薄くフラットなワーク向け真空吸着パットシュマルツが発売

真空機器専門メーカーのシュマルツ(横浜市都築区池辺町3595、TEL045―308―9940、ゲッテゲンズ・アーネ社長)は、板ガラスやアクリル板など薄くフラットなワーク向け真空吸着パット「SFGシリーズ」=写真=を発売した。

新製品は、φ125~φ400ミリと大型ながらアルミ製のプレートを内蔵しているため、薄く平らなワークに対してたまわせずに搬送できる。

パットの吸着面には溝があり、積層時の傷付きや密着防止として、パウダー状のスペーサーを使用している工程でも、高い吸着力を発揮する。

また、パッド内側の容積が小さいため真空到達時間を短縮し、より速いサイクルタイムでの搬送が可能である。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る