Search Results for 知的財産

知財探訪(1)パンダとラーメンと知的財産

「知的財産」という言葉にはなんとなく硬いイメージがあり馴染みにくいところがあるかもしれません。それでも実際には、知的財産は気が付かないうちに私たちの日常生活に溶け込んでいます。この連載では、知的財産の専門家ではありませんけれども、その世界に身を置く立場の筆者が、皆さまに少しだけ知的財産を身近に感じてもらえるような切り口で、特許、商標、意匠などの知的財産にまつわる話を綴ります。 「冒認」防ぐ商標権確立を 身の回りにある製品、例えばスマホや自動車などには、多数の特許技術が組み込まれていますが、普段私たちはそのことを意識することはあまりありません。特許技術がブラックボックス化されているからです。特許…


経産省 第四次産業革命で知的財産保護など検討

【第4次産業革命 制度研究会の報告書まとめる】 経済産業省は、第4次産業革命に向けた横断的制度研究会の報告書をまとめた。第4次産業革命では付加価値の源泉が「データ」に移るなか、企業同士が協調できる領域でデータや知的財産を共有してイノベーションを促進することが重要で、今後企業同士がつながるための「排他的でない」オープンなシステム構築と、その際の産業財産権システム、知的財産保護のあり方を検討していくとした。 同研究会は第4次産業革命への対応に向けて2015年1月から7月まで7回行われ、「競争政策」「データ利活用・保護」「知的財産」の制度のあり方について議論した。特に第4次産業革命では付加価値のもと…


知的財産シンポで講演 日本スペリア社・西村社長

日本スペリア社(大阪府吹田市江坂町1―16―15、TEL06―6380―1121)の西村哲郎社長は、大阪国際会議場で2月22日に開催された知的財産戦略活用シンポジウム「『知財は苦手』じゃすまなくなってきた!」で講演を行った=写真。 このシンポジウムは、長引く円高やグローバル化への対応に苦しむ日本の中小企業に、知財戦略による経営強化に目を向けてもらおうと、特許庁、近畿経済産業局が主催した。 産官学の専門家の講演や知財で成功している経営者の体験談などを通じ、そのヒントを提供するとともに、行政の支援施策も紹介された。会場は中小企業の経営者や知財担当者など約300人が来場した。 同社は小規模企業であり…


組込み総合技術展・IoT総合技術展 11月15日~17日 パシフィコ横浜 最先端ソリューション発信

組込みからエッジコンピューティングまで、IoTをさらに加速するソリューションの最新トレンドを発信する組込み総合技術展「Embedded Technology 2017」、およびIoT総合技術展「IoT Technology 2017」(主催=組込みシステム技術協会)が、11月15日~17日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。開場時間は午前10時~午後5時(16日は午後6時まで)、入場料1000円(無料招待状持参者、Webでの来場事前登録者は無料)。会期中は408社・団体(806小間)の出展、2万7000人の来場が見込まれる。 重要テーマ特設ゾーンで展示 製造業IoT、物流IoTなど具体的なソ…


知財探訪(2)うれしくない「ラブレター」

受け取ってからの対応 重要 さて、筆者の趣味の一つが読書で、特に日本の大衆小説を好んで読むのですが、知的財産をテーマとした物語に出合うことはほとんどありません。そんな中、2011年に直木賞を受賞した池井戸潤氏の企業小説「下町ロケット」は、特許権が物語の大きなキーとなっており、後にテレビドラマ化もされ話題となりました。 本作は主人公が経営する小企業「佃製作所」と重工業会社との間に生じた軋轢を題材にしたもので、重工業会社が開発する宇宙ロケットの心臓部にあたるエンジンの燃料系バルブをめぐる争いの中で、最終的には「佃製作所」が保有する特許が決め手となり、ほぼハッピーエンドで終わっています。社会通念上の…


【寄稿】Black Duck Software「オープンソースソフトウェアに対する世界規模の飽くなき欲求」後編

プロジェクトの積極的な参加者になる オープンソースのリスクを大幅に減らす方法の1つは、重要なプロジェクトの積極的な参加者になることです。調査では、66%の組織が「オープンソースプロジェクトを積極的にサポートしている」と答えています。その一方で、何らかのオープンソースプロジェクトにフルタイムの開発リソースを提供している組織は24%しかありませんでした。 回答した企業の多くが「従業員のプロジェクトへの積極的な参加を奨励している」と答えていました。そのこと自体は喜ばしいことですが、バグ修正や機能向上への貢献を具体的に奨励している組織が53%だったのは驚きではありませんでした。 多くのオープンソースプ…


JEMIMA 委員会活動成果報告会を開催 100人が参加

日本電気計測器工業会(JEMIMA、堀場厚会長)は、「2016年度委員会活動成果報告会」を東京・品川のコクヨの多目的ホールで6月9日開催し、約100人が参加した。 JEMIMAでは16年度に26の委員会が各種活動を行ったが、この報告会は日頃の各委員会の活動状況とその成果を発表し、会員企業や委員会間の活動の可視化・共有化を図り、委員会活動のさらなる活性化や会員企業の利益創出につなげようと毎年開催しており、今回で12回目。 発表したのは、国際、計測展TOKYO、同OSAKA、輸出、知的財産権、環境、エネルギー・低酸素政策、戦略的基盤技術検討、校正事業推進、電子測定器、環境計測、放射線計測の各委員会…


人事異動

明治電機工業(6月開催の株主総会) ▽代表取締役専務(取締役)企画管理本部長舟橋範▽退任(代表取締役専務)吉田年章 サンワテクノス(4月1日付) 【組織改革】 ▽営業本部のFAシステム営業統括部・メカトロニクス営業部・機械システム営業部・産業ソリューション統括部・設備ソリューション部・広域ソリューション部・バイオメディカル推進室を廃止し、FAシステム営業部・産業ソリューション部を設置▽電子営業部横浜営業所を横浜支店に昇格▽名古屋支店を名古屋支社に昇格し、第一営業部・第二営業部・内勤営業部・管理部を設置 本多通信工業(4月1日付) ▽事業部門統括担当、業務用コネクタ事業部長兼務を解く 常務取締役…


渡辺電機工業 東京熱学から 保有資産譲受

渡辺電機工業(東京都渋谷区、渡辺秀禧代表取締役)は、自己破産手続き中の温度センサメーカーの東京熱学(東京都)から、現有する知的財産、動産、権利等の一切を譲り受ける合意書を締結した。譲受内容は、東京熱学が所有する知的財産権、図面、ノウハウ、動産等一切の権利で、一切の負債は対象外となる。 2月22日からは渡辺電機工業東京熱学事業部として事業を開始し、熱電対センサー、測温抵抗センサーをはじめとする各種センサー等を扱っていく。


人事異動 安川電機 (3月21日付)

▽技術開発本部長兼務を解く 人づくり推進担当、人材多様性推進室長、代表取締役社長小笠原浩 ▽経営企画本部長(経営企画部長)CSR・コンプライアンス担当、管理担当、代表取締役専務執行役員村上周二 ▽兼マーケティング本部東京支社長 マーケティング本部長 取締役常務執行役員高宮浩一 ▽人事総務部長(経理部長)取締役執行役員中山裕二 ▽技術部長、技術部電気駆動システム部長(アジア統括、インバータ事業部長、インバータ事業部電気駆動システム部長)執行役員善家充彦 ▽中国統括(人事総務部長)執行役員生山武史 ▽営業改革担当(中国統括)同今福正教 ▽経営企画本部財務部長兼渉外担当(東京支社長、マーケティング本…