近畿経済産業局が主催した。 産官学の専門家の講演や知財で成功している経営者の体験談などを通じ、そのヒントを提供するとともに、行政の支援施策も紹介された。会場は中小企業の経営者や知財担当者など約300人が来場した。 同社は小規模企業であり…


速報取材レポート公開「ET West & IoT Technology West 2018(組込み総合技術展 関西 / IoT総合技術展 関西)」

2018年 7月5日(木)・6日(金)の2日間、グランフロント大阪内コングレコンベンションセンターで開催中の「Embedded Technology West 2018/組込み総合技術展 関西」と「IoT Technology West 2018/IoT総合技術展 関西」。進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technologyと、“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションが一堂に会する展示会です。 注目度の高い約20のブースを取材し、見どころやトレンドをまとめたレポートをお届けします。今注…


オムロン 人事異動(3月21日付)

▽グローバル理財本部財務部長中原義子 ▽グローバルものづくり革新本部生産技術革新センタ長(グローバルものづくり革新本部ものづくりクリエイトラボ部長)吉本和也 ▽技術・知財本部副本部長(技術・知財本部知能システム研究開発センタ長)竹内勝 ▽同知能システム研究開発センタ長(同同AI制御研究室長)露口卓也 ▽同知的財産センタ長(同同技術推進課長兼品質・渉外課長)奥田武夫 ▽同企画室長(同企画室戦略推進課長)光本大輔 ▽事業開発本部電子機器統轄事業部長(事業開発本部電子機器統轄事業部企画室長)村岸直浩 ▽同MEMS開発生産センタ長(同マイクロデバイス事業推進部事業企画部長)用害毅 ▽イノベーション推進…


知財探訪(7)「知」の力と世界調和

PCTがもたらした「平等」基準 今年の春は寒暖が定まらず、全国的に桜の開花が例年より1週間早いというニュースを聞いた後、真冬の寒さに戻って東京でも雪がちらつく日がありました。天気同様に波乱気味の経済環境の中で、4月の新年度からあらたな事業計画をスタートされる企業も多いことでしょう。 世界経済の見通しについては、反グローバル主義の波が今後どこまで進むのかがひとつのキーになると聞いています。それぞれの国が自国の利益優先に固執すれば、そろいかけた足並みも乱れ争いも生じることでしょう。小学校の運動会のムカデ競争をふと思い出したりします。人種や宗教間の対立が絡んだ局所的な紛争も後を絶ちません。人の「知」…


アズビル 機構改革・人事異動

【機構改革】(4月1日付) ●ビルシステムカンパニー[BSC] ▽統合営業本部を廃止し、営業本部と計装本部を新設▽営業本部に営業1部、営業2部、営業3部、セキュリティ営業部を新設 ▽計装本部に計装営業企画部、計装システム1部、計装システム2部、設計部を新設 ▽環境ソリューション本部に環境計装部を新設 ▽東京本店内のファシリティマネジメント営業部をサービス営業部に名称変更し、スマートファシリティマネジメント部を新設 ▽関西支社内の営業3部を廃止し、同支社内の計装営業部に統合 【人事異動】(3月1日付) ▽BSC開発本部開発管理部長(BSC開発本部開発4部ハードウェア4グループマネジャー)丸山満 …


知財探訪(6)オリンピックから考えるイノベーション

技術市場性と知財が相関 4年に一度のウインタースポーツの祭典、2018年平昌冬季オリンピックが閉幕しました。氷雪の世界という厳しい環境の中で繰り広げられたアスリートの熱い闘いは、夏のオリンピックとは一味違う感動をもたらしてくれました。 磨き上げ鍛え上げた選手の技術や力が競技結果を左右することは当然ですが、冬季オリンピックの競技種目は、スキーにしてもスケートにしても、さらには「下町ボブスレー」の不採用で物議を醸したソリにしても、夏のオリンピックに比べて用具の性能に影響される度合いが大きいように感じます。おそらくは冬のスポーツ用具についても長年にわたりたゆまぬ研究開発が進められ、特許発明も産みださ…


三菱電機 杉山副社長が社長昇格 柵山社長は会長就任

三菱電機は4月1日付で、代表執行役執行役社長の柵山正樹氏が取締役会長に就任し、後任の社長に杉山武史副社長が昇格する。取締役会長を務めてきた山西健一郎氏は取締役相談役に就く。 【杉山武史(すぎやま・たけし)】1956年12月29日生まれ。61歳。79年3月名古屋大学工学部を卒業後、同年4月同社入社。2011年リビング・デジタルメディア事業本部副事業本部長、14年常務執行役リビング・デジタルメディア事業担当、16年専務執行役、17年から代表執行役、執行役副社長。 そのほかの執行役・取締役人事は以下のとおり。 ▽輸出管理、インフォメーションシステム事業担当(経営企画、関係会社、輸出管理担当)代表執行…


日東工業 組織改革・人事異動(4月1日付)

【組織改革】 〈本社〉 ▽品質統括部を新設し品質保証室およびテクニカルセンターを本社直轄より移管 ▽施設部を施設環境室に改称 〈経営管理本部〉 ▽働き方改革室を廃止 〈開発本部〉 ▽技術研究部を新設 〈生産本部〉 ▽本部長管掌に購買部、品質改善室を追加 ▽配電盤担当副本部長管掌に機器商品部、配電盤設計部を追加 ▽機材担当副本部長管掌に菊川工場、磐田工場を追加 ▽配電盤品質改善室と機材品質改善室を統合し、品質改善室を新設 ▽配電盤設計部を新設 【人事異動】 ▽常務取締役(取締役)中嶋正博 ▽テクニカルセンター担当を解く 開発本部・海外本部担当 常務取締役黒野透 ▽品質統括部・情報システム部・経営…