真空機器 の検索結果

真空機器専門メーカー シュマルツの取り組み、トレンドは小型から重量物搬送へ

パレタイジング倉庫内作業など 現場ニーズに対応 人手不足に悩む日本の製造業。その解決策としてロボット活用への関心は高く、なかでも人と同じ作業領域で働ける協働ロボットに期待する声は大きい。 真空機器と搬送機器を専門とし、協働ロボット向けのハンドやグリッパが好評なシュマルツに、協働ロボットの最新事情について話を聞いた。   協働ロボットの最新事情とこれから 製品開発力に定評 日本でも事業拡大 シュマルツは、1910年創業のドイツの真空機器の専門メーカー。グローバルで約1500人の従業員が在籍し、日本を含めて80カ国で展開している。 社内には自動車や鋼板、包装、電子半導体など業界特化型の開…


妙徳 真空機器メーカーがロボットハンド投入 設計工数を大幅減

妙徳は、昭和26年創業の真空発生器「CONVUM(コンバム)」および吸着パッドの専門メーカー。吸着パッドは、ロボットなどを使用した真空吸着搬送シーンで使用され、直接最終製品に触れる重要な部品である。同社製品ラインアップには、大きさや材質の違いで、5000種類を超える吸着パッドがある。半導体製造装置から自動車部品、食品機械、包装機までありとあらゆる自動化生産設備において使用されている真空機器だが、この度、吸着パッドの部品単体ではなく、ロボットでの使用を想定し、ハンド部分との一体化を提案する「コンバム・ロボットハンド・キット」の販売を開始する。 ロボットハンド提案への背景 同社では、近年のロボット…


アルバック真空機器のデザイン一新国内外へのアピールを強化

アルバックでは、規格品事業で取り扱う真空機器コンポーネントのデザインを10月より一新、国内外への顧客にアピールしていく。併せて新型真空計、新型膜厚・光学定数測定器、新型真空バルブの3機種=写真=を市場に投入すると発表した。 機種銘板の新デザインに使用するシンボルカラーは3色。「革新性と独創性」(ブルー)、「精確性と高級感」(シルバー)、「信頼性と強さ」(ブラック)を表すカラーを使い分け、安心感と機能美を与えるデザインに仕上げた。真空計などの計測器関連のコントローラ部にも統一性を持たせるなど、各真空機器の新デザイン化を推し進め、ブランド力の向上を図る。 10月に発売するのは広帯域対応真空計「マル…


1台2万円!軽い力でやさしく掴む piab、ロボット用真空ソフトグリッパ

スウェーデン発の真空機器メーカー 軽い力でやさしく掴む真空ソフトグリッパ 2万円のお手頃価格でヒット中 ロボット活用を考える際、最も頭を悩ませるのがハンド選び。これまではカスタム開発が多かったが、近年は多くのハンドメーカーから標準品が販売され、選択肢が広がっている。今回は、1951年創業のスウェーデンの真空機器メーカー・piab(ピアブ)を取り上げ、日本における活動についてピアブ・ジャパンの吉江和幸代表取締役に聞いた。 多段式イジェクタの元祖 優れた省エネ性能 ――御社について教えて下さい 1951年にスウェーデンで製図用のコンパスを作る企業として創業し、社名も円周率π(pi)にちなんでpia…


シュマルツ 電極材用グリッパー発表、ワークのしわ・変形防止

シュマルツ(横浜市都筑区)は、二次電池の電極材やセパレータ搬送に最適な電極材用グリッパー「FLGR」を発表した。 二次電池の部品となる電極材やセパレータは薄くて繊細なため、一般的な真空パッドでは吸着時にしわや変形を引き起こす可能性があり、また通常の真空機器ではワークへの化学物質の転写・残留を抑制することが難しいという問題がある。 FLGRは、吸着面に多孔プレートを使用しており、ワークを面で吸着するため局所的な負荷を軽減し、ワークのしわや変形を抑制することが可能。プレートはワークに合わせてサイズ変更ができ、摩耗に強く低発塵のPEEK材や、ESD(静電気放電)対策対応の材質などから選択することがで…


速報取材レポート「SEMICON Japan 2018」見どころをいち早くお届け

2018年12月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「SEMICON Japan 2018」。 半導体製造の全工程の製造技術・装置・材料をカバーする半導体製造装置・材料の展示会です。今回は国内外800社近くが出展、70,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは速報取材レポートをお届けします。見どころや今年のトレンドをぜひご覧ください! 速報取材レポート掲載内容 ATENジャパン株式会社 離れたオフィスからリモートコンソールを介して、半導体製造装置を 管理・制御!リモートアクセスユニット『KVM over IP CN8000A』 コネクテッ…


速報取材レポート公開「VACUUM2018 真空展」

2018年9月5日(水)~7日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催中の「VACUUM2018 真空展」。半導体、FPD、電気電子分野だけではなく、医療機器や分析機器、さらには、最近注目を集めている新エネルギー分野や環境関連分野にも密接に関わる基盤技術である真空技術を網羅した展示会であり、国内外約80社が出展、17,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。“今”欲しい情報を写真満載でまとめたので、ぜひダウンロードしてご覧ください! 速報取材レポート掲載内容 以下の企業を掲載しています。 株式会社アルバック 低消費電力型ドライ真空ポン…


島津製作所 独・IVG社を子会社化

島津製作所は、ターボ分子ポンプのサービスを手がけるドイツのinfraserv Vakuumservice GmbH社(IVG社)の全株式取得の契約を締結したと発表。手続きを経て7月中に子会社化の予定だ。 AIやIoT関連技術の急速な発展により成長が見込まれる半導体市場で、超高真空環境を作り出すターボ分子ポンプは、半導体製造装置への組み込み用途を中心に需要が急増している。島津製作所のターボ分子ポンプ事業においても、17年度の売上高は前年度比で約34%拡大した。 同社では、これまで北米の子会社が欧州地域への販売を担っていたが、ターボ分子ポンプの事業拡大のために、現地での販売体制の強化と迅速な技術サ…


島津製作所、ドイツのinfraserv Vakuumservice GmbH社を買収、ターボ分子ポンプの販売およびサービス体制を強化

島津製作所は、欧州地域でターボ分子ポンプのサービスを手がけるドイツのinfraserv Vakuumservice GmbH社(以下:IVG社)の全株式を取得する契約を締結しました。当社は、所定の手続きを経て7月に同社を子会社化する計画です。 【買収の背景と目的】 AIやIoT関連技術の発展によってさらなる成長が見込まれる半導体市場において、超高真空環境を作り出すターボ分子ポンプは、半導体製造装置への組み込み用途を中心に需要が急増しています。 当社のターボ分子ポンプ事業においても、2017年度の売上高が前年度比で約34%拡大しました。 今後も半導体市場の継続的な成長が想定される欧州地域へのター…


シュマルツ、16台のコンパクトエジェクタを1本のケーブル接続で一括管理

真空機器専門メーカーのシュマルツ(横浜市都筑区)は、“インダストリー4.0”を実現する新たなデバイスとして、複数台のエジェクタを一括で管理可能なターミナル型エジェクタ「SCTMi」を開発、日本でのリリースを開始致します。 主な特長 1. 最大16 台のエジェクタ(真空発生器)を1つに連結 2. 省配線で接続・取り回し作業を簡易化 3. 遠隔でのパラメータ設定・状態監視が可能 4. 一括管理によりプログラム作成工数を削減   配線はたった1本、最大16台のエジェクタを一括管理 今回開発したターミナル式コンパクトエジェクタ「SCTMi」は、「SCPSi」と同等のエジェクタを最大16台、1…