東芝ライテック の検索結果

東芝グループ JECA FAIRで注目浴びた新製品「つくる つなぐ つづく」

東芝グループは「つくる つなぐ つづく」をコンセプトに、電源設備や照明設備、計測機器の展示やサービスなどを紹介。 プレゼンステージでは自社開発のリチウムイオン蓄電池SCiBを応用した電源設備や長期間使用するために開発した診断技術など、ユーザーのニーズに応える新たな製品やサービスを魔法使いに扮したナレーターが紹介しており、連日注目を集めていた。   更新時の作業効率化を実現したプラグイン形UPS UPS(無停電電源装置)は、電力会社の電源が停電した時に、データセンターのサーバーなどの重要負荷設備へ途切れることなく電源を安定に供給する装置である。 このUPSを老朽化などで更新する場合は、…


東芝グループ プラグインUPS、簡易無線調光システムなど

環境に配慮し、安全安心で快適な空間を作り出す製品を展示 東芝グループ(東芝インフラシステムズ、東芝ライテック、東芝産業機器システム、西芝電機、東光東芝メーターシステムズ)は、リチウムイオン蓄電池SCiB(tm)を活用した電源設備のソリューションをはじめ、コンパクト・高効率・省エネ・環境配慮の多彩な製品を紹介する(ブース№2-100~104)。 東芝インフラシステムズのプラグインUPSは、UPS本体のみを容易に交換できるプラグイン構造のUPS。UPSは15年で更新が必要とされるが、その際にUPS本体だけ簡単に外して交換でき、交換作業時間と更新スペースの節約と、お客様の設備の停止時間も最小限に留め…


JECA製品コンクール 国交大臣賞に三菱電機 経産大臣賞は東芝インフラシステムズ

「JECA FAIR2018(第66回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)で実施された「第57回製品コンクール」受賞製品が発表された。今回の製品コンクールには、大阪開催では過去最多の55社がエントリーし、審査を経て14社の製品が選ばれた。 国土交通大臣賞には、三菱電機の「B/NET統合検針システム」、経済産業大臣賞には東芝インフラシステムズの「リチウムイオン蓄電池搭載無停電電源装置」、環境大臣賞には東芝ライテックの「LED高天井器具軽量タイプ」に決まった。 また、中小企業庁長官賞にはMIRAI-LABOの「リフィルバッテリー式発電機G-CROSS(ジークロス)」、労働者健康安全機構労働安全…


第44回ジャンボびっくり見本市 2018 4月6日・7日インテックス大阪/13日・14日東京ビッグサイト

今年も発見!未来に花咲く新商材! 「第44回ジャンボびっくり見本市 2018」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、4月6日(金)・7日(土)にインテックス大阪6号館C/Dゾーンで、4月13日(金)・14日(土)に東京ビッグサイト東7ホールで開催される。   ■特設ゾーン:「生産性向上」をテーマに 1975年の初開催から今年で44回目を迎える同見本市は、電設・制御機器業界最大級の展示会の一つとして定着し、毎回大勢の来場者でにぎわいを見せている。昨年は大阪と東京会場合わせて約3万2100人が来場した。 電設資材、照明、工具、電子、制御、情報、通信、セキュリティ、空調、住宅設備な…


第43回ジャンボびっくり見本市 4月7日(金)4月8日(土)インテックス大阪/4月21日(金)4月22日(土)東京ビッグサイト 来て見て実感!明日につながる新発見

新製品・技術、一堂に 「第43回ジャンボびっくり見本市(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)」が、4月7日(金)と8日(土)の両日に大阪市住之江区のインテックス大阪6号館C/Dゾーン、21日(金)と22日(土)の両日に東京都江東区の東京ビッグサイト東7ホールで開催される。 電設業界最大級の展示会 同見本市は1975年に第1回を開催、今回で43回目を数える歴史ある見本市。電設資材・照明・工具・電子・制御・情報・通信・セキュリティ・空調・住宅設備など、幅広い分野から話題の新製品やシステム、新技術を一堂に紹介する。出展社・来場者とも具体的なビジネスにつながる商談の場として、恒例のイベントとなって…


