知的財産 の検索結果

知財探訪(1)パンダとラーメンと知的財産

「知的財産」という言葉にはなんとなく硬いイメージがあり馴染みにくいところがあるかもしれません。それでも実際には、知的財産は気が付かないうちに私たちの日常生活に溶け込んでいます。この連載では、知的財産の専門家ではありませんけれども、その世界に身を置く立場の筆者が、皆さまに少しだけ知的財産を身近に感じてもらえるような切り口で、特許、商標、意匠などの知的財産にまつわる話を綴ります。 「冒認」防ぐ商標権確立を 身の回りにある製品、例えばスマホや自動車などには、多数の特許技術が組み込まれていますが、普段私たちはそのことを意識することはあまりありません。特許技術がブラックボックス化されているからです。特許…


経産省 第四次産業革命で知的財産保護など検討

【第4次産業革命 制度研究会の報告書まとめる】 経済産業省は、第4次産業革命に向けた横断的制度研究会の報告書をまとめた。第4次産業革命では付加価値の源泉が「データ」に移るなか、企業同士が協調できる領域でデータや知的財産を共有してイノベーションを促進することが重要で、今後企業同士がつながるための「排他的でない」オープンなシステム構築と、その際の産業財産権システム、知的財産保護のあり方を検討していくとした。 同研究会は第4次産業革命への対応に向けて2015年1月から7月まで7回行われ、「競争政策」「データ利活用・保護」「知的財産」の制度のあり方について議論した。特に第4次産業革命では付加価値のもと…


知的財産シンポで講演 日本スペリア社・西村社長

日本スペリア社(大阪府吹田市江坂町1―16―15、TEL06―6380―1121)の西村哲郎社長は、大阪国際会議場で2月22日に開催された知的財産戦略活用シンポジウム「『知財は苦手』じゃすまなくなってきた!」で講演を行った=写真。 このシンポジウムは、長引く円高やグローバル化への対応に苦しむ日本の中小企業に、知財戦略による経営強化に目を向けてもらおうと、特許庁、近畿経済産業局が主催した。 産官学の専門家の講演や知財で成功している経営者の体験談などを通じ、そのヒントを提供するとともに、行政の支援施策も紹介された。会場は中小企業の経営者や知財担当者など約300人が来場した。 同社は小規模企業であり…


製造業・世界と戦う担い手づくり エキスパート待望 (42)

自社の要素技術のレベルが上がらない 科学誌へ投稿し外向き視野育む   「自社の要素技術のレベルが上がらない」という時には、「中堅技術者に査読付きの国際科学誌へ投稿させ、そのプロセスを若手技術者にサポートさせる」ということを心がけてください。 情報があふれる現代においては、いわゆるトレンドに人、時間、お金を使う傾向が顕著に出ており、結果が出るまでに時間のかかる技術の基本、いわゆる要素技術が後回しになることが多々あります。 企業は大学ではないというのは正論である一方、小さな要素技術を生み出す力と、それをしかるべき場所で発信できる力が無ければ、自社技術はじり貧の道をたどるでしょう。効率だけ…


三菱電機 人事異動

(2020年6月1日付) ▽ビジネスイノベーション本部ビジネスイノベーション統括事業部主管技師長(ビジネスイノベーション本部ビジネスイノベーション統括事業部プロジェクトリーダー)鈴木浪平 ▽自動車機器事業本部自動車機器開発センター知的財産センター長(知的財産センター特許・意匠技術部第三グループマネージャー)打木達也 ▽自動車機器事業本部自動車機器開発センターAD技術部次長(三菱電機オートモーティブ・アメリカ)田中英之 ▽三菱電機オートモーティブ・アメリカ(自動車機器事業本部 姫路製作所製造管理第二部次長)森澤建司