「JECA FAIR2016」製品コンクール受賞製品発表 フェア盛況 9万7200人来場

■河村電器産業、11年連続入賞 オンリーワンに高い評価 国交大臣賞は三菱電機 「JECA FAIR2016(第64回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会、JECA、山口学会長)で実施された「製品コンクール」の受賞製品が発表された。 国土交通大臣賞に三菱電機の「三菱エネルギー計測ユニット EcoMonItorPlus」、経済産業大臣賞に日東工業の「協約形プラグイン小型動力分電盤 ⅰ Saver Compact」、環境大臣賞に東芝ライテックの「定置式家庭用蓄電システム エネグリーンシリーズ」が選ばれたほか、河村電器産業の「自動式切替開閉器盤」が、日本電設工業協会奨励賞を受賞した。 今回で55回目…


JECA FAIR 製品コンクール受賞製品決まる 国交大臣賞 三菱電機・経産大臣賞 日東工業

「JECA FAIR2016(第64回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)の製品コンクール受賞製品が発表され、国土交通大臣賞に三菱電機の「三菱エネルギー計測ユニット EcoMonItorPlus」、経済産業大臣賞に日東工業の「協約形プラグイン小型動力分電盤 ⅰ Saver Compact」、環境大臣賞に東芝ライテックの「定置式家庭用蓄電システムエネグリーンシリーズ」が選ばれた。 今回で55回目の製品コンクールには、47社が参加した。 電気設備に関連する資機材の進歩改良を促進し、電気設備技術の向上と電気保安の一層の確保を図ることを目的に開催されている。 1次、2次の審査を経て17日に最終審査…


第42回ジャンボびっくり見本市開催 専門メーカー約200社が出展・2万人来場見込む 電設資材業界最大規模

「第42回ジャンボびっくり見本市(ジャンボびっくり見本市協催委員会主催)」が、4月8日(金)と9日(土)の両日に大阪市住之江区のインテックス大阪6号館C/Dゾーン、15日(金)と16日(土)の両日に東京都江東区の東京ビッグサイト西2ホールで開催される。同見本市は1975年に第1回を開催、今回で42回目を数える歴史ある見本市。電設資材・照明・工具・電子・制御・情報・通信・セキュリティ・空調・住宅設備など、幅広い分野から話題の新製品やシステム、新技術を一堂に紹介する。出展社・来場者とも具体的なビジネスにつながる商談の場として、恒例のイベントとなっている。今回は「「発信します!エコでお得な『旬』情報…


盛況「ジャンボびっくり見本市」インテックス大阪で2日間1万3500人来場

ジャンボびっくり見本市協催委員会主催の「第37回ジャンボびっくり見本市」が、インテックス大阪で10月21、22の両日開催された。 「もっと!スマートエコロジー」を総合テーマに、電設資材、電子・制御、照明、工具、情報・通信・セキュリティ、空調・住宅設備など専門メーカー約200社が出展し、最新製品や売れ筋製品が紹介されたほか、即売会も実施され、約1万3500人が来場した。 今回は、もっと!スマートエコロジーのテーマに則り、メーンコーナーとして新しくテーマゾーンが設けられ、新エネルギーの開発やエネルギー効率の向上を目指すことを目的に、スマートグリッドなどの新技術や関連する周辺設備・機器なども多数紹介…


第37回ジャンボびっくり見本市 もっと!スマートエコロジー」をテーマに 約200社出展即売会も スマートグリッドなど最新のエコロジー機器を紹介 新たにテーマゾーンを設置「いちおし商品コンテスト」も

同見本市は、4月に開催予定だったが、東日本大震災により大阪会場が延期になっていた。今回のテーマは「もっと!スマートエコロジー」で、新エネルギーの開発やエネルギー効率の向上を目指すことを目的に、スマートグリッドなどの新技術、さらにこれらに連動する周辺設備・機器などを出展・提案、即売を行う。 出展製品は電設資材、照明、工具、電子・制御、情報・通信・セキュリティ、空調・住宅設備などで、専門メーカー約200社が出展する。主催者側では1万4600人以上の来場者を目標としている。 特に今回は「もっと!スマートエコロジー」のテーマにのっとり、メーンコーナーとして、新しくテーマゾーンが設けられた。 同ゾーンで…