中小企業庁「2020年版中小企業白書・小規模企業白書」改善から一転、厳しさ増す

日本の中小企業 現状とこれから 中小企業庁は「2020年版中小企業白書・小規模企業白書」をまとめ、日本の中小企業の現状とこれからについて分析した。その内容を抜粋して紹介する。 ■業況 深刻な働き手不足 中小企業の業況は、回復基調から一転して減少傾向となっている。中小企業庁と中小企業基盤整備機構による「中小企業景況調査」のDI推移(前期に比べて業況が好転と回答した企業から悪化と回答した企業を引いた数値)では、ここ10年はリーマン・ショック後に大きく落ち込み、その後は東日本大震災や2014年4月の消費税率引き上げの影響でところどころで落ち込みはあるが、総じて緩やかな回復基調で推移してきた。しかし2…


三菱電機 国際特許出願件数、世界2位。日本企業で5年連続トップ

三菱電機は、世界知的所有権機関(本部=スイス)が発表した2019年の企業別国際特許出願件数において、出願件数2661件で世界第2位、日本企業では1位を獲得した。 同社は、事業戦略と研究開発戦略、知的財産/標準化戦略の三位一体で活動し、グループ全体として知的財産活動を推進。重点事業や重要研究開発プロジェクトと連携して知的財産の重点プロジェクトを設定し、今後の事業拡大を見込む新興国において事業展開に先行した出願の実施などを行っている。 また、米国、欧州、中国や東南アジアの各拠点に知的財産活動を専門で担当する駐在員の配置や、国際標準を支える特許である「標準必須特許」の取得を推進しており、企業別国際特…


アズビル 人事異動

アズビル (2020年4月1日付) ▽グループガバナンス強化担当 グループCEO・執行役員会長 兼 社長 曽禰寛純 ▽グループ監査部・経営企画部担当 執行役員副社長 山本清博 ▽サステイナビリティ推進本部担当、アズビル金門取締役委嘱 執行役員専務・社長補佐・コーポレート機能全般 コーポレートコミュニケーション・aG-CSR 内部統制・施設/事業所 秘書室・グループ経営管理本部・総務部・法務知的財産部・国際事業推進本部担当 横田隆幸 ▽IT開発本部・クラウド運用センター・業務システム部担当、IT開発本部長委嘱執行役員常務・グループIT・業務システム・aG情報セキュリティ・aGサイバーセキュリティ…


三菱電機 人事異動

(2020年4月1日付) ▽監査部次長(監査部専任)河原久紀 ▽情報セキュリティ統括室長(リビング・デジタルメディア事業本部CS部長)瀬戸誠 ▽関係会社部長(関係会社部次長)中西恭吏 ▽関係会社部次長(通信システム事業本部コミュニケーション・ネットワーク製作所経理部長)國枝雅之 ▽人事部役員理事 兼 100周年事業プロジェクト室役員理事(半導体・デバイス事業本部半導体・デバイス業務部長 兼 コンプライアンス部長)増田邦昭 ▽経理部次長(関係会社部次長)池田誉 ▽財務部長(経理部次長)藤井裕司 ▽資材部次長(リビング・デジタルメディア事業本部静岡製作所資材部長)菅谷順 ▽広報部長(人事部次長)阿…


三菱電機 人事異動

三菱電機 代表執行役の異動、執行役・取締役人事 (2020年4月1日付) ▽代表執行役・輸出管理担当 専務執行役・ビルシステム事業担当・ビルシステム事業本部長 伊藤泰之 ▽代表執行役・経営企画、関係会社担当 経営企画室長(社会システム事業担当 社会システム事業本部長)専務執行役 漆間啓 ▽専務執行役・ビジネスイノベーション担当・ビジネスイノベーション本部長(常務執行役・国際担当 国際本部長)松下聡 ▽専務執行役(常務執行役)自動車機器事業担当・自動車機器事業本部長 大西寛 ▽同(同)FAシステム事業担当 FAシステム事業本部長 宮田芳和 ▽同(同)リビング・デジタルメディア事業担当 リビング・…